Google AdSense(アドセンス)とは?あなたのサイトを収益化する!最初の1歩

Google AdSense(以下アドセンス)をご存知ですか?

聞いたことはあるけど、実際の運用の仕方は分からない、という方もいらっしゃると思います。

アドセンスはWebサイトに広告を設置し、収益を上げることができるGoogleが提供するサービスです。

サイトのテーマや訪問者の興味や関心に合わせて広告が自動で表示され、広告が表示されたり、クリックされたりするたびに報酬が発生する仕組みになっています。

自社のWebサイトに広告を表示させて、毎月数百万円の利益を上げている企業もありますし、
個人でも趣味のブログを活かして広告を表示し、発生した利益をまた趣味に費やしたり、利益を資金に記事をさらに充実させ、従業員を雇って会社へと発展させたりしている方もいらっしゃいます。

今回はアドセンスの特徴や、初心者の方でもすぐに広告が表示できるように、アドセンスの設置方法を詳しくお伝えいたします。

この記事が、皆さまのWebサイトが収益を上げるための第一歩になりましたら幸いです。

アドセンスの審査に通るコツ

アドセンスは優良な広告だけを配信できるサービスですので、広告を載せるサイトの審査はとても厳しくなっています。

アドセンスの審査を一発で合格するには、下記の14のポイントをクリアしている必要があります。

  • 1. プログラムポリシーを厳守しているか?
  • 2. 禁止コンテンツには掲載できない
  • 3. 記事数と文字数
  • 4. 記事の内容
  • 5. 画像
  • 6. 独自ドメインのサイトで申請する
  • 7. 運営会社の連絡先を載せる
  • 8. プライバシーポリシーを作成している
  • 9. お問い合わせフォームを作る
  • 10. 人の役に立つオリジナルの文章である
  • 11. XMLサイトマップの設置
  • 12. 見出しを使って見やすい記事にする
  • 13. 改行は少なく
  • 14. ページの表示スピードをチェックする

詳しくは【2018年最新!】審査に通る14のポイントをご覧ください。

アドセンスに申し込んでみよう

ではサイトがアドセンスの広告掲載基準を満たしていることを確認したら、早速アドセンスへ申請してみましょう。

申し込みの手順は下記になります。

1. アドセンスに申し込む

2. 必要事項を記入する

3.所在確認ができる住所を入力

4. 電話認証へ進む

5. サイトをアドセンスに結びつける

6.  審査完了

7.  広告配信開始

1つづつ詳しく説明いたします。

1. アドセンスに申し込む

アドセンスに結び付けたいGoogleアカウントにログインした状態でアドセンスに申し込みます。

Google アドセンス

 

2.  必要事項を記入する

①広告を表示したいWebサイトのアドレスを入力してください。

②やりとりが可能なメールアドレスを入力してください。

③アドセンスからの提案を受け取るか受け取らないか選択してください。

④記入が終わったら最後に【保存して次へ】を押してください。

3.  所在確認ができる住所を入力

①支払い先を確認するために、Googleから発送される書類が確実に受け取れる住所を入力する。

②入力情報を確認後送信する。

4.  電話認証へ進む

次に電話番号を入力する画面が出てきます。
アドセンスに申し込むには折り返し連絡が取れる電話番号を入力する必要があります。

次の画面で、Googleから折り返しお知らせがある【認証コード】を入力する必要があります。

電話番号を入力後、認証コードを音声で受け取るか、ショートメールで受け取るか選択し、最後の
【認証コードを取得】をクリックします。

すぐにGoogleから電話かショートメールで6桁の認証コードのお知らせがあるので、
次の画面で入力をし、【送信】をクリックします。

5.  サイトをアドセンスにリンクする

次にアドセンスコードをサイトに設置して、サイトとアドセンスを結びつけます。

①このコードをサイトの<head>タグと</head>タグの間に貼り付けて下さい。

②サイトにコードを貼り付けたらチェックを入れてください。

③最後に【完了】を押しましょう。

サイトへのリンク用コードの設置方法

WordPressの場合、外観⇨テーマの編集⇨テーマヘッダー(header.php)の中に上記の認証コードを貼り付けます。
<head>タグと</head>タグの間に貼り付けて更新してください。

(※お使いのWordPressテーマやブログサービスによっては、<head>タグ内にコードを記入するための入力欄が用意されているものもあります。)

コードを正しく貼り付ければ、あとはGoogleが自動的にコードを検知し、審査が始まります。
アドセンスの管理画面に「お客様のサイトを審査しています。」
というメッセージが表示されればOKです。
審査が終わるまで数日待ちましょう。

