【理論的】幸運を引き寄せる5つの行動

こんばんは!FunTre株式会社代表の谷田部です。
すごく簡単なことを変えるだけで人生に差がつく時間の使い方を、日々YouTubeにてお伝えしています。

今回のテーマは「【理論的】幸運を引き寄せる5つの行動」について。

勝手に幸運が向こうからやって来てくれるとしたらこんな良いことありませんよね。

私は根っからの理系で理論的なことや数値で説明できることが大好きなんですが、あんまり根拠のないような話は得意ではありません。
ただそんな私でも幸運を引き寄せる行動はあると思います。

世の中で言われている幸運を引き寄せる行動は、理論的にも正しいものがきちんとあるかなと感じています

今回はそんな私から見て幸運を引き寄せる人の行動を理論的に説明できることをお伝えしていきたいと思います。

その1:目標を持つ

 

目標を持つ

これはなんとなく理由がわかりますよね。
同じ時間を過ごしていても、その人が同じような苦労を感じていたとしても、明確な目標を持っているだけで目標を持っていない人に比べてたくさんの努力ができるようになります。

そうすることで結果的に望む未来を得る確率を上げることができる。
つまり幸運を引き寄せることができるということになっています。

例えば私はゴルフをします。
ゴルフを最初、やり始めたときは知り合いの紹介で一緒にゴルフに行くようになりました。

目標を持たずゴルフをした場合、ゴルフに誘っていただけるので参加をするんですけど“何となく参加をしているだけ”なので3年くらい経っても全然上手になりませんでした。

スクールにお金を払って通っても、漠然と「少し上手くなりたいなぁー」ぐらいで行っているので先生に言われたことを最低限やるだけなので、時間やお金をかけても3年間全然上達しませんでした。

その後ある社長さんたちとゴルフに行ったときに「3ヶ月後にみんなでスコア100を切ろう」という目標決めました。

目標を持ってゴルフをした場合、下手くそな私にとってはスコア100切るなんて全然達成できそうではない目標だったんですけど、不思議と目標が決まってからは練習にもやっぱり身が入り、自分でもYouTube見たり、本を読んだりして調べて積極的にゴルフに取り組むようになりました。

もちろん限られた時間の中での練習なので限界はありますが、目標を持っていなかったころに比べて確実に濃厚な時間を過ごすことができました。

また、その期間は苦労もほとんど感じませんでした。

結果的に私は3ヶ月で目標を達成することができなかったんですけど、“目標を持たないでやっていた3年間”よりもはるかに上達することができました。

人はやっぱり目標設定することで集中、努力をすることができて、それは結果的に望む未来を運んできてくれる確率が上がります。
なので目標を持つことは幸運を引き寄せる行動の1つなのかなと思います。

2つ目:忘れる

イライラする

定期的に必要のないことを忘れるという行動は、幸運を引き寄せる行動の1つかなと思います。

例えば、

・嫌なこと
・イライラすること
・悲しいこと
etc

ずっとそのことを悩み続けていても、その後、別に良いことが起こるわけではないですよね。

でもその嫌なことを考えすぎてしまって仕事の進みが悪かったり、新しい挑戦を断念してしまったり、人に八つ当たりしてしまったり等、マイナスなことが起こる可能性は高くなります。

そういう意味ではなかなか簡単にできることではないんですが、もうさっさと嫌なことは忘れてしまう方が良いと思います。
その方がマイナスがありません。

マイナスがないってことはプラスに作用しているということになるかなと思います。
嫌なことがあって1ヶ月引きずる人と1日で忘れてしまう人では、その1ヶ月の過ごし方が全然変わります。

