twitter広告にある大きなメリットと特徴的な機能を徹底解説!

4大SNSのひとつである「twitter」は、日本のみならず世界中で利用されています。

そんな魅力あるSNSには、多くの企業が広告を出稿しているのです。

今回は、twitter広告の基礎知識や広告を出稿するメリット、効果的な利用方法と出稿までの流れについて紹介していきます。

twitter広告の基礎知識

twitter広告について知るためには、前段階としてtwitterがどういったものか知っておく必要があります。

twitterとは?

twitterには、ツイートと呼ばれる短文や画像、動画などを投稿できる特徴があります。

ホームページやブログなどと比較して、手軽に投稿を行うことができるため、特に若年層に人気のあるSNSです。

2018年9月現在で全世界の利用者数は3億3500万人であり、2017年10月現在で日本人の利用者数は4500万人といわれています。日本人の3割以上がtwitterを利用している状態です。

twitter広告とは?

twitter広告とは、twitterのタイムラインやおすすめトレンド、おすすめユーザーのところに表示される広告のことです。

twitter広告は自社の情報を拡散させたり、外部サイトへ誘導させたりするなどの目的で利用されます。

自社のtwitterアカウントのフォロワー数を増やす目的で、twitter広告が利用される場合もあり、目的や用途に合わせてさまざまな方法があるのです。

twitter広告のメリットとは?

twitter広告には3つのメリットがあり、それぞれtwitterならではの特徴があります。

新規ユーザーとなる人に情報が届きやすい

twitter広告には、キーワードターゲティングと呼ばれる機能があります。

これは、ユーザーが検索したキーワードやツイートした内容にある単語を対象に広告を出す機能です。

検索したユーザーは、キーワードに対し興味がある状態であり、ツイートしたユーザーは潜在的に気になっている状態にあります。

そういったユーザーに対して、効果的に広告を表示させることが可能です。また、リアルタイムでユーザーの声を拾いやすいという特徴もあります。

リツイート機能による2次拡散が狙える

リツイートとは、自身のアカウントから他のアカウントのツイートを引用して発信することをいいます。

ターゲティングしたユーザーに広告を表示したときに、そのユーザーが広告をリツイートすると他のユーザーが広告を見ることになるのです。

広告を見たユーザーが、さらにリツイートすれば、さらに多くのユーザーが同じ広告を見ます。

このように、リツイート機能によって多くのユーザーに広告の情報が拡散される可能性があるのです。

リスティング広告よりもクリック単価が安い

twitter広告は、検索エンジンなどで利用されるリスティング広告よりも、CPCが安い傾向にあります。

CPCとは、ネット上の広告費用の指標で、クリックやタップの1回あたりの料金のことです。

よって、CPCの値段が高ければ、それだけ広告にかかる費用が高くなるのです。

twitter広告を効果的に利用するには?

広告を出すときには、ターゲットにするユーザーの特徴や興味のそそられる内容であるかが重要です。

twitter広告の場合、3つのポイントを押さえることで、広告の効果を高めることが大いにあります。

ターゲットを若年層に絞る

twitterの利用率は、10~20代が約50%、30~40代が約20%となっており、ほとんどが若年層なのです。したがって、ターゲットを10~30代前半くらいの若年層にすることで、効果的に広告の力を発揮することができます。

