【2021年版】Pinterest(ピンタレスト)とは?使い方入門とおすすめ活用事例

最近はSNSのニーズも高まり、「画像」の重要性も高まっています。「Pinterest」は画像や動画に特化して、情報発信や情報検索が出来るSNSです。

個人の利用だけでなく、最近では企業のマーケティングとしても活用されています。

今回は、Pinterest(ピンタレスト)とは、Pinterestで出来ること、登録方法、基本的な使い方、画像の検索方法といった基本的な知識に加えて、おすすめしたい活用法、個人や企業のさまざまな活用事例をご紹介したいと思います。

1. Pinterest(ピンタレスト)とは?

pinterestとは何かを説明している

Pinterest(ピンタレスト)とは、Webサイトや他のユーザーが投稿した画像や動画を検索したり、保存することが簡単に出来るツールです。

Webサービスの他に、スマホアプリからもアクセスすることが出来ます。

Pinterestの最大の特徴は、文字ではなく、画像や動画といった視覚的な情報から、情報収集を行うところにあります。

また、最近では個人の趣味の情報をシェアする目的に留まらず、企業の新商品やサービスの認知度アップを目的とするマーケティング活用も進んでいることも特徴といえるでしょう。

2. Pinterestで出来ること

Pinterestを使うことで、沢山のユーザーやサイトから、最新のトレンドとなる画像やオリジナリティーあふれる画像を見ることが出来るので、より自分が知りたいことに対するイメージを膨らませることができます。

例えば、企業の新しいキャンペーンについてポスターを作成する場合を考えてみましょう。

Pinterestに、キャンペーンの種類や打ち出したいイメージを表すキーワードを入れると、さまざまなレイアウト、色、コピーで画像が表示されます。

そうした中で、自分の頭の中でイメージした内容をより詳細に出来て、検討が必要な部分も洗い出せます。また、周りの人とも考えを共有しやすいでしょう。

3. Pinterestの登録方法

まずは、Pinterestの登録方法をご紹介したいと思います。

Pinterestのサイトを開き、画面右上に表示されている「無料登録」ボタンを選択します。

無料登録ボタンを選択している


② メールアドレス、パスワード、年齢を入力して「続行」ボタンを選択します。
メールアドレスでの登録の他に、Facebook、Googleアカウントを使ってログインすることも出来ます。

情報を登録している


③ アカウント作成は出来たので、引続き情報の登録を行います。まずは、性別を選択します。


④ 国と言語を選択します。

言語と国を選択している


⑤ フィードに表示したいカテゴリを選択します。


これでアカウントの作成は完了です。

4. Pinterestの基本的な使い方

アカウントが作成できたら、フィード画面が表示されるので、早速使ってみましょう。3つ基本的な使い方をご紹介していきます。

4-1. 画像や動画をピンする(画像保存)

画像保存の方法


気に入った写真をピン留めしておくイメージで、Webサイトなどの画像や動画で気になったものをPin(ピン)してPinterestに画像保存をすることが出来ます。

画像をフォルダ分けするような機能として「ボード」があります。
ボードを設定している場合には、ボードを選択して保存することも出来ます。

一度「クイック保存」に保存しておいて、後からボードを選択することも可能です。後ほど詳しくご紹介します。

また、画像の下に表示されるURLから、サイト自体にも遷移することが可能です。

4-2. 画像や動画をいいねする

いいねをしている


TwitterやInstagramなどのSNSと同じように、気に入った動画にいいねをすることも出来ます。このいいね機能は現在は動画にのみ付いているようです。

動画をクリックして詳細画面を開くと、いいねマークが表示されるので、クリックしてみましょう。いいねの他にも「ナイスアイデア」など全5種類からリアクションを選択することが可能です。

4-3. 他のユーザーの画像や動画をリピンする

リピンで画像保存をしている

リピンはTwitterのリツイートのようなイメージです。Pinterest上に表示されている他のユーザーがピンした画像や動画で、気に入ったものにリピンをして、自分のボードに保存が出来ます。

集めたピンやリピンは、プロフィール画面から、ボードごとに確認することが出来ます。

5. Pinterestの画像検索方法

画像検索の方法


Pinterestの画像検索方法は2つあります。「ホームフィード検索」と「フォローしたアカウントから検索」する方法です。一つずつご紹介していきます。

5-1. ホームフィード検索

一つは、ホームのフィード画面に表示される画像から検索する方法です。

Pinterestの特徴として、ユーザーが利用する度に、ユーザーの好みや嗜好をAIが分析し、次にホームを表示する際にカスタマイズして、ユーザーの好みに近い画像をセレクトしてくれるところにあります。

また、ホーム画面の上部には、検索画面もついているので、キーワードを入力して検索結果を表示させることも可能です。
この検索画面にも特徴があり、入力しなくても検索画面をクリックするだけで、過去の検索履歴やおすすめのアイデア、人気のピンといったユーザーの好みに合わせたカテゴリなどを表示してくれるので、簡単に検索することができます。

5-2. フォローしたアカウントから検索

pinterestはTwitterなどのSNSのように、アカウントをフォローする機能が付いています。
自分の好みにあった画像を投稿してくれるアカウントをフォローしておくと、フォローしたアカウントの画像がフィードに表示されたり、後からプロフィールで探すことも出来るようになります。

