Twitterマーケティングで自社のファンを増やす4つのポイント

自社のHPやブログを立ち上げても、

「なかなか閲覧数が伸びない」
「もっと会社名の認知度を上げたい」
「自社PRが顧客に届いているのか分からない」
「コンバージョンに繋がらない」

これらの悩み抱えてませんか?

Twitterマーケティングを活用すれば、
ダイレクトに情報を利用ユーザーに届けることができ、生の声を聞くことができます。
何故なら、Twitter利用者数は世界で約3億人います。
日本だけでも、約4500万人います。

それだけ多くの人に情報を発信することができるため、Twitterは十分な宣伝ツールとして利用できます。

Twitterマーケティングを上手く活用できれば、
将来の見込客の獲得に繋げることもできるでしょう。

そこでTwitterマーケティングで自社のファンを増やすために
必要な4つのポイントを紹介します。

1.ターゲットを絞る
2.Twitterアナリティクスの活用
3.自社のキャラクター設定
4.強力なインフルエンサーを見つける


Twitterマーケティングで自社のファンを増やすために

Twitterマーケティングで自社のファンを増やすことに成功した企業が、共通して実践したことがあります。

1.ターゲットを絞る
2.Twitterアナリティクスの活用
3.自社のキャラクター設定
4.強力なインフルエンサーを見つける

Twitterマーケティングの強みは、拡散力が強く、最短で自社のファンを獲得しやすいことです。

この強みを活かすことで、顧客の生の声をTwitterで聞き、検証しながらより顧客に有益な情報を配信し、自社の認知度向上からコンバージョンを獲得するサイクルを確立しやすくなります。

サイクルを確立した企業こそが、Twitter上で影響力のあるアカウントへと成長することができるでしょう。

 

ターゲットを絞る

コンバージョンに繋がる見込客を獲得するためには、自社のファンになってくれそうな人の特徴を研究し、最適なユーザーをターゲットとして絞ることです。

ターゲットかどうかを判断する材料として、有益なのがタイムラインです。

・興味、関心
・性別
・地域
・自社のファンになる可能性を秘めているか
・インフルエンサーとして影響力があるか

これらの条件を照らし合わせて、ターゲットを絞りましょう。

ターゲットを絞ると同時に、自社のファンになってもらうためには、ターゲットにとって有益な情報を発信することも大切です。

その時に活用すると便利なのが、「ハッシュタグ」です。
その話題をチェックしているユーザーの目に留まれば、「いいね!」「リツイート」を獲得しやすく、ファンになってくれる可能性も高まります。

また、Twitterは政治、経済、グルメ、ファッション、子育て、趣味など、多彩なトピックについて意見交換されている場です。

今世間で注目されているトレンドに注目して、情報を発信することで、より多くのユーザーに閲覧してもらえるきっかけにもなります。

「トレンドは何か?」

これを探す方法で手っ取り早いのは、バズっているツイートに注目することです。

バズるとは?
Twitter上で今注目されている話題のことを指し、急激に「リツイート」や「いいね!」が増えているのが特徴です。

インフルエンサーとは?
情報発信力が強く、多くのフォロワーを獲得しているユーザーのことです。

 

Twitterアナリティクスの活用

Twitterアナリティクス

顧客の行動を分析することができるのが、「Twitterアナリティクス」です。
PDCA(計画、実行、検証)を効率よく繰り返すために、自社のツイートで顧客がどのように反応するのかを把握することは、とても重要です。

自社のファンになってくれそうな人をターゲットに、情報を発信していく中で、Twitterアナリティクスと併用して活用してほしいのがTweriodです。

Tweriod

これは、フォロワーがTwitterを利用する時間をグラフで表示するツールです。
1時間ごとに、どれほど自社のフォロワーがTwitterをしているかを見ることができます。

把握することで最も多くのフォロワーがTwitterをしている時間に、情報発信をすれば、インプレッションを効率よく増やすことができます。

 

自社のキャラクター設定

「どんな情報を発信しているのか?」

これが一目で分かる魅力的なアカウントを作ることが、キャラクターを設定するということです。

極端に言えば、アイコンが「鞄」なのに、ツイートを見ると、料理に関するツイートが多いとします。

「鞄の機能性や人気商品を紹介するアカウントじゃないの?」

つまり、表紙と中身の情報に統一性がないとターゲットも定まりませんし、何を伝えたいアカウントなのが分からなくなってしまいます。

・魅力的なアイコン
・一目で何の情報発信をするか分かるプロフィール

自社のファンになってほしい人はどんなアイコンでどんなプロフィールに惹かれるか?
これをイメージして、プロフィールを作ることで、個性を出せます。

 

強力なインフルエンサーを見つける

情報発信力が強く、フォロワーの獲得数が多いのがインフルエンサーの特徴です。
自社のファンになってくれそうなターゲット層に入る、強力なインフルエンサーを獲得することで、拡散力が大幅にUPします。

