現代のビジネスシーンでは欠かせない!webマーケティングのメリット

ネットユーザーへの訴求力は、現代のビジネスシーンでは不可欠なポイントです。
そのため、多くの企業がwebマーケティングに力を入れています。

この記事では、webマーケティングのメリットや成功事例を紹介していきます。

ウェブマーケティング

1. そもそもwebマーケティングって何をするの?

1-1 webマーケティングの定義

そもそも、マーケティングとは特定のターゲット層に商品・サービスを訴求して購買意欲をあおることです。インターネットでマーケティング活動を行うことを「webマーケティング」と呼びます。

たとえ魅力的な商品を開発できたとしても、その価値が消費者に伝わらなければ購買にはいたりません。
また、商品の存在自体が知られていないと売上にはつながらないでしょう。

現代社会ではインターネットを通じて多くの人が情報収集を行っているため、webマーケティングの重要性は高まっています。
ジャンルを問わず、多種多様な企業がwebマーケティングを導入しています。

1-2 webマーケティングはなぜ必要か

ここまでwebマーケティングが広まった背景に、「従来のマーケティングの効率性が落ちたこと」が挙げられます。
チラシや新聞広告を気にする消費者の数は減っており、新しいマーケティング手法が求められるようになりました。

また、ネットショッピングで商品を購入することが多い消費者に対しては、実店舗で行う宣伝活動も効果があるとはいえません。

まずはネット上で消費者の心をつかみ、商品・サービスを買ってくれるまでの流れを生み出すことがさまざまな企業にとって必須です。
さらに、ライバルよりも目立つwebマーケティングを行うためには、相応の工夫が重要です。

2. webマーケティングにはどのようなメリットが?

2-1 コストがかからない

まず、webマーケティングはチラシを作ったり、広告を載せてもらったりする従来の手法に比べてコストがかかりません。
web上には無料登録できるサービスもたくさんあり、それらを有効活用してマーケティングを行うことも可能です。

しかも、ネットユーザーは気に入った情報を拡散してくれる傾向が顕著です。
ときには、ほとんど手間がかかっていない投稿がネット中に拡散することも珍しくありません。

コストパーフォーマンスという点では非常に効率的です。

2-2 反響を解析できる

webマーケティングは、ネットユーザーの反応を詳しく調べられます。
自社のホームページに広告を掲載したとして、アクセス数などのデータを細かく収集できるため、次回以降のマーケティングに役立てられます。

SNSであれば、リツイート「いいね」の数が反響の指針になるでしょう。

2-3 投稿も更新もスムーズ

紙媒体のマーケティングは、内容を企画するまでに時間がかかります。
宣伝イベントを実行するにしても場所やスタッフを用意しなくてはならず、簡単にはいきません。

その点、webマーケティングは媒体さえ用意すれば手軽に投稿を行えます。
コンテンツを更新したり、内容を修正したりするのも自由です。

ネットユーザーは新しい情報を常に求めているので、マーケティングでもスピード感が大切です。
webマーケティングなら消費者の興味の移り変わりにリアルタイムで対応できます。

3. webマーケティングの手法を種類別に解説

3-1 さまざまな媒体でwebマーケティングは行われている

種類ごとにwebマーケティングの手法は異なります。
業種に合った手法を見出すことが重要です。

3-2 ホームページ

インバウンドマーケティングの基本として、ホームページは大切です。
商品やサービスに興味を持ったネットユーザーが詳細を調べるための場所は用意しておきましょう。

3-3 広告

アウトバウンドマーケティングの中心を担うのはネット広告です。
リスティング広告やアフィリエイト広告など種類はさまざまです。

内容が商品・サービスとは直接的に関係のないコンテンツでユーザーを集め、広告を貼り付けておく手法も広まっています。

3-4 SNS

無料でありながら拡散力を期待できるのがSNSです。
文字情報に優れたフェイスブック、視覚情報を訴求できるインスタグラムなど、商品に合わせて媒体を選びましょう。

3-5 メール

見込み客に対してはメールを送って新商品やセミナーの情報を伝えることもあります。
効率的に行うには、可能性の高い見込み客にしぼることが肝心です。

3-6 専用ツール

webマーケティングの精度を高めるためには、マーケティングオートメーション(MA)などの専用ツールを用いる方法もあります。
MAを使うと、アクセスしたユーザーの情報が自動的に可視化されるだけでなく、メール配信や見込み客の選別なども可能です。

また、企業内でマーケティングの反響を共有するためにも便利です。

4. webマーケティングのデメリットと注意点

4-1 デメリット

大きなデメリットは「時間」です。
webマーケティングは開始してすぐ爆発的な成果を生み出すような手法ではありません。

時間をかけて顧客との関係を構築し、メディアを育て、社会的な信用を得てからようやく機能し始めます。

しかも、メディアの成長途中に誤った情報を配信するなどのミスがあると、積み重ねた信頼は一瞬で消えます。

更新が手軽な一方で危険性も高いため、決して「適当に続けてもいい」手法ではないのです。

そのほか、インターネットや広告について専門的な知識のあるスタッフがいないと、ライバルよりも魅力的なコンテンツを生み出しにくいのもデメリットです。

4-2 注意点

webマーケティングで注意したいのは、「PVが目的にならないようにする」ことです。
そのほか、SNSでのRTや「いいね」などの数を稼ぐことだけに意識が傾かないよう注意しましょう。

確かに、広告の反響を測るうえでこれらの要素は大切です。
しかし、webマーケティングでは広告そのものが拡散したからといって、売上が増えるとは限らないのです。

たとえば、広告が稚拙でネットユーザーから馬鹿にされているため、悪い意味で拡散してしまうようなことも考えられます。

それに、PVだけを稼ごうと思って極端な投稿内容を量産するようになると、ネットユーザーの反感を買います。
マーケティングが炎上しないよう、投稿の質はコントロールすることが大事です。

ウェブマーケティング分析

5. webマーケティングの成功事例から学ぼう

5-1 キーワードに基づくコンテンツ作成

マーケティングの分野で大成功を収めた経営者向けのメディアは、専門のツールを利用して訪問者がどのようなキーワードを検索してサイトにたどりついたのかを解析しています。

そして、キーワードに基づいたコンテンツを作成しているので、ユーザーの需要に応える内容となっているのです。

その結果、運営会社の信頼は高まり、サービスの受注につながっています。

5-2 良質な記事を量産

驚異的な問い合わせを受けている某法律事務所は、webマーケティングで成功のきっかけをつかみました。ブログで良質なコンテンツを掲載し続け、ネットユーザーからの信頼を得たのです。

また、スマートフォンからアクセスしやすいようにサイトの設計を工夫するなどユーザーの満足度にもこだわりました。
webマーケティングはユーザーの信頼関係を強めるために有効だという事例です。

5-3 工夫をこらしたプロモーション

海外のあるお菓子メーカーは売れ行きの不調を打開するため、大胆なプロモーションを実行しました。それまでのトレードマークだったパッケージを、まったく違うものに変えたのです。

そして、パッケージ変更をwebで大々的に宣伝しました。
愛着のあるパッケージの変更に、消費者たちは議論を始めます。

しかし、メーカーの知名度も回復し、売上は急上昇したのでした。
インパクトのある戦略はwebとの相性が抜群です。

6. webマーケティングでビジネスの可能性を広げよう

コストや更新の手軽さはもちろん、webマーケティングに成功すればこれまで無関心だった層にも商品・サービスを知ってもらえます。

ビジネスの新しい可能性を広げるためには、webマーケティングの強化を検討してみましょう。

 

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事