Twitterのアンケート(投票)機能とは?作成・使い方・事例をご紹介

Twitterで投稿をしているものの、あまり投稿に対するフォロワーのコメントがなかったり、もっとユーザーが気軽に参加出来るような投稿にしたいと思われている方もいるのではないでしょうか。

Twitterのアンケート(投票)機能を使えば、ユーザーが気軽に投票出来るので、ユーザーとのコミュニケーションが広がる可能性があります。

この記事では、アンケート機能の使い方や、投稿作成時のコツ、注意点など基本的な使い方をまとめてみました。
企業でTwitter投稿を担当されている方に向けて、企業のアンケート機能の活用事例もまとめていますので、是非チェックしてみてください。

1. Twitterのアンケート(投票)機能とは?

Twitterのアンケート(投票)機能

Twitterのアンケート(投票)機能とは、Twitterユーザーであれば誰でも使うことができる機能で、質問文と選択肢を投稿することが出来て、ユーザーは選択肢から選ぶ形で簡単に投票を行うことができます。

アンケート機能の選択肢は2つから4つまで設定することができます。また、投票期間も設定することが可能で、5分から7日間の期間から、1分単位で設定できます。

2. Twitterのアンケート機能の使い方

Twitterのアンケート機能の使い方

 

それでは早速、アンケートツイートの作成方法、他のユーザーが作成したアンケートツイートの回答方法、自分が作成したアンケートツイートの削除方法の3つをご紹介したいと思います。

2-1. アンケートツイートの作成方法

まずは、アンケートツイートの作成方法についてご紹介したいと思います。

①通常のツイート作成画面を開きます。

ツイート作成画面

②画面下に表示されている横棒グラフを選択します。

横棒グラフを選択

③次に、質問内容と回答を入力します。回答が3つ以上になる場合は「+」マークを押して、回答欄を追加します。

質問内容と回答を入力

④最後に、下矢印のマークを選択し、投票期間を設定します。「日」「時間」「分」をそれぞれ設定することができます。

投票期間を設定

⑤設定に問題がないことを確認して、「ツイートする」ボタンを選択します。

「ツイートする」ボタンを選択

これで、アンケートツイートを作成することができました。

2-2. アンケートの投票(回答)方法

次は、他のユーザーが投稿したアンケートツイートに投票する方法をご紹介したいと思います。

アンケートの投票方法は、アンケートツイートに表示されている選択肢をタップするだけで完了します。

アンケートツイートの選択肢をタップする

投票すると、現在の投票状況がパーセンテージで表示されて、投票数と投票終了までの残り時間が投票結果の下に表示されます。

投票状況の表示

3. アンケートツイートの削除方法

アンケートツイートは通常の投稿と同じように削除することができます。削除方法をご紹介したいと思います。

 

①削除したいアンケートツイートの右上になるメニューボタンを選択する。

メニューボタンを選択

②メニュー画面から「削除」ボタンを選択します。

削除ボタンを選択

これで、アンケートツイートの削除は完了です。

4. アンケートツイート作成時のポイント

アンケートツイート作成時のポイント

どれも基本的なことですが、後から修正する手間がないように、アンケートツイート作成時のポイントも確認してみてください。

4-1. 質問は140文字まで、回答は25文字まで

アンケートツイートの質問文は、最大文字数が140文字となっています。また、ユーザーが回答する選択肢の内容は、最大文字数が25文字となっています。

4-2. 選択肢は4つまで設定可能

ユーザーが回答する選択肢は、2つから4つまで設定することが可能です。つまり、4つの選択肢で収まるような質問内容にする必要があるということです。

4-3. 投票期間は最大7日間

アンケートツイートは投票期間を設定することが可能です。投票期間は5分から最大7日間まで設定することが出来て、1分単位で設定可能です。

4-4. 画像は追加できない

画像や動画が投稿できるTwitterですが、アンケートツイートには、残念ながら画像を追加することはできません。

どうしても画像を使ったアンケートツイートを行いたい場合には、自分のアンケートツイートに対して返信する形で、画像を追加したツイートを行うことで、ユーザーから画像が見える状態にすることは可能です。

また、リンクへのアクセスが必要にはなりますが、アンケートツイートに画像が見れるツイートのURLやサイトのURLを記載して、画像を見てから投票をしてもらう方法にすると、画像を見てもらうことは可能です。手軽さで考えると、前者の方がおすすめです。

5. Twitterアンケート機能を活用するメリット

Twitterアンケート機能のメリット

アンケート機能の使い方が理解できたところで、次は企業がアンケート機能を活用するメリットをご紹介したいと思います。

5-1. ユーザーとのコミュニケーション

通常の投稿では、商品紹介やお得な情報といった企業からの情報発信が中心だと思います。投稿に対していいねやコメントで、ユーザーとのコミュニケーションを取ることが出来るのですが、なかなか思うようにコメントが集められなかったり、投稿を見てはくれるものの、アクションはしないユーザーも多いのが現状です。

アンケート機能を使うことで、コメントをしていなかったユーザーも選択肢を選ぶだけなので、気軽に参加することが出来て、簡単にコミュニケーションを取ることができるというメリットがあります。アンケートで何度かアクションをすることで、アカウントとユーザーの距離が縮まってコメントをもらえたり、コミュニケーションの幅が広がることもあるでしょう。

