web会議アプリ「Remo」が面白い8つの特徴と活用方法

在宅勤務・リモートワークという働き方が少しずつ定着しています。

新型コロナウイルスによって、私たちの働き方は変化し、これからも新しい形でビジネスをしていくのだと考えられます。

そんな新しいビジネススタイルを取り入れて行かないのは、時代から遅れをとるだけでなく、企業イメージとして魅力も下がってしまいます。

そこで今回は、リモートワーク欠かせないweb会議アプリの一つとして「Remo」があります。
ビデオ通話ができるツールですが、どんなことができるのか、特徴と活用方法についてご紹介します。

remo

出典 : Remo Conference

1.Remo Conferenceとは

オンライン会議が開催できるツールです。

在宅勤務となり、会議や打ち合わせなど、人が集まることができない中で、ZoomやSkypeなどと同じように、ビデオ通話ができるとして注目されています。

Zoomなどと違う点は、単に参加者の顔が見えるのと違い、Remoの会場が結婚式のような、テーブルセッティングになっていて、参加同士が小さなテーブルに4-6人に分かれて着席します。

初対面同士でも、不思議と同じテーブルに着席すると距離が近くなったような気持ちになるようです。

主催者はステージ上にいる、という構図も話を聴きやすい雰囲気になって面白いですね。

remoの説明

出典 : Remo Conference

2. Remo Conferenceの料金について

Remoには4つのプランがあります。

参加人数やテーブル数、イベントの時間によって料金が異なります。さらに、米ドルでの表示なので金額が分かりづらいのが気になります。

月額プラン(米ドル)

・ホスト・・・$50

・ディレクター・・・$150

・プロデューサー・・・$400

・スタジオ・・・$950

いずれも14日間の無料トライアルあり

年間料金プランなら、COVID割引20%オフを実施中

3.Remoの特徴

Remoが選ばれる特徴として4つのことが挙げられます。

3-1.会議室が作れる

Remoではテーブルと呼ばれる個室を作ることができます。

ビデオ通話でのweb会議では、参加者全員が同じルームに入ります。
発言や資料を共有することが普通かと思われがちです。


しかし、Remoにログインをして、イベントに参加すると分かりやすくテーブルが並べられています。このテーブルごとに会議室を開くことができます。


・web会議であれば、各チームや個別に話すことができます。

・オンライン飲み会であれば、各テーブルを移動しながら楽しむことができます。

テーブル数はプランにもよりますが、1つのテーブルには6人までなら誰でも入ることができます。

remoで会話する

出典 : Remo Conference

3-2.個々に打ち合わせができる

Remoでは、チャット機能でも目的によって使い分けることができます。

・全体への一般的なチャット
・個別に使えるテーブルチャット

チャット機能を使うことで、ビデオ通話で会話をしながら、メッセージやファイルなどを送ることができます。

3-3.画面共有ができる

ビデオ通話での会議だけでなく、画面を共有して資料を見たり説明することができます。

画面を共有することは、他のweb会議アプリでも可能ですが、Remoでは「ホワイトボード」と呼ばれる機能があります。

 

こちらは、テーブル単位でホワイトボードを共同で編集することができます。

 

・メモや議事録として

・デザインやロゴ作成として

 

上記のような活用以外にも、プライベートであれば絵を描いたりメッセージを書いたりなど、楽しみ方はいろいろあります。

3-4.プレゼンができる

Remoのテーブル以外に、画面には「ステージ」と呼ばれる場所があります。

こちらでは、全体に向けてプレゼンをすることができます。

各テーブルごとにディスカッションした内容をステージに登壇してプレゼンすることができます。

また、アナウンス機能もこちらのステージで行いますが、これも全体に向けて連絡することができるので、飲み会では席替えを伝えたり、ワークショップならグループワークの終了を伝えるなど、個別の良さを保ちながら全体への対応も可能にしています。

4.Remoをビジネスで活用する方法

ビデオ通話の良さを、個別単位で利用できるRemoですが、ビジネスシーンにおいてはどのように活用されているのでしょうか?

ここではいくつか活用方法をご紹介していきます。

4-1.会議・打ち合わせ

やはり在宅勤務やリモートワークを支えるために、会議や打ち合わせとして活用されています。

全体会議としてはステージでのプレゼン機能を活用しながら、チームや部署別に進捗状況やタイムスケジュールを確認するにはテーブル機能を、それぞれの良さを活かしながら会社に出勤する代わりを担います。

4-2.各種研修会

セミナーや研修会にも活用ができます。

講師がステージに登壇して話を進めていきます。

 

プレゼン中は、他の参加者は会話をすることはできないので、リアルな会場と同様に講師主導で進めていくことができます。

 

また、グループワークやディスカッションが必要な場合には、テーブル内で話し合いをすることができます。こちらも他のテーブルや講師には声が聞こえないので、ホワイトボード機能を活かしながら、テーブルごとに進めることができます。

