【LINE@とLINEの違い】ビジネス運用に必要なSNSの知識

LINE@&LINE

LINEとLINE@の違いは何でしょうか。

「@がついているだけで何が違うのだろう」と疑問に思うかもしれません。

実は2019年4月18日よりLINE@はサービスが終了します。
@がつかなくなるのです。

これまでLINEには、LINE・LINE@・公式LINEアカウントの3種類のサービスがありました。

しかしこの春、LINE@と公式LINEアカウントが統合し、名称が「公式LINEアカウント」に名称が統一されます。

この記事では、従来のLINE@とLINEの違いを踏まえ、新たな新サービス「公式LINEアカウント」について紹介します。

1. LINE@とLINEの違いは「ビジネス運用するかしないか」

LINE@とLINEの大きな違いは、商用目的があるかないかです。

通常LINEは、友達や家族を中心に連絡やコミュニケーションを取るために使うと思います。

LINE@の場合、顧客や商品・サービスを提供するファンに対して、情報発信やビジネスをするために利用します。

月間アクティブユーザー数が7,800万人以上を誇るLINEは、生活に必要不可欠なツールに成長しているため「LINEがコミュニケーションツールである」ことは十分に熟知しているでしょう。

ですので、LINE@を中心にLINEとの機能の違いについて紹介します。

2. 2019年4月18日よりLINE@は変わります

実はこれまでLINEには「LINE」と「LINE@」と「公式LINEアカウント」の3種類のサービスを提供していました。

LINEは友人や家族間におけるコミュニケーションを目的とし、公式LINEアカウントは商用目的で運用、LINE@は商用目的を中心としたサービスと同時に個人アカウントを発行することもできました。

この春、LINE@はLINE公式アカウントと統合することで、料金体制が割高で個人が商用目的で扱いにくかったLINE公式アカウントの機能を利用できるサービスを打ち出したのです。

3. LINE@と公式LINEアカウントが統合することで、何が変わるの?

LINE@が公式LINEアカウントと統合することで、3つの機能が変わります。

1.機能アップデート
2.中小企業問わず、全国各地のパートナー企業拡大
3.シンプルで割安な料金プラン

3-1. 機能アップデート

大幅に機能が変わるのは2点です。

・複数人とのグループチャットでコミュニケーションできる
・レポート機能が向上する

【複数人とのグループチャットでコミュニケーションできる】

LINE for Business

従来は1対1のチャットだったのが、複数人を交えたグループチャットが可能になりました。

グループチャットになることで、複数人に同時に希望に沿った提案を提供することができます。

【レポート機能が向上する】

LINE for Business

マーケティング分析をより効率的に実行できるレポート機能が加わりました。

タイムラインを投稿することで得られるユーザーのリアクション(いいね!・コメント・共有)やクリック率をレポートで確認することが可能になります。

3-2. 中小企業問わず、全国各地のパートナー企業拡大

中小企業問わず、どんな企業でも利用しやすくするために全てのプラン(フリー・ライト・スタンダード)の機能を利用できるようになります。

・リッチメッセージ、リッチビデオ、メッセージで「より伝わる情報発信を」
・ターゲット層にだけ情報を発信する「ターゲティングメッセージ」

これらの機能は、プランのランクによって制限がありましたが、全て使用できるようになります。

LINEがより多くの企業のパートナーとして選んでいただきたい想いから機能を充実させたのでしょう。

3. シンプルで割安な料金プラン

  フリープラン ライトプラン スタンダードプラン
月額利用料 無料 5,000円 15,000円

メッセージ配信数(無料分)

1,000通 15,000通 45,000通
追加メッセージ料金 追加購入負荷 5円/1通 ~3円/1通

LINE公式アカウントは、これまで初期費用から有料になっていました。
一方でLINE@は初期費用が無料から始められるプランもあったため、広告費用を抑えたい個人事業主や中小企業が、数多く愛用されてきました。

しかし2019年春からLINE@はなくなり、無料でも始められる「LINE公式アカウント」として名称が統一されます。

4. LINE@はなくなる

LINE@はなくなります。
ですが、もともと公式LINEアカウントは初期費用が発生し、広告費用をおさえたマーケティング戦略を行いたいユーザーがLINE@を愛用していました。

LINE@よりも機能が充実している公式LINEアカウントが低コストで運用できるなら「ぜひ使いたい!」と思うユーザーも多いのではないでしょうか。

今後はLINE@が無くなることで、友人や家族間でのコミュニケーションを目的とした「LINE」と商用目的で運用できる「公式LINEアカウント」の2本化になります。

より充実的な機能を、低価格でビジネス運用ができるようになるため、無料で始められる「LINE公式アカウント」が、ビジネスシーンで将来的にどのような影響を出すのか今後の動向が気になります。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事