コピーライティングを極めよう!フレーズの書き方やおすすめの勉強法

広告業界において中心的な役割を果たす「コピーライティング」は、商品・サービスを訴求するにあたってなくてはならない要素です。

この記事では、魅力的なコピーライターの条件や勉強方法などについて解説していきます。

1. そもそもコピーライティングとは?何のために必要なのか

1-1 コピーとは本質を表す言葉

ほとんどすべての広告には「コピー」が記載されています。
チラシやWeb広告に限らず、企業パンフレットや雑誌の見出し、書籍の帯などに書かれているフレーズなどもコピーといえるでしょう。

コピーとは、対象物の魅力を本質的に表現している短い文章のことです。そして、コピーを生み出す仕事を「コピーライティング」、コピーを専門的に書く人を「コピーライター」と呼びます。

コピーライターは会社員として社内の業務を請け負っている場合と、フリーランスとしてさまざまな分野から仕事を受注しているケースがあります。人気コピーライターともなると世間的な知名度も高くなり、国家レベルの事業のコピーを手がけることも珍しくありません。

1-2 どうしてコピーライティングは大切なのか

コピーライティングには「対外的な意味」と「対内的な意味」がこめられています。
対外的には、セールスに結びつけるためにコピーは重要だといえます。

魅力的なコピーは消費者のイメージをふくらませ、消費行動へと駆り立てるのです。

一方、企業や組織がアイデンティティを明確化するためにもコピーライティングは必要です。

企業の理念を一言で表現できるフレーズがあれば、社員同士で誇りを共有できます。
自分たちの仕事を心から愛せるようになり、社内の一体感が生まれるでしょう。

2. コピーライターになるための方法!資格や免許はいるの?

2-1 文章が上手ければコピーライターになれるのか

よくある誤解が「文才があるからコピーライティングもできる」という考え方です。

もちろん、文才があるとコピーライターを目指すうえでは有利です。
しかし、絶対的な条件ではありません。理論的に対象を説明していく「文章」と、一言で対象の本質を示す「コピー」は似て非なるものだからです。

コピーライターを目指すのであれば、文章を磨くというよりも優れたコピーや広告をたくさん研究し意図を探るほうがためになるでしょう。

また、消費者心理の勉強も必要です。トレンドを常にリサーチし、リアルタイムの消費者に響く言葉を探し続ける努力を怠らないようにしましょう。

2-2 資格や免許よりも実績を

コピーライティングにおいては、特別な資格や免許はいりません。
誰もがコピーライターになろうと思えばなれます。

しかし、優れたコピーライターになるためには勉強が不可欠です。

専門のセミナーや講座に申し込み、見聞を広めるのはステップアップのためになるひとつの方法でしょう。

プロのコピーライターからアドバイスをもらえるのも貴重な機会です。

また、コピーライターとして認められるには「実績」が重要です。
企業や自治体、公的機関などが募集しているコンペティションに参加し、高い評価を受けるとキャリアに役立ちます。

3. 魅力的なコピーの条件!誰が読むのかを考えよう

3-1 対象を知らなければコピーにならない

世の中に拡散された魅力的なコピーに共通している点は、「違和感がない」ことです。

コピーに惹かれて商品・サービスにお金を払ったとして、「イメージと違った」ということにはほぼなりません。

優れた映画や書籍のコピーにしても同様で、内容を知った後でそのコピーが言わんとしていた意味を納得できるはずです。

コピーではトレンドワードや耳障りのいい言葉を含めることもときとして必要です。

ただ、それだけでは「よくあるフレーズ」ができるだけです。

商品・サービスをリサーチし、自分でも体験して本質をつかむようにしましょう。

そして、収集した情報を整理したうえで、「どれが商品の核になっているのか」を考え、コピーに反映させます。

3-2 読者のペルソナ像を設定する

コピーライティングでは「ペルソナ」を設定するのも有効な書き方です。

ペルソナとは、ある商品・サービスのターゲット像に人格をもたせた存在です。

年齢や性別から性格、職業にいたるまで細かくペルソナ像を考え出すことによってコピーライティングの精度は上がります。

たとえば、ペルソナが単に「若い女性」というだけだと、漠然としていてコピーを作るのは難しいでしょう。

しかし、「25歳女性、事務職、アウトドア好きで3年付き合っている彼氏がいる。
貯金額は100万円」とまでペルソナがわかっていれば、的確な言葉を考えやすくなります。

4. コピーライティングの勉強法は?毎日できる努力を実践!

 lighting

4-1 長文からコピーに直そう

誰でもコピーライティングに挑戦することは可能です。
だからこそ、日々のわずかな意識の差が優劣につながっていくといえるでしょう。

コピーライティングの勉強法としては、まず「長文で書いてみる」という方法があります。
文字数を気にせず、商品・サービスの魅力を文章にしてみましょう。
その後で、改めて読み返し、不要な部分や重複している文章を削ぎ落としていきます。

そうやって残った部分が対象の本質です。
後は、キャッチーな言葉に置き換えて、ターゲットの心に響くコピーを生み出しましょう。

4-2 書いたコピーは評価してもらおう

練習だけをいくら重ねても、実力が身についているかどうかは確かめられません。
試しに書いてみたコピーは、誰かに読んでもらい感想を聞きましょう。

できれば、コピーライターの先輩やターゲット層に含まれる人が理想的です。

チェックしてもらうポイントは主に「対象の魅力が伝わるか」「知らない情報を得られたか」です。

コピー対象の魅力が伝わったうえで、「今までにない情報だ」と感じるからこそ、読者は購入意欲をあおられます。

もしも批判的な意見が返ってきたとしても、素直に受け止めて練習に生かしましょう。

自分の価値観を超えた声を聞くからこそ、コピーライターとして成長ができます。

5. コピーライターのスキアルアップに役立つ3冊の本

5-1 超有名コピーライターの仕事集

「糸井重里全仕事」は1984年に発表された書籍ながら、いつまでも価値の色褪せない内容です。
テレビタレントとしても活躍するコピーライター、糸井重里さんの仕事の数々をまとめた一冊であり、誰もが知っているフレーズが並んでいます。

糸井さんのコピーは決して飾り気があるわけではないのに、一度聞いたら頭を離れなくなるのが特徴的です。人の記憶に残る言葉を学ぶためには読んでおくべきでしょう。

5-2 コピー業界の始祖の教え

ジョン・ケープルズの「ザ・コピーライティング――心の琴線にふれる言葉の法則 」も広告業界のバイブルです。20世紀に活躍し、コピーライティングの基礎を築いたとされる著者の言葉は、歴史が実証しているといえます。

「出だしの重要性」や「テストを行い反応を確かめる必要」などは、現代人が読んでも感銘を受けるはずです。

ケープルズはコピーライティングを数万人に向けて言葉を発する仕事と定義していました。
その仕事の面白さと奥深さを実感できる本です。

5-3 現役コピーライターたちの思考法

「コピーライティングとアイデアの発想法 ~クリエイターの思考のスタート地点~」は、現役コピーライターたちに仕事の思考法、発想法を教えてもらえる内容です。

取材の極意から仕事の始め方まで、コピーライター志望者が本当に知りたいと思っているポイントを押さえています。

そのほか、仕事以外の時間の過ごし方まで伝授してもらえるのは大きなメリットです。

6. コピーライティングを極めるには考え方を変えてみよう

大勢に響くコピーライティングをするには、物の見方や考え方を変えてみましょう。

ターゲットの心理を想像しつつ、対象の表面ではなく本質を見極めることが重要です。
そして、日常的に練習を重ねながらスキルを磨いていきましょう。

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事