もし、プロモーションをかけたい内容が、若年層以外の年齢層であれば、母数が少なくなってしまうので注意が必要です。

ニ次拡散されやすい内容

リツイートによってニ次拡散されやすくするためには、広告で紹介するサービスや商品に話題性があるかどうかが重要になってきます。

サービスや商品が時代遅れ、時季外れなものになってしまうと、ニ次拡散される可能性は少なくなるでしょう。

ただ、広告の内容によっては、話題性が高まる可能性もあります。

ユーザーにインパクトの強い文章を魅せる

短い文章で手軽に投稿できるtwitterは、言葉や文章のインパクトが強ければ、話題にあがりリツイートされることが多いです。

twitter広告でも同様に、ターゲットを魅了するようなキャッチコピーや、思わず笑ってしまうような文章の方が成功しやすい傾向があります。

画像や動画をツイートに掲載できますが、文章や言葉選びに重きを置いて広告の内容を考えるようにしましょう。

5種類のtwitter広告の特徴とは

twitter広告には、広告主の目的に応じた特徴を持つ5つの種類があります。

広告を閲覧したり、返信やリツイートしたりとユーザーのアクションに対して費用が発生します。

広告の種類によって、どのアクションに費用が発生するかが決まっているのです。

一次拡散のときだけに課金され、二次拡散に対しては費用が発生しないのも特徴的です。

プロモアカウント 

この広告は、タイムラインの右上にある「おすすめユーザー」の欄に表示されます。

他にも、twitter検索で関連項目が検索されたときにも、検索結果のところに表示されます。

フォロワーキャンペーンともいわれており、主に広告主のフォロワー数を増やすことを目的とした広告です。

広告の下には「プロモーション」という表記があり、他のアカウントと区別できるようになっています。

プロモツイート 

twitter広告のメインともいえるのがプロモツイートです。

幅広いユーザーに対して広告ツイートを閲覧してもらうことを目的としています。

他にも、広告主のフォロワーが広告を閲覧することで、エンゲージメントを増加させることも目的としているのです。

twitterにおけるエンゲージメントとは、広告やツイートを見ることで、なんらかのアクションを起こすことを意味します。

ユーザーが最も閲覧するタイムライン上に広告が表示され、サービスや商品の認知度があがったり、目的のサイトへ顧客を移動させたりすることも可能です。

プロモトレンド 

プロモトレンドは、タイムラインの左にある「おすすめトレンド」の1番目か2番目に表示される広告です。

プロモツイートよりも話題に便乗できる広告であり、多くの人が閲覧する可能性が非常に高いものとなっています。

1日1企業が24時間限定で、広告を表示させることが可能です。

プロモビデオ 

プロモビデオは、文字ではなく動画が活用されたプロモツイートであり、タイムラインに表示される広告です。

文字や画像にはない表現方法ができるため、広告の幅を広げることができます。

インストリーム動画 

プレロールとも呼ばれており、ツイッター内で再生される動画の最初に再生される動画広告です。

twitterには、世界中のコンテンツパートナーから動画が集まっており、広告との関連性のある動画の前に、広告動画を再生させることが可能となっています。

twitter広告の作成方法と出稿方法の流れ

twitter広告の作成方法と出稿する方法の手順を紹介していきます。

 

twitterアカウントを作成し、ツイートする

twitter広告を出稿するには、自社のアカウントが必要になります。

また、最初の広告は、過去に投稿したことのあるツイートを利用することになります。

キャッチコピーや画像を織り交ぜたツイートを行うようにしましょう。

twitter広告を作成するには、パソコンからtwitterにログインして、メニューにあるtwitter広告をクリックします。

次に、「twitter広告キャンペーンを開始したい」と記載されている下の「twitter広告を設定する」ボタンをクリックしましょう。

 

twitter広告の配信目的を選択する

twitter広告には、目的別にさまざまな広告キャンペーンが存在します。

「アプリのインストール数または起動回数キャンペーン」や「ブランド認知度の向上キャンペーン」など、自社の目的にあったものを選択しましょう。

 

twitter広告の配信期間や予算の設定をする

広告キャンペーンの詳細設定を行います。キャンペーンの名前、配信される期間、日別の予算と総予算などを設定していきます。

広告グループの作成

広告グループは、ターゲットや予算や期間などをさらに細かく設定したものであり、広告キャンペーンの大枠の中にある各クリエイティブのグループです。

ひとつの広告キャンペーンで、何種類もの広告グループに分割して管理することができます。

広告グループ名、広告グループの配信期間、入札タイプ、効果測定などの設定を行います。

 

配信ターゲットを決める

効率よく広告を配信するためには、ターゲットを決める必要があるでしょう。

twitter広告では、配信する広告の目的にあわせた、さまざまな要素からtwitterを利用している人を絞り込む設定が可能です。

地域や性別、言語によるものであったり、キーワード検索によるものであったりと、さまざまな形でターゲティングすることができます。

広告を配信する

配信ターゲットの設定が終われば、twitter広告の設定はほぼ終わりです。

次に、初回の広告として配信するツイートを選びます。ツイートを選択する画面では、ツイートの横にチェックを入れる欄が表示されるので、チェックを付けてから「次へ」を押しましょう。

2回目以降の広告に関しては、すでに配信済のツイートを選ぶことも可能ですし、新たに作ることもできます。

ツイート選択画面には、新規作成ボタンが表示されますので、通常のツイートと同様に文章を作ったり、画像を選んだりしていきましょう。

 

内容の確認と出稿の開始

出稿するツイートを選択できたら、twitter広告の最終確認の画面となります。

キャンペーンの設定内容は「レビューして完了」のところから確認することが可能です。

一通り確認し、間違いがなければ「キャンペーンを開始」のところをクリックしましょう。

正常に広告が出稿されていれば、twitter広告マネージャーの画面に広告が反映されています。

twitter広告の利用は大きな飛躍となる

手軽に短文をSNSに拡散できるtwitterは、多くのユーザーが利用しています。

検索エンジンにあるリスティング広告には真似のできないtwitter広告特有の拡散能力は、多くの企業にとって非常に魅力的なものです。

有効的に活用して、企業のさらなる飛躍を目指しましょう。

 

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事