【SEO対策】クリック率が上がる“タイトルタグ”5つの法則

SEO対策において、記事をGoogle検索の上位に上げるためには、タイトルタグ(=タイトル)の内容が非常に重要です。

例えば、調べたいキーワードで検索した時、毎回必ず、上位1位の記事を読むでしょうか?

おそらく、多くの方が、

・上位であること

・読みたいと感じたタイトルタグ

をもとに、そのページをひらくのではないでしょうか。

では、“読みたいと感じるタイトルタグ”とは、一体どのようなものなのでしょうか?

今回の記事では、SEO対策における、思わず「この記事読みたい!」と感じさせるタイトルタグの作り方をまとめました。

1. タイトルタグとは?

ここでいうタイトルタグとは記事タイトルのことを指し、ディスクリプションタグとは、Googleに表示される記事の説明文のことを言います。

タイトルタグと同じく、ディスクリプションタグもまた、興味をひくキーワードと内容を盛り込むことでクリック率を加速させるので、必ず入力するようにしましょう。

 

1-1. SEO対策でどのような効果をもたらすか?

タイトルタグが重要な理由は、冒頭でお伝えしましたね。
では、SEO対策において、どのような効果をもたらすのでしょうか?

まず、タイトルタグは、Google側が、その記事の内容をもっとも分かりやすく、かつ具体的に・簡潔に表しているという前提で評価をしています。

ですので、タイトルタグ対策=Google対策に直接繋がるというわけです。

 

1-2. ユーザーが本当に欲しい情報をタイトルタグに

とはいえ、いくら上位に上がりたいからといって、SEOキーワードをただ単純に並べただけのタイトルタグでは、効果は見込めません。

一番重要なのは、コンテンツの中身が充実していることなのはもちろんのこと、

・タイトルタグと本文の内容がかけ離れていないか?
・本当にユーザーが欲しい情報が盛り込まれているか?

これらに気をつけたいところです。

よく、新人ライターやWeb編集者にありがちなのが、“ひきのあるタイトルタグ”をつけるために、誇張したタイトルタグになってしまうことがあります。

かくいう筆者も、「タイトルタグと本文の中身がずれている」「これは言い過ぎ!」とよく注意を受けたものです。

もちろん、クリックしてもらうために、ある程度誇張させるのは良いですが、やはり、サイトの信頼性を考えると、その塩梅には気をつけましょう。

 

2. クリック率が上がるタイトルタグのつけ方(基本編)

2章からは、効果的なタイトルタグのつけ方を、具体例を交えながら紹介していきます。

まず、基本的におさえていただきたいのは、これら3項目です。

狙いたいキーワード+具体性

ユーザーが得られることを明確に

伝わる文脈になっているか?

順番にご説明していきます。

 

2-1. 狙いたいキーワード+具体性

もっとも重要なのは、記事の内容がタイトルタグに反映されているか? ということです。

と同時に、タイトルタグを一読しただけで、“その記事がどんな内容なのか?”が瞬時に分かるものが良いです。

これについては前章でも少し触れましたが、タイトルタグと記事の内容にギャップがあると、一時的にPVは上がっても、満足度が下がるため、離脱率が高まったり、コンバージョン(※1)も見込めません。

では、瞬時に記事の内容が分かるタイトルタグとは、どういうものなのでしょうか?