5-2. ユーザーの声を集められる

アンケートの内容や選択肢は、企業が自由に決めることができます。アンケート内容を工夫することで、フォロワーだけでなくフォロワー以外のユーザーからもリアルな声を集めることが出来て、自社のマーケティング施策に活用する、といった使い方もメリットと言えるでしょう。

例えば、お菓子のアンケートで、どういった利用シーンが多いかアンケートを取ったとします。「1人でご褒美として」「手土産として」「友人や家族と」などの選択肢を用意することで、ユーザーが簡単にアンケートに投票することが出来ます。その結果、手土産が多ければお菓子を風呂敷で包めるサービスを検討したり、利用シーンをイメージして新たな施策検討につなげることが可能になるのです。

5-3. 広告ツイートとして活用できる

Twitter広告管理画面では、通常はアンケート機能を使った広告を作成することはできません。しかし、通常のアカウント画面でアンケート投稿を行い、その後広告管理画面からアンケート投稿を選択することで、広告ツイートとして活用することができます。

通常の広告ツイート比べて、ひと手間かかってしまいますが、広告設定でターゲティングしたユーザーに向けて、アンケート投稿を行うことも出来るので、活用するメリットは大きいと言えるでしょう。

6. Twitterアンケート機能の注意点

Twitterアンケート機能の注意点

続いて、アンケート機能を使う上での注意点をご紹介したいと思います。

6-1. 投稿者は投票できない

アンケートツイートの作成者は、自分のアンケートツイートに投票することは出来ません。アンケートの投票ボタンも表示されないので、投票期間中は現在の結果を表示することになります。フォロワーやその他のユーザーが投票してくれた結果を見る側として、アンケート機能を楽しみましょう。

6-2. 投票(回答)後に変更できない

一度アンケートツイートを投票したら、途中で投票を変更することはできません。1つのアンケートに投票できるのは1回だけ、ということを頭に入れて、しっかり選択肢を最後まで読んでから投票するように気を付けましょう。

6-3. 投票期間の途中で終了できない

一度アンケートツイートを投稿したら、作成者側は投稿期間を変更することは出来ません。一方で、投票期間が終了していない場合でも、アンケートツイート自体を削除することは可能です。

ただこの場合には、アンケートツイートを投票してくれたユーザーにも投票結果が見れなくなってしまうので、結果を楽しみにしてくれているユーザーが残念に感じる場合もあるでしょう。

アンケートツイートは作成した後で内容に間違いがないか、しっかり確認してから投稿するように心掛けましょう。企業で行う場合には、ダブルチェックなどルールを決めて、ミスがないように仕組み化することもおすすめです。

7. アンケートに投票するとバレる?匿名?

アンケートの投票は匿名

Twitterのアンケート機能に投票したら、自分がどこに投票したか周りの人にバレてしまうのではないか、少し心配になりますよね。ツイッターは見る側として使いたいと思っている方や、リア友とやりとりするツールとしても利用されている方には、気になるところかもしれません。

結論をいうと、アンケート機能の投票は匿名なので、周りのユーザーにどの投票をしたのかバレる心配はありません。これはフォロワーに対してだけでなく、アンケートツイートの作成者にもバレることはありません。

8. Twitterアンケート機能の活用事例

最後にTwitterアンケート機能の活用事例をご紹介したいと思います。他社のアンケートのやり方から、何か投稿企画のヒントになるかもしれません。是非チェックしてみてください。

 8-1. 神戸新聞

神戸新聞の事例

神戸新聞@kobeshinbun(2021-08-12参照)

神戸新聞が2018年に投稿したアンケートツイートです。義理チョコをテーマにアンケートを行っています。会社や学校など、義理チョコを渡す場面もありますが、なかなか義理チョコに対する本音は聞き出しづらいものですよね。そういったテーマを匿名で回答出来るアンケートツイートにすることで、作成者だけでなく、フォロワーやフォロワー以外のユーザーにも結果を注目してもらえるツイートになっていると思います。匿名で回答できるメリットを上手く活用した点が、このツイートの参考ポイントだといえるでしょう。

8-2. BLUEBIRDS AUDIO

BLUEBIRDS AUDIOの事例1

BLUEBIRDS AUDIOの事例2

BLUEBIRDS AUDIO@bluebirdsaudio(2021-08-12参照)

BLUEBIRDS AUDIO@bluebirdsaudioリプライ内容(2021-08-12参照)

BLUEBIRDS AUDIOはエフェクターを扱う企業です。このアンケートツイートでは、デザインを選んでもらうという内容であったため、画像付きで見てもらう必要がありました。その為、投稿を通常投稿とアンケートツイートの2つに分けています。

一つ目の通常投稿には、4つのデザインが分かる画像を入れて投稿し、そのツイートにリプライする形でアンケートツイートを投稿しています。そうすることでユーザーからは二つの投稿が一緒に見れるので、画像を見てアンケートに投票することが、簡単に出来るようになっています。

9. まとめ

Twitterのアンケート機能はしっかりマスター出来たのではないでしょうか。普段あまりアクションをしないユーザーも、アンケートツイートには気軽に参加してくれることも多いので、是非上手く活用して、アカウントを盛り上げていっていただければと思います。

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル


【ファンを10000人つくる】YouTube2021年度版徹底攻略マニュアル無料プレゼント!

youtube2021年度版徹底攻略マニュアル

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事