20代で人生を変えたい人がやるべきことBEST5

こんばんは!FunTre株式会社代表の谷田部です。
「すごく簡単なことを変えるだけで人生に差がつく時間の使い方」を毎週公開しています。

20代は環境が変わったり出来ることが増えたり、行動範囲も広がってめっちゃ楽しい頃ですね。

本当に自由を感じて楽しい日々だと思います。
ただ、その自由には落とし穴もあるので気をつけてください。

ただ好きなことだけを楽しんで遊んでばかりいてしまうと、その後に苦労しなくてはいけないことも出てくるかと思います。

私自身も20代が楽しくて本当にたくさん遊びましたけど、がむしゃらに起業するために頑張っていたこともありました。

結果的にそれが良かったなと思えることもたくさんあります。

「人生を変えたい」「より良くしたい」という20代の方向けに、今日はその人のためにやるべきことBEST5をご紹介していきたいと思います。

5位 頼まれた仕事は断らない

仕事に追われる人

それでは20代で人生を変えたい人がやるべきことBEST5の第5位です。
「頼まれた仕事は断らない」ということです。

20代はとにかく可能性の引き出しを増やす時期だと思います。

自分が

・どんな仕事に合っているのか?
・ どんなことにワクワクするのか?
・ 世の中にどんな仕事があるのか?
・10代では見えなかった世の中の動きとか「世界」「仕事」「キャリア」

が分かってくるので、いろいろなことを見るほうがいいと思います。

新しい経験ができるのであればチャンスを大切にすることです。

20代で早くも自分の範囲や天井、限界をつくってしまっていると経験や知識が少ないので、30代になっても面白みのない人になってしまうかなと思います。

ですので、自分の可能性を広げるために20代では新しい経験をどんどんする、いろんな仕事をやってみるということをお勧めします。

4位 知らない場所に行く

旅行

それではBEST5の第4位「知らない場所に行く」ということです。

仕事でも遊びでもいろんな場所に行ってみる、いろんなことに参加してみる、顔を出すというのが大事かなと思います。

それは例えば大学のサークルでもいいと思いますし、会社の集まりでもいいと思います。

友達に誘われたイベントでもどこか旅行に行くということでもいいと思います。

20代というのは自由も多いので、いろんな場所に行ってさまざまな経験をすることに越したことはないと思います。

私は20代のときに大学の自転車サークルの部長をやっていたんですが、70人くらいいる部員と一緒に北は北海道、南は九州まで自転車で日本中を旅しました。

自転車でテントと鍋を持って野宿して移動していくような旅で、けっこう過酷なんですが、いろんな経験をさせていただきました。

例えば、北海道ではダンボール箱いっぱいのじゃがいも農家の方がくださったり、険しい山に自転車で登って最後、仲間と達成感で涙を流したり、野宿中に強い人たちに襲撃されたり、いろんなことがありました。

ただこれって、すべてそのときにしか経験できないことだったので、今でもその経験は活かせているかなと思います。
すごく大切なものになっています。

いろんな場所に行っていろんなことに参加して、さまざまな経験をするというのはお勧めです。

3位 自分で決めた勉強

勉強

それではBEST5の第3位「自分で決めた勉強をする」ということです。

取りたい資格や興味を持ったことに対する勉強をしっかりと20代のうちにしておくというのはお勧めです。

ちなみに大学や専門学校の勉強はほとんど役に立たないと思ったほうがいいと思います。

私自身も社会人になってからそこまで全部は使わなかったかなと思います。

30代、40代で何かを成し遂げるには、自分で勉強すべきことを自分で決めて、しっかり勉強するというのが大事かなと思います。

例えば人生でやりたいことに役立つ資格とか、大会やコンテストに出場するための勉強やトレーニングとか、会社の研修や企画に参加して努力するということも大事だと思います。

ぜひやってみてください。

2位 自分が望む未来に繋がるような場所に所属する

それではBEST5の第2位「自分が望む未来に繋がるような場所に所属する」ということです。

環境が人の成長に与える影響はとても大きいです。

30代、40代と人生でやりたいことが決まっているのであれば、その環境に自分の身を置いておいてみる。足だけでも突っ込んでみるというのはすごくお勧めです。

これは必ずしも自分が最初に入った会社でなくてもいいと思います。
自分のやりたいことが 見えてきて、「あぁこういうふうになりたいな」ということが分かったら、それがある環境に身を置くというのは大事です。