4-3.プレゼン

社内コンペなど、プレゼンの場として活用することができます。

本社以外に支社などがある場合、コンペのために本社へ出向く必要がありますが、Remoを活用すれば、国内・国外を問わずにプレゼンを行うことができます。

各テーブルを本社、支社として、またはチーム単位に分けて活用すれば、リアルな会場と変わりなく士気を高めて参加することができます。

4-4.大型イベント

大型なイベントとして活用することができます。

例えば、各テーブルを企業のブースとします。
参加者が興味のある企業ブースを訪問するスタイルで、事業説明、商品説明などを行います。

見せ方や話し方を工夫すれば、十分な成果を出すことができます。

5.Remoの使い方

Remoの特徴や活用方法が分かったところで、基本的な操作についてご説明します。

Remoは、ダウンロードの必要がないので誰でも、どこでも簡単に始めることができます。

5-1.アカウント・アイコン設定

まずはRemoの無料トライアルのためのアカウントを作成しましょう。

①まずは、Remoのホームページにアクセスして、右上の「Start Free Trial」をクリックする。

remo無料登録

②Googleのアカウントまたは、新規登録で新規作成をする。

remoを無料で始める

③次にアイコンの設定に入ります。会社名を入力する必要がありますが、個人名でも大丈夫です。
アイコンはなければ未設定でも大丈夫です。
入力したら「セーブ」をクリックして次へ進みます。

会社名の設定画面

※分かりやすく日本語に翻訳した画像を使っています。
実際には英語で表示されています。

5-2.イベントの作成

④アイコンの設定ができると、イベント作成ページとなります。「イベントを作成」をクリックしてください。

 

イベントを作成する

※無料トライアルの期間は14日間になります。
それ以降は有料になりますのでご注意ください。

⑤新しいイベントの作成画面の「準備する」という項目で

・イベントのタイトル
・開始時間
・終了時間

の3項目を入力しましょう。
必要に合わせてイベントの表紙画像、イベントのキャッチフレーズも入れられます。

イベント開始設定

 

⑥フロアプランでは、イベント会場のデザインなどを決めます。


remoフロアプラン
平面図を選択で、「レモフロアプラン」か「あなたのフロアプラン」かを選択します。

フロアプランとは、テーブルセッティングなどのレイアウトを選択する項目で、あらかじめ用意されたパターンから選択するレイアウトを「レモフロアプラン」と呼び、自分なりにアレンジしてレイアウトを決めたい場合は「あなたのフロアプラン」を選択します。

remo会場セッティング

そこまでこだわりなく会場のレイアウトを決めたい場合は「レモフロアプラン」で大丈夫です。

⑦次にテーマを選択しましょう。
4種類のカラーから会場のイメージカラーを選択できます。

・オレンジ、紫、ピンクの会場カラーを選択すると、このような会場のイメージになります。

会場カラー  会場カラー

他のカラーを選択するとこのようなイメージになります。

・紫

会場カラー紫会場カラー紫

・赤

会場カラー赤

会場カラー赤

・青

会場カラー青

会場カラー青

⑧ スポンサー広告のレイアウトを選択

とても面白い機能として、スポンサー広告のレイアウトを決める機能があります。
協賛していただく企業のロゴを出すための機能だと思うのですが、自分で出稿する場所を決められるのが面白いですね。

主催者の広告も会場に流せるようなので、初見の方をたくさん集めたセミナーや親睦会を開く際には便利に使えそうな機能です。

スポンサーレイアウト設定

6スポンサー設定レイアウト

スポンサーレイアウト

4スポンサーレイアウト

 

スポンサーレイアウト

⑨参加者の人数を入力
最大50人まで設定することができます。

参加者の人数

⑩「オンボード&ブロードキャスト」では、参加者に向けてのウェルカムメッセージが作成できます。
「ウェルカムメッセージを有効にする」にチェックを入れてメッセージを編集します。
画像やビデオなどのメディアも添付できますので便利に使えます。

全て設定し終わったら「イベントを保存し公開」をクリックしてください。
画面が戻り、イベントが表示されます。 

ウェルカムメッセージ設定

 

画面が戻り、イベントが表示されます。 

5-3.イベントに参加する

次にイベントに参加する方法です。

先ほど作成したイベントをクリックします。

イベント会場に入ると、テーブルがあります。入りたいテーブルをダブルクリックして入ることができます。

また、同様に入室している参加者について知りたい時は、アイコンに合わせるとプロフィールを確認することができます。

6. Zoomのセキュリティ問題

いま、web会議のできるツールとして需要が伸びているのは、Zoomです。

在宅勤務が始まって、初めて利用する人にも簡単に参加できることで、一気に利用者を増やしました。
しかし、利用者が増えることでZoomのセキュリティに問題があることが分かりました。

・ユーザーの許可なくカメラが有効化になる

・OSの資格情報が盗まれる

セキュリティ問題は、誰にとっても脅威です。企業によっては使用を禁止するところもあります。
こうした経緯もあり、Remoが注目されるようになりました。

7.まとめ

web会議に使えるRemoについてご紹介しました。

他のweb会議アプリに無いような機能や気軽に使えそうなUIが魅力的でした。

しかし、多くのweb会議アプリと比較した場合、「有料プランで使用するか?」と、問われれば多くのユーザーが頭を抱えてしまいます。

14日間の無料トライアルがあるので、実際にイベントや会議を立ち上げて、同僚や友人と体験してみることをオススメします。

新型コロナウイルスの緊急事態宣言の解除後も、在宅勤務を希望する人が増えているといいます。今後の生活には欠かせないものになることは間違いありません。

いろんなweb会議アプリを利用して、比較して決めてください。

無料プレゼント!

Youtubeマニュアル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事