気分も良い1ヶ月になります。

つまり、忘れることは侮るなかれ。
とても大きなプラスの効果があると思っています。

忘れるコツとしては「まぁそういうこともあるよね」と開き直ることだと思います。

嫌なことを「忘れよう。忘れよう。忘れよう。忘れよう。」と思うと、余計に引きずってしまうので、もう忘れようとも思わず自然体にしていることが大切です。

「まぁそういうこともあるよね」と考えられることだったら、そう考えて自然と忘れていくのを待つと良いのかなと思います。

3つ目:自己投資をする

自己投資をする

自分自身をより高みに持っていく自己投資は、幸運を引き寄せる行動の1つです。

人生はやはり選択の連続です。

自分の今の能力、考え方、財力周りの環境などに応じて、選択できることがいくつかあります。

その中で良い選択肢を選べば人生は良い方向に進んでいきますし、悪い選択肢を選んでしまうと人生は悪い方向に進んでいくということかな思います。

その中で自己投資をすると良い選択肢だけを増やすことができます。

ここで重要なポイントは、“自己投資をして悪い選択肢はあまり増えていかない”ということです。

例えば、英語の勉強をして英語ができるようになったら

・就職できる先の会社が増える
・海外の仕事ができる
・海外の友達ができる
etc

といった良い選択肢が増えていきますが、逆に悪い選択肢ってあまり増えないですよね。

つまり、この英語のことのように自己投資をすることによって、良い選択肢が増えていって悪い選択肢が増えないので「必然的に良い選択肢を選択できる確率が上がっていく」ということです。

4つ目:笑う

笑う

笑うことも理論的に幸運を引き寄せる行動の1つです。

笑うことによって自分も楽しくなりますが、それを見ている相手も嬉しい気持ちになります。
嬉しい気持ちになった相手は、自分に好感を持ってくれるかもしれませんし、自分と一緒にいることに対して楽しさを感じてくれるかもしれません。

もちろん、この笑うことが嘘っぽいものになってしまったり、面白くもないのに笑わなくちゃいけないっていうことではないということではありません。
ただ、本当に楽しいときは笑った方がいいと思いますし、笑えるような楽しい雰囲気をつくる努力をした方が良い方向に進むかなと思います。

相手が笑ってくれればこちらも幸せな気持ちになりますし、幸せな雰囲気がある場所には、同じように幸せな雰囲気を持っている人が集まってくるかなと思います。

ただ笑うことなのですが、その連鎖する力はすごいと思います。
笑うということも大切にしていきましょう。

5つ目:ポジティブになる

ポジティブ

これもよく言われることですが、ポジティブでいるということは幸運を引き寄せる行動の1つになります。
RADWIMPSの「螢」という私の大好きな曲があるんですけど、その歌詞の中で「嬉しいこと、悲しいことはいつも半分コずつなの」ということを書かれています。

もう人生、私もその通りだと思っています。

つまり、ずっと嬉しいことなんてないし、ずっと悲しいこともない。
半分コずつなんだと。

同じくらいそういうことが起こるんだっていうことですね。

どうせどっちも起こってしまうなら、悲しいことがあったときにネガティブになるよりも、ポジティブになっていた方が人生お得かなと思います。

例えば、私は子供の頃ひどい風邪を引いたときに、

「なんでこんな風邪にかかっちゃったんだろう」「もう自分だけこんな辛い思いしなくちゃいけないんだろう」

とネガティブになりかけたんですが、

「まぁ家でゆっくりできてお母さんもおばあちゃんも家族もを優しくしてくれるし、ひどい風邪だけど、ある意味ラッキーだな」と子供ながらに思うことができました。

このおかげで風邪で寝込んだ3日間はわりと楽しく過ごすことができました。

ネガティブに寝込む3日も、ポジティブに寝込む3日も同じ時間なら、ポジティブにやった方が得だよということですね。

看病する方もネガティブな人よりもポジティブな人のほうが気分がいいと思います。
人生、ずっとポジティブになること難しいと思いますが、「ポジティブに生きよう!」と思うことは、確実に幸運を引き寄せる行動の1つかなと思いますので、ぜひやってみてください。

幸運を引き寄せる行動はただ根拠のない話ではなく、理論的な理由もある

いかがでしたでしょうか?

【理論的】幸運を引き寄せる5つの行動」についてお伝えさせていただきました。

その1:目標を持つ
その2:忘れる
その3:自己投資をする
その4:笑う
その5:ポジティブになる

よく世の中で言われているような幸運を引き寄せる行動は、ただ根拠のない話ではなく、理論的な理由もあります。
今日、お話したことを普段から当たり前のように行動しているという人は、人生楽しく過ごして生きているのかなと思います。

「なかなかそういう行動ができていない」という人は、ぜひ今回のことを参考により楽しい人生にしていきましょう!

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル


【ファンを10000人つくる】YouTube2021年度版徹底攻略マニュアル無料プレゼント!

youtube2021年度版徹底攻略マニュアル

 

 

【無料プレゼント!】WEBの知識やスキルゼロでもLINE公式アカウントを使い集客する方法!

LINEマニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事