オンライン講座の作り方!自分だけの魅力的な講座を作ろう

オンライン講座に興味は持っていても、何から始めていいのかわからない人は多いかもしれません。
また、実際にメリットや需要はあるのか疑問を持つこともあるでしょう。

そこで、初めてでも挑戦しやすいオンライン講座の作り方や運営するメリット、利用者の評価などを紹介していきます。

オンライン講座

1. そもそもオンライン講座とは何か?

オンライン講座とは、簡単にいえばインターネット通信を利用して教室を開くことです。
通常、教室を開くには必要な広さの空間や教材を用意し、そこに受講したい人を募って実施されます。

これに対してオンライン講座は、インターネット通信が使える環境さえあれば教室を開くことができ、どこからでも受講することが可能です。
オンラインで学習する方法といえば、YouTubeに代表されるような動画サイトで配信される無料タイプもあります。

どちらもインターネット通信によって自分が学びたいことを吸収できることに変わりはないでしょう。しかし、オンライン講座と無料で利用できる学習動画には基本的に大きな違いがあります。

無料で配信されている学習動画の場合、一度配信されれば内容が更新されることはほぼありません。
そのため、視聴者は同じ内容を繰り返し見ることになります。
つまり、情報が古くなってしまえばそれだけ視聴される頻度は下がるといっていいでしょう。

これに対して、有料のオンライン講座は常に内容が更新され、リアルタイム配信も一般的です。
さらに、受講者を集めるために他よりも優れた学習方法や最新の情報を提供するために力を入れているケースが多いといえます。

受講者がいかに効率的に知識を吸収できるか研究されており、利用できる機能や教材が充実しているのもオンライン講座の特徴です。

オンライン講座

2. WordPressを使ったオンライン講座の作り方

2-1. WordPressでの基本的な作り方

オンライン講座を用意する方法にはいくつかありますが、WordPressを利用すると費用をかけずに作ることが可能です。
ここでは、WordPressでのオンライン講座の作り方を紹介します。

いきなりリアルタイム配信はハードルが高いので、あらかじめ動画を作成しておき、YouTubeにアップしてから作成すると簡単です。

・WordPressの設置

はじめに、レンタルサーバーにWordPressを設置します。
サーバーによっては簡単なステップでWordPressを設置できる機能があらかじめ付いています。これからサーバーを用意する場合は意識しておくといいでしょう。

ここでは、Xサーバーでの設置例として説明していきます。Xサーバーのサーバーパネルに「WordPress簡単インストール」という項目があるのでクリックします。

ドメイン選択画面に変わったら「選択する」をクリックしてインストール画面を表示させましょう。
続いてインストールURL、ブログ名、ユーザ名、さらにパスワードとメールアドレスを入力し、確認してから最後に「確定」ボタンをクリックして完了です。

 

・WordPressの設定変更

 

続いてWordPressにログインし、設定を変更しておきます。
まず変更しておきたいのはテーマです。

テーマとは全体のデザインのことで、オンライン講座の内容に合ったものを選ぶと印象を良くすることができます。
次にユーザー名とパーマリンクの設定も変更しておきましょう。
ユーザー名はオンライン講座をイメージしやすい名前を選ぶのがポイントです。

また、ブログの表示名も併せて変更することも忘れてはいけません。
ユーザー名の変更は画面左側にあるメニューから選択できます。

パーマリンクはURLをシェアするために必要です。
変更するには画面左側から「設定」、「パーマリンク設定」と選択します。
デフォルトでは「基本」にチェックされていますが、「投稿名」にチェックすれば終了です。

・必要なプラグインのインストール

 

ここまでできたら、次に必要なプラグインをインストールします。
プラグインとはさまざまな機能を加えるもので、WordPressをさらに使いやすくすることが可能です。今回は「Password Protected」と「Intuitive Custom Post Order」、さらに「Disable Comments」の3つをインストールします。

まず画面左側から「プラグイン」を選択して「新規追加」をクリックします。
すると、さまざまなプラグインが表示されるので、右上の検索ボックスに先ほどの3つのプラグイン名を1つずつ入力して表示させましょう。

目的のプラグインを選択して「今すぐインストール」をクリックし、「有効化」になったら完了です。

 

・用意しておいた動画を埋め込む

最後に、用意しておいた動画を埋め込みます。
はじめにYouTubeから動画を開いて「共有」、「埋め込む」と進んだら表示されているURLをコピーします。

続いてWordPressに戻り、画面左の「投稿」から「新規追加」をクリックして「テキスト」を選択したまま先ほどのURLをペーストして貼り付けましょう。
貼り付けができたら、「テキスト」から「ビジュアル」に切り替えると動画が表示され、確認できます。

このとき、投稿タイトルも一緒に入力します。
ここまでできたら「公開」または「下書きとして保存」をクリックして終了です。
動画をYouTubeにアップする際は「限定公開」にしておくのも忘れないようにしましょう。

 