6.  審査完了

サイトに認証コードを設置して無事に承認手続きが完了すると、3日前後くらいに手続き完了のお知らせがメールで届きます。
審査に通ると下記のような内容のメールが届きます。

残念ながら審査に落ちてしまうと、合否の連絡がかなり遅いようです。
3日〜1週間以上返事がこない場合は合格は難しいかもしれません。

審査に落ちる原因は

・コンテンツ量が足りない
(文字数1,000文字以上の記事が30記事以上は必要と言われています)

Googleのプログラムポリシーに準拠していない

などと言われていますが、具体的には教えてくれません。

もしアドセンスの審査に落ちてしまったら、サイトを改善し、最低2週間は時間を空けて再申請してみましょう。

7.  広告配信開始

アドセンスにサイトが承認されたら、いよいよ広告配信がスタートです。
サイトのヘッダーにアドセンスコードを設置していただいてますので、サイトのヘッダー部分に
すでに自動で広告の配信が始まっています。
アドセンスにアクセスをして、細かい広告配信の設定をしていきましょう!

Google アドセンス

アドセンスの特徴

アドセンスってなんだろう?という方に、アドセンスの特徴を5つお伝えいたします。

1.  あなたのWebサイトを稼ぐ媒体に変化させる

2.  簡単なステップでWebサイトに広告の設置ができる

3.  顧客の興味、関心に合わせた広告が自動で表示される

4.  掲載したくない広告をブロックできる。

5.  スマートフォンからのアクセスにも最適な広告が表示される

それでは1つづつ解説させていただきます。

1.  あなたのWebサイトを稼ぐ媒体に変化させる

アドセンスは「クリック単価 × クリック数」によって報酬が発生します。
他のアフィリエイトの方法と違い、クリック先の商品を買っていただかなくても報酬になりますし、サイトの読者の関心がある広告だけが表示されるので、どなたでも気軽に始めていただくことができます。

クリック単価は広告を出稿する広告主が決めていて、クリック後の売り上げの大きさや、需要の高さ、Googleとの契約の内容によってその価格が決まっています。

クリック利益の高い広告は、語学教育、ダイエット関連、金融、不動産関連など言われています。

報酬が大きく発生するように、「クリック単価 × クリック数」を向上させるよう、広告の表示場所を工夫したり、アクセスアップのために記事の内容や投稿数を研究していく必要があります。

また、アドセンスはインプレッション単価広告も取り入れています。
これは、広告が表示されるだけで報酬が発生する仕組みなので、一度広告を設置すると、アクセスさえあればほったらかしでも報酬が発生します。

※広告表示例

2.  簡単なステップでWebサイトに広告の設置ができる

アドセンスを設置するためには、 お申し込みが必要になります。お申し込み方法はとっても簡単です。

アドセンスへのお申し込みに必要なものは、

・Googleのアカウント

・広告を設置するWebサイト

・所在確認ができる住所と電話番号

・報酬の受取用の銀行口座

です。

サイトにアドセンスのコードを設置して申請後、3日ほどで合否の結果がメールできます。

3.  顧客の興味、関心に合わせた広告が自動で表示される

厳しい審査を通りぬけた優良な広告が、サイトの嗜好と、顧客の興味関心のあるジャンルから自動的に表示されます。

顧客のニーズに合わせた広告が自動で表示されるので、クリックされやすく、収益へとつながりやすくなります。

※広告表示例

4.  掲載したくない広告をブロックできる

広告配信用のコードを設置すると、お客さまのニーズに合った広告が自動で表示されますが、掲載されたくない広告を事前に表示されないように設定することもできます。

5.  スマートフォンからのアクセスにも最適な広告が表示される

スマートフォンからのサイトの閲覧にも、自動で広告を配信できますので、収益化のチャンスを逃しません。

まとめ

今回は、アドセンスの特徴や配信開始までの流れをご紹介させていただきました。

アドセンスはあなたのWebサイトを簡単なステップで収益化する、コンテンツ連動型広告配信サービスです。

表示される広告も、読者のニーズにぴったり合っているので、コンテンツと合わせて検索者のほしい情報を提供してあげられるとても魅力的なシステムになっています。

ぜひあなたのWebサイトと アドセンスをリンクさせて、あなたのサイトをさらに検索者のニーズに合った情報発信の媒体に発展させていってください。

次回はアドセンスの管理画面の見方と配信設定についてお伝えいたします。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事