環境をつくることでやっとスタート地点に立つことができるんだと思います。
例えば、起業したいと思ったら起業している人たちと仲良くなるとか、やりたいことの環境に身を置くことが大切です。

海外で働きたいと思ったら、同じような志を持つ方々がいる場所に行ったり、英語を勉強できる場所に行ってみるのもやりたいことを叶える近道になるのではないでしょうか?

将来なりたい職業や必要な資格があったら、そのスクールに通ってみるとかまずは足を踏み入れてみるというのも大事かなと思います。

もちろん、さらに踏み込んでその環境に入るだけではなくて、自分が人生で成し遂げたいことが決まっていて、挑戦できるチャンスがあったらダイレクトに挑戦し始めてしまうというのもいいと思います。

もしまだそこまでの勇気がないという場合は、まずは環境に身を置く、足を踏み込んでみる、というだけでもやってみてください。

ここで大切なのは「自分にはまだ早い」と出し惜しみしてしまうのは絶対ダメです。

出し惜しみが人生において1番のもったいない時間になります。

20代で環境や土台をつくって30代、40代でチャレンジできるように、まずはその場所に身を置いてみるというのは大事ですのでぜひやってみてください。

1位 自分が憧れている人に会いに行く

憧れる

それではBEST5の第1位「自分が憧れている人に会いに行く」ということです。

環境と同じく、人との出会いが人の成長を促す場合もあります。

もし明確に「絶対これだ」というやりたいことが決まっていなくても、憧れている人がいたり「こうなりたいなー」って思う人がいたら、会いに行ってみるのも良いのかなと思います。

例えば、自分が興味を持っている業界で活躍している人達に会いに行ってみるのもいいと思いますし、憧れている経営者さんがいたら、その経営者さんにコンタクトを取ってもいいと思います。

すごくためになった本の著者さんがいたら、その方にも連絡を取ってみてもいいかもしれません。

尊敬している有名な先生がいたら、その人に会って話を聞いてみましょう。

意外と「こんな人には会えない」と思っている人でも、情熱を伝えれば会ってくれる場合も多くあります。

ただここで大事なのは、その人に会うことを目標にしてしまうのはあまり良くないので、質問したいこととか、得たいことを明確にしておく。

「会えてよかった」という自己満足にしないように、こういうことを聞く、こういうことを手に入れる、こういうことを知りたい、ということ決めて行ってください。

またこれも先ほど一緒なんですが、「自分にはまだ早い」「勇気がない」という形で、出し惜しみしてはいけないと思います。

まずはダメ元でチャレンジしてみるというのが大事だと思います。

20代を楽しいだけで過ごしてしまわないように

飲み会

いかがでしたでしょうか?
20代は本当に楽しいです。

だけど、楽しんでるだけだとその後の人生が辛くなる可能性もあります。

20代後半から30代に入ると、何かと自分自身以外のことで忙しくなってきます。

楽しくて自由な時間があるっていうのは20代の特権なので、その時間を大切に過ごして、少しでもその後の人生を豊かにできるようにしていきましょう。

それでは今日も復習していきたいと思います。

20代で人生を変えたいと思う人がやるべきことBEST5

第5位 頼まれた仕事は断らない
第4位   知らない場所に行く
第3位   自分で決めた勉強をする
第2位   自分が望む未来に繋がるような場所に所属する
第1位   自分が憧れている人に会いに行く

ということでした。

ぜひ参考になれば幸いです。
それでは今日はこの辺で失礼します!

動画でもご覧いただけます

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル


【ファンを10000人つくる】YouTube2021年度版徹底攻略マニュアル無料プレゼント!

youtube2021年度版徹底攻略マニュアル

 

 

【無料プレゼント!】WEBの知識やスキルゼロでもLINE公式アカウントを使い集客する方法!

LINEマニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事