6. Pinterestのおすすめの使い方

基本の機能となるピンとリピン、いいねに加えて、おすすめの機能もいくつかご紹介していきたいと思います。

6-1. ボードを活用する

是非使いこなしてほしい機能として、ボード機能があります。ボード機能は、画像をカテゴリや目的に併せてフォルダ分けする機能です。

後でピンした画像を見返す時に、探しやすくなる便利な機能です。ボード機能は、プロフィール画面から追加することができます。

①まず、画面右上のアイコンをクリックして、プロフィール画面を表示します。
②次に画面中央の右側にある「+」マークを押して、「ボード」を選択します。

ボードを作成している

 

③ボードの名前と、公開・非公開の設定をして、「作成」ボタンを選択します。

新規ボードの作成方法

これでボードの作成は完了です。

作成後に、ボードにカーソルを合わせると表示されるえんぴつマークから編集することも可能です。ボードカバーの変更や説明文の追加、ボードの参加者を追加したり、デフォルトではONになっているパーソナライズ機能の設定変更、非公開設定などが変更できます。

ボードを編集している

6-2. メッセージ機能を利用する

メッセージ機能を使うと、相手とダイレクトにやり取りをすることが出来ます。アカウント名やメールアドレスで相手を検索して、チャットのような形でメッセージを送ることが出来ます。テキストの他に、ハートマークを送ったりピンのシェアをすることも可能です。

新規メッセージ

7. Pinterestの活用事例

Pinterestの使い方が分かったところで、活用事例も3つご紹介したいと思います。

7-1. 趣味として利用する

趣味として利用する


まずは、趣味としての利用です。カメラが好きな人は自分の撮った写真でお気に入りの写真をアップして、たくさんのユーザーに見てもらうことが出来ます。

アップロードした写真が企業の担当者に見てもらえて、仕事の話が来るといったチャンスも十分に考えられます。

また、見る側として利用する場合には、自分好みに日々カスタマイズしてくれるフィード画面で料理やダイエット、バイクなど見ているだけで癒されるでしょう。

段々とPinterestを開いただけで気に入った画像が並ぶようになるので、開くのが楽しみになっていくでしょう。

7-2. イベント事での情報収集

イベント事に利用する


一度しかない結婚式などのイベントや、子供の誕生日など特別な日の部屋の飾りつけ、卒業式のヘアアレンジ、といった様々なイベント事にもPinterestは活躍してくれます。

自分では思いつかなかったけど、簡単に試すことが出来そうな工夫のあるアイデアもたくさんあります。

一つ画像を選択すると、「似ているピン」の一覧が表示されて、よりイメージも膨らむので、ふわっとしたイメージも具体化していくことができます。

7-3. 仕事での情報収集

仕事での情報収集に利用する


サービス開発や資料作成の場面でも、Pinterestを活用することで、簡単に情報収集することが出来ます。

見やすい構成や配置、配色といった資料のデザインの参考にしたり、競合のサービスや広告、セミナー情報まで集められます。

また検索結果がズラッと並ぶので、視覚的に良いものを一目で探すことが可能です。

8. Pinterestの活用事例(企業編)

最後に、企業の活用事例を3社ご紹介したいと思います。

8-1. UNIQLO

UNIQLOのアカウントを紹介している

UNIQLO

始めにご紹介するのはUNIQLOのアカウントです。
フォロワー数は11万人を超えています。背景を白っぽい色にして服にフォーカスしている画像や街中で撮っている利用シーンをイメージさせるもの、動画など様々な視点からUNIQLOの商品を見ることが出来るのが特徴です。

また、ショッピング機能を取り入れていることにも注目です。
ショッピングタブを表示される一覧画面には、商品の画像の上に金額も表示されているので、詳細画面を開かなくても金額が分かり比較しやすくなっています。

購入したい商品が見つかるとショッピングサイトに遷移して商品購入をすることが出来ます。

8-2. HIS Japan

HIS Japanのアカウントを紹介している

HIS Japan

次にご紹介するのは、株式会社HISの公式アカウントです。
フォロワー数は15万人を超えています。
このアカウントは海外の国名や国内の都道府県で、コンテンツを分けてピンが並んでいてとても見やすいのが特徴です。保存コンテンツの分け方が参考になるでしょう。

また「気ままに一人旅」「美味しいNIPPON」などテーマでもピンを見ることが出来るのもおすすめしたいポイントです。
見ているだけで旅行に行ったように癒される素敵な写真が並んでいます。

8-3. ローソン(Lawson, Inc.)

ローソンのアカウントを紹介している

ローソン

最後はローソンのアカウントです。このアカウントは新商品がいち早く見ることが出来る点や、商品の魅力を画像にテキストも入れて説明しているものもあり、Pinterestの画像を見るだけで「買いたい」と購買意欲がしっかり高まる点が特徴です。

保存コンテンツには「For Lunch」「For Dinner」など利用シーンに併せて画像をチェック出来るのも参考にしたいポイントといえるでしょう。

9. まとめ

Pinterestは、誰でも簡単にオシャレな画像を見つけて保存が出来るツールです。

個人としての利用はもちろん、企業の活用も進んでおり、上手く活用することでマーケティングの幅を広げ、より画像や動画というユーザーに大きなインパクトを残す情報発信が可能になるでしょう。是非使ってみてください。

【2021年度版 】YouTube動画マーケティング成功事例

「動画マーケティング」で、企業や個人が自分たちの得意なことや個性を発揮して認知度を広げている事例がたくさんあります。

YouTubeを使って認知度を増やし、業績アップにつながった企業の成功事例をまとめました。

YouTubeで認知度を高めたい!集客や売り上げアップに動画マーケティングを導入したい!という方はぜひ参考になさってください。

YouTubeで集客するための成功事例集

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事