傾向として、狙いたいキーワード+具体性を明確にすると、記事の内容が伝わりやすくなります。

※1:コンバージョンとは
Webサイト上で得られる最終的な成果のこと。何をもって成果とするかはそのサイトによって異なる(ECサイトであれば商品購買数だったり、メールマガジンなどの登録数などに設定しているサイトもある)。

 

ここで、少し例を挙げながらご説明していきます。

例えば、狙いたいキーワードが「SEO WordPress」だとします。

この場合、記事の内容が“WordPressにおける記事の書き方”なのか、“WordPressにおける内部対策”なのかによっても、全くタイトルタグの作り方が変わります。

記事の書き方について書かれた記事であれば、「SEO WordPress 記事の書き方」の3語は必ず入れる単語になりますし、WordPressの内部対策であれば、「SEO WordPress 内部対策」は必ず入れなければならない単語です。

この「SEO WordPress 記事の書き方」「SEO WordPress 内部対策」を軸にし、さらにクリックしたくなるような装飾をしていきます。その詳しい方法については後述いたします。
 

2-2. ユーザーが得られることを明確に

クリック率を上げるためには、さらにユーザーが得られることを具体化していきます。

先ほどの「SEO WordPress 記事の書き方」を例にご説明していきます。

例えば、その記事の特徴が

・集客が見込める内容
・初心者でも分かる
・WordPressの記事を投稿する方法

なのかによって、タイトルタグに加える内容が異なります。

つまり、記事ごとのペルソナ(※2)を明確にすることで、精度があがります。
※記事のペルソナ設定については、また別の機会にご説明できたらと思います。

今回、ペルソナが「初心者」だった場合は、ベースとなる「SEO WordPress 書き方」にプラスして、「初心者でも分かる」「初心者向けの」などといった単語を入れることで、さらにユーザーの心に響きやすくなります。

※2:ペルソナとは
主にマーケティング業界で使われる用語で、サービス・商品のユーザー像のことを指す。ペルソナを決める時には、実際にそのユーザーが実在しているかのように考え、性別・年齢・年収・家族構成・趣味・価値観など、詳細にリアルに考える。

 

2-3. 伝わる文脈になっているか?

意外と、陥りやすいのがこのケース。

理論では、SEOキーワードを羅列すれば上位に上がることは可能です。
冒頭でも少し触れましたが、いくら1位の記事でも、ただ単純にキーワードが並んだだけの記事は、どこか無機質・無感情な印象を与えてしまいます。

広告のキャッチコピーや雑誌の見出しなどを見ると、思わず読みたくなるタイトルタグが並んでいますね。

Webであっても、相手はどこまでいっても、人。
ユーザーを思わず唸らせるようなタイトルタグで、クリック率アップを目指しましょう。

 

3. クリック率が上がるタイトルタグのつけ方(応用編)

3章では、応用編として、さらに詳しくご説明していきます。

主に、この5項目をおさえることで、さらに効果的なタイトルタグを作ることが可能です。

文言はできるだけ短くまとめる

同じキーワードは複数回使用しない

記号を使用して目立たせる

数字を使用する

狙うキーワードで上位サイトを検索

 

3-1. タイトルタグはできるだけ短くまとめる

タイトルタグにおいては、32文字以内にすることをおすすめします。
理由は、これ以上だと、GoogleやYahoo!で省略されてしまうためです。

また、「重要なキーワードは左側に置いた方が良いか?」という質問が多くありますが、絶対ではありませんが、できれば左側に配置しましょう。

実際のところは、以前のSEOの概念では文頭に近いほど効果的でしたが、今はそれほど影響はありません。しかし、万が一後方に配置したためにタイトルタグが省略されてしまった場合、一番伝えたいことが伝わりにくくなります。

さらに、Googleは、左から右の横書きの仕様になっています。
ユーザーの視線も左から右に流れるので、左側に重要なキーワードを置いた方が、目に留まりやすいです。

例外として、左側に配置することを優先するばかりに、不自然なタイトルタグになってしまうことがありますが、この場合は“伝わる文脈”を優先させましょう。

また逆に、タイトルタグが短すぎてもGoogle側で省略されてしまう場合があります。
ですので、だいたい32文字弱くらいを目処にするとよいでしょう。

 

3-2. 同じキーワードは複数回使用しない

次に重要なのが、この項目です。

SEOキーワードを複数回入れれば順位が上がる、ということはありません。
むしろ、Google側にスパムと思われる危険性もあります。

タイトルタグはできるだけ簡略化したいので、狙いたいキーワード及び似た意味合いの単語は繰り返さないようにしましょう。

例)

