初心者でも簡単に作れる?YouTubeでアクセス数を伸ばせる動画の作り方

YouTubeに動画を投稿するのは決して難しい作業ではありません。

やり方さえ覚えれば、今すぐにでも投稿することができます。
ただ、アクセス数を稼ぐためには、単に動画投稿を繰り返しているだけでは難しいです。

せっかくYouTubeで動画作成するなら、アクセス数を効率的に増やす方法もマスターしたいところ。
そこで今回は、YouTube動画の基本的な作り方や、作り方のポイントなどについて解説します。

youtube動画でアクセス数を伸ばす

 

1. まずはYouTube動画の準備をしよう!

YouTubeに動画を投稿するのは決して難しい作業ではありません。
やり方さえ覚えれば、今すぐにでも投稿することができます。

ただ、アクセス数を稼ぐためには、単に動画投稿を繰り返しているだけでは難しいです。

せっかくYouTubeで動画作成するなら、アクセス数を効率的に増やす方法もマスターしたいところ。
そこで今回は、YouTube動画の基本的な作り方や、作り方のポイントなどについて解説します。

YouTubeで動画投稿を始めるには、まずGoogleのアカウントを作成してGmailを取得しなければなりません。
YouTubeでは、動画投稿に応じて広告収入を得ることができます。

Gmailは広告収入アドセンスを申請するのに必須となるため、YouTubeを始めるに先立って取得しておく必要があります。

GoogleのアカウントとGmailの取得ができたら、次にYouTubeに動画投稿するためのチャンネル作成が必要です。
自分のYouTubeチャンネルは、Gmailを持っていれば簡単に作成することができます。

Googleアカウントをひとつ持っていれば、チャンネルを複数作ることもできるので、慣れてきたらチャレンジしてみても良いでしょう。

ここまでできたら、動画自体はいつでも投稿できるようになっています。
ただ、チャンネル作成はアクセス数にも直結する大切な要素です。

そのため、細かいところまで気を配りながら、自分だけのチャンネルを構築していくことが大事です。

たとえば、チャンネルアイコンが初期設定のままでは、視聴者に興味を持ってもらえないかもしれません。

また、チャンネル紹介プロフィールも、自分のチャンネルがどのようなチャンネルなのか知ってもらうために重要です。

細部にまでしっかりこだわって、オリジナルのYouTubeチャンネルを作りましょう。

2. スマホアプリでも可能!撮影した動画を編集してみる

自分のYouTubeチャンネルを作ったら、いよいよ動画を投稿していきます。
実際にYouTubeに動画を投稿する際は、撮影した動画を自分で編集してから投稿するのが基本です。

もちろん、そのままでも投稿自体はできますが、編集したほうが見やすい動画になりますし、うまく編集できればアクセス数の伸びにもつながります。

その際に活用したいのが、動画編集ソフトです。
より編集に力を入れたいなら、パソコンを使って編集したほうが良いですが、無料のスマホアプリでも高度な編集が可能です。

2-1 スマホアプリで動画編集

YouTubeはスマホで撮影した動画も投稿することができます。
撮影した動画は、パソコンに移してから編集するのが一般的です。

しかし、パソコンを使わなくても、無料の動画編集アプリを使えばスマホだけでも編集は可能です。

たとえば、動画作成の初心者なら、手軽に編集できる「VideoShow」は使いやすいアプリです。
動画のカットやBGMの挿入が手軽にできるようになっています。

2-2 パソコンで動画編集

より本格的な動画編集をするなら、パソコンを使ったほうが手っ取り早く作業できます。
「AviUtl」など、無料ながら多彩な編集が可能なソフトを使えば、撮影した動画をより高度な映像に作り替えることが可能です。

ただ、「AviUtl」はやや上級者向けの編集ソフトです。
初心者が手始めに編集ソフトを使うなら、「Windowsムービーメーカー」を利用したほうがやりやすいでしょう。

できることは限られますが、操作性に優れていて簡単に動画編集ができます。

3. アクセス数を稼ぐ動画を作るためには

youtubeは今やビジネスモデルのひとつでもあります。YouTuberと呼ばれる職業が生まれ、実際YouTubeだけで生計を立てている人も少なくありません。

ただ、YouTubeを稼ぐための手段として考えるなら、動画の作り方にもビジネス的な要素を織り交ぜる必要があります。
すなわち、どうすればアクセス数を稼げる人気の動画を作れるかということです。

3-1 リサーチしてから動画を作る

YouTubeでは、自分の好きな動画を上げているだけではアクセス数は稼げません。
YouTube動画では、検索欄にワードを入力すると、YouTubeで話題になっているキーワードの候補が表示されるようになっています。

YouTubeサジェストと呼ばれる機能で、この候補の上位に来るキーワードはYouTubeでよく検索されていることを意味します。

つまり、アクセス数を伸ばしやすい動画を作りたいなら、YouTubeサジェストで上位に並んでいるキーワードに関連する話題で動画制作すれば良いということです。

#自分らしさを込める

YouTubeには、さまざまな動画が投稿されています。
検索欄で上位に来るような話題は、自分以外にも同じ内容の動画を作っている人がたくさんいます。

その中で、アクセス数を稼ぐには、やはり自分ならではの要素を込めることが重要です。
自分の思いや、自分の情熱が表現されている動画は、アクセス数も自然と伸びているものです。

