目指せ売上アップ!デジタルマーケティングの重要性と手法を徹底解説

いまや、日常生活に必要不可欠な存在となったインターネット。

買い物や情報収集で電子デバイスを活用する消費者が増えていることもあり、「デジタルマーケティング」の重要性が高まっています。

時代の流れに乗り遅れないためにも、デジタルマーケティングの基礎知識や効果的な活用手法などを知っておきましょう。

デジタルマーケティング

1. デジタルマーケティングとは?なぜ重要視されるのか

デジタルマーケティングとは、ウェブサイトやSNSなどのデジタルチャネルを活用して消費者にアプローチしたり、データを集めたりして商品・サービスなどのプロモーションを行うことです。

消費者に自社の商品やサービスを選んでもらうために行うさまざまな宣伝や活動を指しており、集客や売上アップには欠かせないプロセスだといえます。

従来は新聞広告やテレビCM、チラシなどを用いるケースが一般的でしたが、インターネットが発展したことにより、消費者にダイレクトにアプローチできるデジタルマーケティングが重宝されるようになりました。

従来のマーケティングとは異なり、デジタルマーケティングにはさまざまな媒体を連動させられる、消費者の反応などのデータをスムーズに得られるなどのメリットがあります。

パソコンやスマートフォン、タブレットやスマートテレビなど幅広いチャネルを通して消費者にアプローチできるだけでなく、実店舗での購買行動に関する情報を分析して話題性やトレンド、潜在的な需要などを検証することも可能です。

多くの有益なデータを得ることで、これまでの宣伝活動を振り返って改善し、より効果的なマーケティングを実現できるようになるでしょう。

2. なぜデジタルマーケティングが重要なのか

デジタルマーケティングがこれほど重視されるようになったのは、やはりスマートフォンやタブレットの普及が大きく影響しています。

パソコンが使えない状態でも、消費者はいつでもどこでもインターネットにつながれるようになりました。

自分の好きなときに、必要とする情報をピンポイントに手に入れられるようになったのです。

消費者側としては非常に便利なことですが、企業側にとっては困った事態だと言えるでしょう。

従来のオフラインマーケティングのままではターゲットの目に留まりにくく、期待した集客効果を得られない可能性があるためです。

そこで重視され始めたのが、デジタルマーケティングでした。
デジタルマーケティングの手法なら、消費者ごとのニーズや購買履歴などの情報を分析し、ターゲットを絞って的確なプロモーションが可能になります。

テレビや新聞よりもインターネットと接している時間が増えつつある現代では、このように消費者が求める情報を最適な形で届けるマーケティングが必要不可欠になっているのです。

3. 混同されがちなので要注意!ウェブマーケティングとデジタルマーケティング

わからない

デジタルマーケティングとよく間違われるものに、「ウェブマーケティング」があります。

どちらもインターネットや電子媒体をイメージさせるため同じような手法に思われがちですが、実際にはマーケティングの際に取り扱う範囲に違いがあるのです。

ウェブマーケティングはウェブサイトを中心に行うものであり、SEOやアクセス解析、バナー広告などを活用して特定のサイトのアクセス数などをアップさせることができます。

一方のデジタルマーケティングは、ウェブサイトを含めたSNSやアプリ、Eメールなど、幅広い分野が対象です。

ウェブマーケティングはあくまでもデジタルマーケティングの一部であり、同じものだと思って使うと誤解やトラブルを招くこともあるので注意しましょう。

4. デジタルマーケティングの手法4選!

デジタルマーケティングの手法はさまざまありますが、その中でも代表的なものを4つ紹介しましょう。自社がアプローチしたい商品やサービスが、どの手法とマッチしているかをよく考え、最適な選択をすることが成功への秘訣です。

4-1 ウェブサイト

まずは基本中の基本、ウェブサイト運用を見ていきましょう。現代では、多くの消費者が商品やサービスを選ぶ際にウェブサイトで検索したり、実際に購入したりします。

ウェブサイトを活用することで、商品やサービスを宣伝できるのはもちろん、自社の認知度やイメージまで左右できるのでうまく利用していきましょう。

どのように活用するかは企業次第ですが、実際には集客施策やコンバージョン獲得施策のために運用しているケースが多いです。

たとえばECサイトなどの場合、利益を上げるためには何よりもサイトに消費者を集めなければなりません。そのために、SEO対策やインターネット広告などを行います。

検索結果の上位に表示されるようにサイトの構成やコンテンツなどを工夫したり、テキストや画像などで魅力的な広告を出したりするのが一般的です。

また、集めた消費者に実際に商品を購入してもらうために、アクセス解析を行ってサイトをより使いやすく、魅力的に改善するなどの工夫も行います。

どんなゴールを目指すかをまず考え、それに合う活用方法を採用しましょう。

4-2 メール

消費者にダイレクトにアプローチできる手法のひとつが、メールマガジンや広告メールなどです。

新商品の宣伝や割引キャンペーンなどの情報を伝え、ウェブサイトへ誘導して購買行動につなげます。一般的なウェブサイトを活用したマーケティングは、消費者が見てくれるのを待つしかありません。

これに対し、メールによるマーケティングは企業側から消費者へ個別にアプローチできるため、潜在的なニーズを掘り起こすことも可能です。

メール以外にもLINEやメッセージアプリなども利用できるので、ターゲットがより使いやすいツールを活用すると良いでしょう。

4-3 アプリ

消費者の最も身近にあるデバイスともいえるスマートフォンは、デジタルマーケティングにおいて非常に重要なツールです。

このスマートフォンのアプリを利用し、消費者と近い距離でコミュニケーションをとったり、データを集めたりするマーケティング手法もあります。

情報を発信するたびにプッシュ機能で通知を送り、新鮮な情報に接してもらったり、ターゲットに直接情報を送って効率を高めたりすることができます。

4-3 SNS

若者を中心にユーザーが多いSNSは、情報が爆発的に拡散する可能性もあり、話題性を重視する場合に効果的です。

SNS上で広告を投稿するだけでなく、企業のアカウントを取得してさまざまな情報を発信することもできます。

「いいね」やコメント機能などを活用すればユーザーと接点を持てるため、親近感を持って自社の商品やサービスを選んでもらえる可能性が高まります。

情報の伝達スピードも早く、ユーザーの反応をリアルタイムでチェックできる点も魅力でしょう。

5. 効率よく活用するにはオートメーションも必要

デジタルマーケティングは、ターゲットにピンポイントでアプローチすることもできる効果的な手法です。ただ、いくら効果的でも、ターゲットひとりひとりに合わせた情報発信やデータ分析を行うのは骨の折れる作業ですよね。

マーケティングのためだけに多くの人手を割いていては、肝心の生産性が低下してしまう恐れもあります。

このような事態を避けるためにも、デジタルマーケティングのオートメーション化を検討することも大切です。

メールやアプリなどの情報発信をはじめ、アクセス解析や顧客管理など、マーケティングにおけるさまざまな業務を自動的に行うツールも開発されています。

無料でダウンロードできるものから豊富な機能を備えたものまで幅広く存在するので、自社のニーズを満たすものを探してみると良いでしょう。

6. デジタルマーケティングをうまく活用して売上アップにつなげよう!

デジタルマーケティングは、インターネット社会において企業が利益を出すために欠かせない重要な存在だといえます。

うまく活用すれば、ターゲットの興味をひく情報を的確に届け、購買行動につなげることも可能です。

ブランディングや売上アップなどを目指しているなら、ぜひデジタルマーケティングを活用していきましょう。

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事