キーワード SEO ライティング
ペルソナ SEO初心者のライター。
ブログやコラムなどの記事の経験が多い。
結果を早く出したいため、月に10本ペースで書かなければならない。
SEOライティングにおいておさえるべき基本事項を知りたい。
結果の出るSEOライティングを知りたい。

上記のペルソナの場合で良くない例のタイトルタグを考えてみました。

1. SEOに効果的! 初心者もすぐできるSEOライティングの方法

2.初心者もすぐできる! SEOライティング5つの絶対ルール

どちらも赤字の部分が、単語の意味が重なっている部分になります。

詳しく見ていきます。

1.SEOに効果的! 初心者もすぐできるSEOライティングの方法

こちらの方は、明らかに「SEO」が重なっているのと、狙うキーワードである“SEOライティング”が後方にきてしまっているので、できれば左側にもってきたいところです。

 

2.初心者もすぐできる! SEOライティング5つの絶対ルール

こちらは、「できる」と「ライティング」は別の言葉ですが、文脈上、初心者=ライターであることは想像できるので、できれば別の言葉で置き換えたいと思います。

 

これらのことを踏まえ、修正したタイトルタグがこちらになります。

例)
“SEOライティング”初心者がおさえるべき5つの絶対ルール

SEOライティングを“ ”(ダブルクォーテーション)で囲って目立たせることで、後の「初心者」と差別化できます。
さらに、“初心者”という言葉が入ることで、よりターゲットに響きやすくなります。

 

3-3. 記号を使用して目立たせる

先ほども紹介させていただいた通り、キーワードを“ ”(ダブルクォーテーション)や【 】など、記号で囲むことで目に留まりやすくなります。

例)
【SEOライティング】確実な上位表示に必要な基本項目7つ

 

3-4. 数字を使用する

また、数字を入れることで具体性が増すので、ユーザーに、その記事のクオリティが高いことを印象づけることができます。

例)
【SEOライティング】確実な上位表示に必要な基本項目7つ

【SEOライティング】確実な上位表示に必要な基本事項

上記を見比べてみても、数字がある方がユーザーは具体的に想像することができるため、クリックしたくなります。

数字を入れて、より具体性を高めてください。

 

3-5. 狙うキーワードで上位サイトを検索

最後に、競合他社の調査をしましょう。

SEOライティングを行う時には、最低でも上位5サイトの記事の内容を調べます。

同様にタイトルタグに対しても、すでに検索上位に上がっているサイトは、お手本になります。

上位に上がっているサイトを見比べて、

・キーワードをどのように使っているか?
・クリックしたくなるような言い回し
・キーワードを自然に入れるにはどうしたらいいか?

などをチェックしましょう。

競合サイトは、最大の敵にして、最大のお手本なのです。

もちろん、ほぼ真似て単語だけ改変する、などどいうことは、Googleのペナルティを受けてしまうので、あくまで研究・参考程度にとどめておきましょう。

これら5項目を踏まえた上で、サイト内の各タイトルが似通ったものにならないよう、気をつけましょう。

なぜなら、Google側が同じコンテンツを嫌うため、タイトルタグが似通ったものだと同じとみなされ、ペナルティを受ける可能性があるからです。

クリック率が上がるタイトルタグには法則性はありますが、それぞれの記事に個性が出るように工夫をしましょう。

 

4. さらに興味のひくタイトルタグにする方法

さて、続いては、さらにクリック率を上げるべく、いくつかの手法をお届けしていきます。

ここでは主に、

感情にうったえかけるひと言を

ノウハウ系

地名を絞る

この3つの方法をお伝えしていきます。

 

4-1. 感情にうったえかけるひと言を

SEO対策を行っていると、つい機械的な文章に陥ってしまいがちなのですが、ところどころにユーモアがあったり、感情にうったえかけるような言葉を使い、“知りたい!”という欲求を促す必要があります。

「マーケットのターゲットは女性に」という言葉をよく聞きますが、それは、女性の方が感情が動きやすいとされているからですね。

衝動買いも、圧倒的に女性の方が多い傾向にあります。

記事にも、この原理を応用しない手はありません!