YouTubeは動画を閲覧した人がコメントできる機能があります。
そうしたコメントを読み込み、指摘を生かしながら次につなげることも動画制作では大切です。

4. メッセージと構成が重要!動画撮影のポイント

youtube動画のポイント

動画のテーマが決まったら、そのテーマに関して情報をしっかりインプットしておきます。
すでに自分が知っているテーマであっても、インプットの部分が弱ければ優れた動画を作ることはできません。

改めて情報を収集することで、今回の動画で訴求すべきポイントが見えてくることもあります。
インプットして訴求ポイントがはっきりしたら、実際に動画を撮影していきます。

4-1 メッセージはいつもひとつ

起承転結の明確な文章が読みやすいように、動画も起承転結を意識して撮影するのが基本です。
ここで大切なのが、ひとつの動画にいくつもメッセージを込めないことです。

ひとつの動画に複数のメッセージを入れてしまうと、動画の起承転結が崩れて伝えたいことがわかりにくくなってしまいます。

この動画では何を伝えたいのか、メッセージをひとつに絞って撮影しましょう。

4-2 起承転結を考える

メッセージが決まったら、動画の起承転結、すなわち構成を考えていきます。
構成は動画の質を決定づける要素です。メッセージをわかりやすく伝えられるような構成にすることが大切です。

・起(き)

まず、動画の冒頭で伝えたいことを簡潔に説明します。
この部分は、視聴者に興味を持ってもらう段階です。冒頭から長くなりすぎず、ごく短い時間で伝えるのがコツです。

・承(しょう)

次に、最初に考えたメッセージをなるべく丁寧に説明しましょう。
この部分は、いわば動画の核となる部分です。わかりやすいように字幕も添えながら、視覚的にも訴えられる編集にすると良いです。

・転(てん)

視聴者の理解を高めるために、具体例を交えることも忘れてはなりません。
関連情報を間に挟んだり、ショートカットストロークを入れたりすると、より分かりやすくメッセージを伝えられます。

・結(けつ)

最後に、動画を締めくくる要約の時間を設けます。
要約は冒頭と同じように、くどくならず端的にまとめるのがコツです。

伝えたいメッセージの中で特に重要な部分だけをまとめつつ、関連する知識も併せて紹介できると視聴者の引きがぐっと良くなります。

5. 細部にこそ真髄が宿る!細かい部分を設定しよう

YouTubeでは、撮影した動画をアップすれば良いわけではありません。
動画をアップしたら、まずタイトルを決め、次に説明欄の文章を考え、そしてタグを付けてサムネイルを設定します。

5-1 タイトルを決める

動画のタイトルは、視聴者に見てもらえるかどうかを左右する要素です。
よりたくさんのアクセス数を稼ぐためにも、タイトルにはなるべくこだわりを持ちたいところです。

YouTubeでよく検索されているキーワードをタイトルに入れると、よりアクセスしてもらいやすくなるので実践してみましょう。

5-2 説明欄の文章

YouTube動画には、動画の説明を入れられる欄があります。
長文を入力することもできますが、説明欄の文章はそこまで長い必要はありません。

簡単な動画の説明と、URLのリンクなどを貼り付けるだけでも十分でしょう。
URLを貼り付けておけば、自分のブログなどにも誘導できるので便利です。

5-3 タグを付ける

YouTubeのタグは、動画をジャンル分けできる機能です。
タグを付けておくことで、その動画がどういうジャンルの動画であるかを決めることができます。

YouTubeでは、動画を視聴すると画面の右側に関連動画が表示されます。
タグを付けておくと、同じジャンルの関連動画に自分の動画が表示されやすくなるので、アクセス数を増やすことにつながるのです。

5-4 サムネイルの設定

サムネイルとは、動画の表示画面のことです。
YouTubeで動画検索したときや、関連動画の枠などには、基本的に動画のサムネイルが表示されます。

YouTubeのサムネイルは、自分で設定しなくても動画のワンシーンが自動的に表示される仕様になっています。

ただ、なるべく動画の内容を端的に表すような、視聴者が興味を惹かれるサムネイルのほうが良いです。
料理動画なら、おいしそうな料理の画像をサムネイルにするなど、少し工夫を凝らすだけでもアクセス数の伸びにつながります。

6. 視聴者データも参考に!オリジナルなYouTube動画を作ろう

YouTube動画は、投稿すればするほど視聴者のデータが蓄積されていきます。
最初はアクセス数を稼げなくても、データを参考に視聴者の動向がつかめれば、より良い動画制作も可能となります。

YouTubeは動画制作のコツさえわかれば稼げるコンテンツです。他の動画にはない自分だけの要素を取り入れて、オリジナルな動画を作ってみましょう。

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事