Facebook広告の成果を最大化するコンバージョンの設定方法

Facebook広告で成果を出すために、もっとも大切な基本設定が、このコンバージョン設定です。

広告を運用している方にとって、パフォーマンス改善のための重要な基本設定となります。

設定することで、よりコンバージョンしやすいユーザーや、コンバージョンしたユーザーに似ているユーザーへと広告が最適化されるように学習していくのがFacebook広告の特徴です。

Facebookのヘルプページを確認すると、1週間に50コンバージョンが計測されるとデータを元に最適化されると記載されています。

広告の成果を大きく左右する重要なコンバージョン設定。間違えなく設定していきましょう!

10分ほどで簡単に設定できますので、記事を参考にチャレンジをしてみてください!

Facebook広告のコンバージョン計測

コンバージョンを測定する方法には、「Facebookピクセル」と呼ばれるFacebook広告独自のタグを活用します。

このタグを広告運用するランディングページやホームページなどに埋め込むことで、数字を計測することができるようになります。

また数字を計測することで、データを蓄積することができ、そのデータをもとに広告配信が最適化されていきます。

2種類のコンバージョン計測方法

Facebook広告のコンバージョン測定方法には、2種類のやり方が存在します。

1つは、他のGoogleやYahoo!の広告などと同様に、商品の購入後や、登録の完了後に表示されるサンキューページに専用のコンバージョンタグを埋め込むことで、コンバージョン数を計測する方法。

もう1つは、Facebookピクセルをサイトに埋め込み、サンキューページのURLをトラッキングする、カスタムコンバージョンと呼ばれる方法です。

今回は、より汎用性の高い、2番目のご説明した、カスタムコンバージョンを活用したコンバージョン設定の方法をお伝えします。

カスタムコンバージョンの設定の2つのステップ

カスタムコンバージョンの設定には、2つのステップが必要です。

順を追ってみていきましょう。

実際に広告マネージャを開いて設定をしてみてください。

1、コンバージョン完了ページへのピクセルの埋め込み

まずは、コンバージョンが達成されたページへのFacebookピクセルの埋め込みが必要です。

ピクセルの発行は、メニューの「ピクセル」からおこなうことができます。

①ピクセルを選択

広告マネージャですべてのツール、ピクセルを選択

②ピクセルを作成

「ピクセルを作成」を選択し、Facebookピクセルを作成します。

Facebookピクセルを作成

③ピクセル名をつけ作成

Facebookピクセル名を作成

基本的に、1つの広告アカウントにつき、1件のピクセルが発行されます。

Facebookピクセルが作成されました

上の画像にあるように、ピクセルを作成したあとに、コード(ピクセルコードのこと)のインストールが必要です。

インストールとは広告で運用するサイトにコードを埋め込むことを指しています。

④ピクセルの埋め込み方法を選択

複数のインストール方法がありますが、ここでは、「自分でインストール」を選択し進めていきます。

自分でコードをインストール

⑤ピクセルコードをインストールするメニューの「2」でピクセルをコピー

ピクセルコードをインストール

⑥「2」のコードをクリックして、ピクセルコードをコピー

ピクセルコードをクリップボードにコピー

「次へ」を選択すると、この先のページもありますが、ここでピクセルコードをコピーすれば、この表示は消していただいて結構です。

⑦コピーしたピクセルコードをコンバージョン完了ページに埋め込む

この手順が一番複雑です。

コンバージョン完了ページ、つまりお申し込みや登録のサンキューページにピクセルを埋め込みます。

自社でページを作成していない場合は、ページを作成した方に依頼をして埋め込んでもらいましょう。

ここまでが1つ目のステップです。

2、カスタムコンバージョンを作成する

つづいて、カスタムコンバーンジョンと呼ばれる設定をおこないます。

特定のURLをトラッキングする設定をすることで、設定したURLに到達したユーザーに反応し、コンバージョンを測定します。

①カスタムコンバージョンを作成

カスタムコンバージョンを作成

②必要な項目を設定

ピクセルが埋まっているコンバージョン完了ページのURLを入力します。

カスタムコンバージョンの設定

わかりやすい名前と任意カテゴリーを選択し、完了です。

名前は外部に表示されませんので、自社でコンバージョンだとわかる名前(下の画像参照)で大丈夫です。

またカテゴリもパフォーマンスに影響はありませんので、任意の項目で構いません。

コンバージョンの名前

値に関しては、有料のコンバージョンの場合は、その金額を入力しておくと、いくら売り上げているかを測定することができます。

以上でカスタムコンバージョンの作成は完了です。

まとめ

Facebook広告は、コンバージョン計測をすることで、その成果をもとにさらに学習し、ターゲティングの精度を上げていきます。

広告のパフォーマンスを左右する大切な設定ですので、確実に押さえておきたいです。

冒頭でもお話しましたが、一般的に1週間で50コンバージョン測定されると、広告配信が最適化されると言われています。

これを指標に、広告予算を決めたり、コンバージョンの設定をおこなっていきましょう。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事