では、どうしたら、顔の見えないお客様の感情を動かすことができるのでしょうか?

 

4-1-1. 簡単・時短・便利系

女性がターゲットの場合、このキーワードは特に有効です。

よく、料理メディアや生活便利系、コスメなどといった、女性系メディアにはこの単語が並んでいます。

・簡単
・時短
・便利
・楽
・手軽
など、“今よりプラスになる”イメージの単語を使用すると良いでしょう。

例)

キーワード 時短 メイク
ペルソナ フルタイムで働くママ。
朝時間がとにかく忙しい。
もう少しゆっくりしたい。
メイクに手間をかけたくない。
でも綺麗にメイクしたい。

例)
【時短メイク】たった5分で仕上がる“最強テク”まとめ

特に、簡単・時短・便利の3大要素は、女性には人気ですよね。
これらの要素+具体的な単語を組み合わせることで、“どのような内容の記事”か想像しやすくなります。

このように、“ユーザーが得られること”を先に提示してあげると、クリックしやすくなります。

 

4-1-2. 疑問系

次に、ユーザーに投げかける疑問系もおすすめです。

・なぜ、〜なのか?
・なにが〜という結果をもたらしたのか?
・〜である理由とは?

など、ユーザーに“答えを知りたい”という欲求をわかせる効果があります。

傾向として、ニュース系や社会問題を扱う記事などに多く見られます。

 

例)

キーワード リモートワーク 導入
ペルソナ リモートワークを導入するか迷っている社長。
出来るだけ人件費を抑えたい。
すでに導入している企業の情報を知りたい。
リモートワークのメリット・デメリットを知って検証したい。

例)
なぜ今、“リモートワーク”を導入する会社が増加しているのか? メリット・デメリット徹底解説

こちらは、32文字以上は超えていますが、「〜増加しているのか?」までで30文字なので、記事の内容は伝えることができます。

導入部分で、ペルソナが知りたいことを投げかけることで、クリックを促します。

 

4-1-3. 共感系

ユーザーは、同じような立場になって共感してくれる言葉にもひかれます。

例えば、何か心配事があって記事を調べた時、さも“ユーザーの気持ちを代弁”したかのようなタイトルタグがあったらどうでしょうか?

思わずクリックしたくなってしまうのではないでしょうか。

 

例)

キーワード 家事 動線 間取り
ペルソナ そろそろ引越しをしようと考えている主婦(夫と子どもの3人暮らし)。
もっと家事が楽になる間取りにしたい。
家事動線があまり良くない。
ちょっとした工夫で家事動線が楽になる方法を知りたい。

例)
なかなか片付かない…“理想の家事動線”間取り10選

ここでは、「なかなか片付かない…」という言葉を入れることで、ペルソナの気持ちの代弁をはかり、共感を得る作戦です。

ほか、「もっと楽になる」「これは便利!」など、ペルソナの気持ちに寄り添った内容が良いでしょう。



4-1-4. 不安・煽り系

こちらは、先ほどとは真逆の方法で、ユーザーの注目を集める方法です。

・本当に大丈夫なのか?
・実は知らないだけ?
・今さら聞けない

など、不安感を煽ることで、「何だか気になってきた……」「本当に大丈夫だろうか」という気持ちにさせ、クリック率を上げる手法です。

 

例)

キーワード ダイエット 糖質制限
ペルソナ 夏に向けてダイエットをしようと試みている30代女性。
今までさまざまなダイエットをしてきたが途中で挫折。
糖質制限が一番効果があると聞いたが、本当に大丈夫だろうか?
好きなものを食べたいだけ食べて楽して痩せたい。
運動は好きじゃない。