インフルエンサーをフォロワーとして、取り込むことで、世の中のトレンドを把握しやすくなったり、自社のツイートを拡散してくれるといったメリットがあります。

 

Twitterマーケティング成功事例

2つのTwitterマーケティングの成功事例に基づいて、成功するまでの経緯について見ていきましょう。

・自社商品の販売を目的とした「日光みそのたまり漬・上澤梅太郎商店@Uwasawa」

・自社商品のPRを目的とした「ばねのフセハツ工業@fhk2014_kk」

 

「自社商品をTwitterで販売したい」思いから

日光みそのたまり漬・上澤梅太郎商店@Uwasawa

毎日、「#けさのお味噌汁」とハッシュタグをつけて朝食の写真をツイートしています。

旬の野菜を使ったお味噌汁を紹介し、作り方まで公開しています
日々の食事作りの参考として、情報を発信し、朝食を重視するユーザーを中心にフォロワーを獲得しています。

自社商品を取り入れた朝食を紹介しているため、直接商品購入へのコンバージョンへと繋がる効果も得られています。

 

「自社商品をTwitterで知ってほしい」思いから

ばねのフセハツ工業@fhk2014_kk

製品のPRを目的としています。

製品の製造過程から完成に至るまでを写真や動画を使ってツイートをしており、ばねに興味関心を持った人をターゲットとしています。

ターゲット層は非常に、限定的ではありますが本来ならば認知度が低い商品も、Twitterマーケティングによって、あっという間に拡散され、一般の人をも魅了することができるのです。

この企業のTwitterマーケティングによって、話題になったのが、「おにぎりボール」です。
握力を上げたり、脳の活性をしてくれる商品です。

知らない人に、製品のPRをしたいといった目的を見事に果たした事例です。

 

Twitterマーケティング注意点

Twitterマーケティングは無料で始められるといったコスト面で大きな利点があります。
しかし、一方で注意しなければならないことが2つあります。

1.即効性はない
2.炎上リスク

Twitterを始めたからといって、すぐに集客に影響が出るといった即効性はありません。
Twitterはコミュニケーションツールなので、地道にフォロワーと「いいね」を獲得しつつ、自社のファンを増やしていく必要があります。

そのためには、Twitterに尽力する労力と時間を確保しなければいけません。

また、Twitterのメリットには短期間で拡散することができるため、認知度向上しやすいといった特徴がありますが、これが悪い状況に陥ることがあります。

それが、「炎上」です。

炎上してしまうと、一気に自社の悪いイメージが世間に拡散されます。
これは、悪気の無いツイートが一部のユーザーの反感を買ったことで炎上へと発展する恐れもあるのです。

そのため、ツイートを発信する時は細心の注意を払う必要があります。

 

結果がなかなか出ないなら

Twitterマーケティングをしてるのに、結果に上手く反映されないと行き詰った時に、以下の項目について振り返ってみましょう。

1.ツイート数
2.ツイート、RTの質
3.ツイートの内容が専門分野に片寄りすぎてないか
4.仲の良い人はいるか
5.プロフィールやアイコンが魅力的ではない

情報を発信するツイート数は少なくありませんか?
Twitterマーケティングに費やす時間が少ないと、ツイート数や質、RTの質が低下しやすいです。

ぜひファンになってほしいターゲットにフォローしてもらうためには、ターゲットにとって有益な情報をより多く発信することです。

そうすることで、「このアカウント気になるからフォローしよう」と思ってもらえるわけです。
逆に有益な情報として受け取られにくいのは、日々の単なるつぶやきです。
これが通用するのは、ブランドとして名前が確立している芸能人だけだと思いましょう。

また、情報発信の内容が見る人を限定しすぎるものだと、情報が拡散されても、興味関心を惹きつけることが難しいです。

そして、Twitterはコミュニケーションツールです。
自分から他の人に関りを持とうとしなければ、相手からの関心も得られにくいです。
仲の良い人を作ることから、ファンが生まれます。

最後に、プロフィールやアイコンに統一性がなく、「どんな人で何を発信しているのか分からない」アカウントは正体不明なのでなかなか指示されにくい傾向があります。

 

Twitterマーケティングを始めるなら

Twitterマーケティングを成功に納めている企業は、Twitterマーケティングを始める前に必ず戦略を練ります。

Twitterマーケティングは上手く活用すると、非常にコスパの良い宣伝ツールへになります。
大事な広告塔なので、始めるにあたって十分な戦略を練ることは非常に重要なのです。

1.ターゲットを絞る
2.Twitterアナリティクスの活用
3.自社のキャラクター設定
4.強力なインフルエンサーを見つける

今回紹介したTwitterマーケティングで自社のファンを増やすために必要な4つのポイントを紹介しました。

新しい顧客を獲得するために、Twitter運用をぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。

今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング

最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事