Googleスライドとは?パワポやキーノートの変わりにどこででもプレゼン資料を作成!

プレゼン・提案・セミナー・講義・・・そんな時にプレゼン資料を作る定番ソフトと言えば、WindowsならPowerPoint、MacならKeynoteですね。
しかし、PowerPoint(パワポ)は有料だし、KeynoteはMacじゃないと使えないし・・・

そんなあなたに朗報です!
Googleスライドを使えば、無料で、しかもいつでもどこででもプレゼン資料を作ることが可能です。

今回は、そんなGoogleスライドについてご紹介したいと思います。

1.Googleスライドとは?

Googleスライドとは、Google社が提供する文書作成ツールで、Googleのアカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。もちろん、Googleアカウント作成自体も無料です。

Googleスライドを利用したことが無い方でも、Gmailは使ってるという方もいるかと思いますが、Gmailのログイン情報=Googleのアカウントです。

一度、Googleアカウントを取得すれば、メールアドレスもGoogleスライドも(GoogleカレンダーもYouTubeも・・・)、Googleのサービスを一通り利用できます。

まだアカウントを持っていないという方はぜひこの機会に作成してみてください。

Google アカウントの作成

Googleスライドは、ブラウザ(インターネットを見るときに使用するソフト)で利用します。
例えば、Windowsのパソコンをお使いの方は「Microsoft Edge」「Internet Explorer」、Macの方は「Safari」などがパソコンに標準で搭載されているブラウザソフトです。「Google Chrome」「Firefox」などもありますね。

Googleドキュメントとは_GoogleChromeアイコン Googleドキュメントとは_Safariアイコン Googleドキュメントとは_InternetExplorerアイコン

Googleドキュメントとは_MicrosoftEdgeアイコン Googleドキュメントとは_Firefoxアイコン

このように、皆さんが普段インターネットを閲覧するときに必ず利用しているブラウザでプレゼン資料が作成できるのがGoogleスライドです。

2.Googleスライド使用のメリット・デメリット

2-1.Googleドキュメントのメリットとは?

2-1-1.メリットその1:パソコンでもスマホでも利用出来て、複数人で同時編集が出来る!

Googleスライドは、クラウド上(インターネット上)の「Googleドライブ」に保存されます。

その為、インターネットに繋がりさえすれば、他のパソコンでもスマートフォンでも利用することができます。

スマートフォン(iPhoneでもAndroidでも)では専用のアプリがありますので、そちらをダウンロードして利用してください。

Googleスライド

Googleスライド
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

提案資料などは時間を掛けて作成することも多く、ふと移動中に思いついた盛り込みたい事項も即反映可能ですよ。

2-1-2.メリットその2:構成まで盛り込まれたテンプレート

PowerPointやKeynoteで資料を作成する際によく利用されるテンプレートですが、自分で考えた構成にどのテンプレートが合うのか1ページ毎に選んでいるかと思います。

Googleスライドのテンプレートは構成まで盛り込まれたものになっているので、合うテンプレートであればそれを元に内容を当てはめていくだけでプレゼン資料も完成します。

Googleスライド テンプレート

Googleスライド テンプレート 構成

2-1-3.メリットその3:PowerPointにも対応

Googleスライドが優れていると言っても、PowerPointでファイルを送りたい!などどうしてもPowerPointでないと駄目な場合でも安心です!

作成したGoogleスライドはPowerPointに変換することが可能です。

反対にPowerPointの資料をGoogleスライドに変換することも出来るので、届いたPowerPointの資料をGoogleスライドで編集する、なんてことも可能です。

Googleスライド PowerPoint 変換

2-2.Googleドキュメントのデメリットとは?

簡単に素敵なプレゼン資料が作れるGoogleスライドですが、PowerPointやKeynoteに比べると機能は若干物足りません。

例えば、文字のフォントなどが比較的少ないです。

Googleスライド 文字 フォント

とは言え、基本的な機能は網羅されていますのでメリットを上回るデメリットでは無いでしょう。

3.Googleスライドを使用してみましょう!

それでは、実際にGoogleスライドを利用してみましょう!

今回は、基本的な部分をご説明します。

3-1.導入方法

3-1-1.Googleアカウントの開設

Googleアカウントをお持ちで無い方は、アカウントを用意しましょう。簡単に無料で開設できます。

Google アカウントの作成

3-1-2.Googleスライドにアクセスする

アカウントを用意しログインしたら、実際にGoogleスライドにアクセスします。

Googleスライド メニュー

3-1-3.新規スライドの作成

「新しいプレゼンテーションを作成」から「空白」を選択すれば、まっさらなスライドが開きます。

「テンプレートギャラリー」からは、最初から用意されているテンプレートを選択することができます。

Googleスライド 新規作成

3-2.編集方法

基本的にはPowerPointやKeynoteと同じ操作方法です。

新しいページを追加したい場合は、一番左にある+で追加出来ます。

Googleスライド ページ追加

文字を選ぶと、上部のメニューには文字装飾に関するメニューが現れます。

Googleスライド 文字装飾

画像の挿入ももちろん可能です。

Googleスライド 画像の挿入

3-3.動きを付けたい時は?

ページの切り替え時や画像・文字に動きを付けたい場合は、一番右にある「切り替え」を選ぶと「アニメーション」メニューが右側に表示されます。

Googleスライド アニメーション

3-4.他の人にスライドを共有したい場合は?

新規に作成したスライドは非公開(閲覧・編集できるのは自分のみ)となっています。

他の人にスライドを見てもらいたい、編集してもらいたい場合は、右上の「共有」ボタンから共有したい相手のメールアドレスを入力し、権限(編集可能とするのか、など)を設定します。

「共有可能なリンクを取得」では、リンクを知っている人に対しての権限を設定することも可能です。

Googleドキュメントとは_共有設定

まとめ

Googleスライドのメリット・デメリット、基本的な操作方法をご紹介させていただきました。

プレゼン資料で大切なのは、「何を伝えたいか」ということ。資料作成にばかり時間を掛けてはいられません。
だからこそ、簡単にどこででも作成できるGoogleスライドを使用して手間を掛けずに用意して、よりよいプレゼンを行いたいですね!

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加