オンライン講座を作る

2-2. レンタルサーバーの選び方と借り方

レンタルサーバーにはいろいろあり、利用料金にも違いがあります。
WordPressを使うなら、ここで紹介したXサーバーの他にロリポップやさくらのレンタルサーバーなどがいいでしょう。

レンタルサーバーを借りるには、まず公式サイトから申し込んでドメインを取得するだけです。
レンタルサーバーごとに料金プランやサービスはさまざまに用意されているので、予算を考えながら機能を比べてみるといいかもしれません。

3. オンライン講座を開くメリットと注意点

3-1. オンライン講座で得られるメリット

説明したように、教室を開設するにはさまざまな準備が必要ですし、相応の費用がかかります。
たとえ複数回の講座やセミナーを開催するだけでも、場所を押さえたり受講者を募集したりといった準備に時間を要することになります。

そこまで準備をしても、受講者が十分集まらない場合には継続は難しいものになるでしょう。
その点、オンライン講座なら場所を用意する必要はありません。費用を抑えることができるのもメリットです。

オンライン講座は、受講者にとっても大きなメリットがあります。
受講したい講座やセミナーがあっても、自宅から離れた場所であったり時間帯が合わなかったりすれば受講をあきらめてしまう人もいるでしょう。

しかし、オンライン講座であれば場所や時間に縛られずに受講が可能です。
また、人気講師などリアルな教室では参加人数がすぐにオーバーしてしまう講座でも受講しやすいというメリットもあります。

経営する教室とは別に、補足的な位置付けで利用できるのもオンライン講座のメリットです。
例えば、遠方でリアルタイムでの受講ができない人に向けて学習動画を用意するのもいいでしょう。

または、しっかり覚えたい部分だけをピックアップし、受講者がいつでも復習できるオンライン講座を用意するという使い方もできます。
オンライン講座なら、自然災害や感染症の流行などで外出が難しい場合でも、必要な人に学習の場を与えることが可能です。

オンライン講座の作成手順

3-2. オンライン講座を開く際の注意点

オンライン講座を開く際は、誰もが利用できる環境を用意しましょう。
そのためには、さまざまなデバイスから受講できることが理想的といえます。

ただし、機能性や見やすさを考えればパソコンで受講できるようにしておくことが基本です。
OSの種類やバージョンを考慮して作成するのも重要な注意点といえます。

また、有料である以上は誰もが自由に閲覧できるサイトであってはいけません。パスワードの設定も忘れないように注意しましょう。

4. ニーズに合った講座を提供するためのポイント

オンライン講座を長く維持していくには、受講者のニーズを満たしているかどうか常に把握しておくことが重要といえます。
そのうえで工夫したり改善を加えたりするといいでしょう。
どのような講座を開くかでも変わってきますが、人気講師の採用や話題の学習方法をいち早く取り入れるのも大切なことです。

WordPressの場合でいえば、「StatPress Reloaded」や「WassUp Real Time Analytics」などリアルタイムでアクセス数などを把握できるプラグインが利用できます。
また、リアルタイム配信ではない場合でも、アクセス解析をはじめ基本的な情報収集が可能な「Jetpack」などがあります。

これらのプラグインを活用することで受講者のニーズや視聴する時間帯などを分析し、飽きさせないオンライン講座の提供を心がけていきましょう。

オンライン講座を作ろう

5. 講座運営者にも受講者にも評価は高い

5-1. オンライン講座運営側の感想は?

オンライン講座を運営している人の中には、リアルに接することを重視したいという考え方を持つ人もいます。
しかし、実際にオンライン講座を立ち上げてみると、インターネット通信だけでもコミュニケーションは十分にとれると感じた人は多いといえます。

最低一回は面会しておかないと築けないと思っていた信頼関係も、十分構築できているケースがほとんどです。
また、受講者の利便性を優先するためにオンライン講座にこだわっているという運営者も存在しています。たしかに、オンライン講座なら受講者にいつでも学習のチャンスを与えることは可能で、筆者もこの考え方には賛同できます。

5-2. 実際に受講している人の評価

オンライン講座を受講している人にとって高い評価が見られるのは、実際に会うことが難しい講師の講座やセミナーを受けられることです。
特に有名講師の場合は対面で講座を受けることはなかなかできません。

特に遠隔地の場合は、気になるセミナーがあっても参加が難しいこともあります。
しかし、オンライン講座なら場所に関係なく興味がある講座を自由に受講できます。

ライブ配信であればその場で受講しているという臨場感も得られるでしょう。
リアルタイムであれば質問が可能な点も高く評価されています。筆者も、注目している実業家や興味を持っている分野のセミナーがあれば、ぜひ参加してみたいですね。

オンライン講座を作る

6. オンライン講座は意外と簡単でメリットも多い

以上、WordPressで簡単にできるオンライン講座の作り方について説明してきました。
オンライン講座はメリットがたくさんあります。

得意分野はあっても対面は苦手という人にもオンライン講座から自分の教室を持つことが可能です。
筆者も個人的に興味が湧いてきました。
初心者では難しいと迷っていた人は、ぜひ気軽に挑戦してみましょう。

無料プレゼント!

Youtubeマニュアル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事