例)
【ダイエット】実は怖い、糖質制限を1年続けた人の体内環境

このように、「もしかして知らないのは自分だけなのでは?」「今のままで大丈夫なのだろうか?」という心の隙を狙った手法になります。

記事のうちいくつはこのように不安感を煽るタイトルタグにしても良いと思いますが、サイトの大多数をこのジャンルで攻めてしまうと、少し挑戦的な印象を与えてしまうので、時々スパイスとして使用するには良いかと思います。

 

4-2. ノウハウ系

こちらは、ノウハウ系のメディアや、知識、教育系、健康系で多く使われる言い回しです。

・〜の方法
・〜のポイント
・〜の選び方
・〜を解決
・〜の効果

などといった言葉が使われていることが多いです。

このジャンルの記事を欲しているユーザーは、より“分かりやすく”“確実に解決する方法”を求めています。

専門性をうたったり、その道のプロということがタイトルタグに含まれていると、安心感・信頼感につながるので、積極的に使うようにしましょう。

例)

キーワード SEO キーワード
ペルソナ Web担当者。
月間100万PVのサイトを立ち上げることを上司から命じられ、まずはSEO対策からはじめようと考える。
SEOのキーワードの取得方法を知りたい。
SEOの記事は専門ライターに任せるため、欲しいキーワードだけ提出したい。
確実に数字が取れるキーワードの探し方を知りたい。

例)
1ヶ月で効果が出る! SEOキーワード選定のコツ&お勧めツール5選

ノウハウ系なので、「すぐに答えを知りたい」「具体的な答えがこの記事には書かれていそうか?」がクリック率を左右します。

ですので、数字を使用したり、“どういう効果が得られるのか?”を具体的に示すと良いでしょう。

 

4-3. 地名を絞る

ターゲットの地域が限定されいるのでしたら、地名は必ずタイトルタグに入れてください。

・都道府県、市区町村
・最寄りの駅、路線名
・徒歩〜分
・首都圏〜分

・駅近

などの細かな情報を入れていきましょう。

検索ボリュームは、大きければ大きいほど良いということでもありません。その分、競合サイトも増え、上位に入る難易度も上がります。

地名を限定することで、その地域の方の検索にかかった時に目に留まりやすくなりますし、コンバージョン率アップも見込めます。

 

例)

キーワード  江戸川区 徒歩5分 賃貸マンション
ペルソナ  引越しを考えている妻。
夫の仕事の関係で江戸川区を希望。
◯◯駅または××駅を考えている。
賃貸マンションが良い。
自分も働いているため、駅近が良い。
保育園が近隣にある方が良い。
スーパーや病院などは近くにあるか?
公園など緑がある方が良い。

例)
江戸川区賃貸「◯◯駅徒歩5分圏内マンション」物件一覧【◯◯不動産】

このように、江戸川区だけでなく、◯◯駅徒歩5分と入れることで、さらに競合が減るため、ユーザーが検索した時にヒットしやすくなります。

地名がはっきりしている場合は、とにかく具体名称を入れ、差別化をはかりましょう。

 

5. 良タイトルタグの研究方法

これまで、各タイトルタグごとに例を挙げてご紹介してきました。

タイトルタグのクオリティを上げていくには、同キーワードで上位に上がっているサイトをお手本にする、ということでしたね。

実はほかにも、研究対象となる方法があるのです。

それは、雑誌などに書かれている見出しです。

流行語はTVなどのメディアから生まれるように、多くの出版社から、“流行語”がいくつも誕生しています。

雑誌から生まれた言葉をWebがひろい、広まっていくという仕組みなのです。

また、通常編集部では、見出しを決めるのに何度も数人で校正をします。また、広告のキャッチコピーもまさに一言入魂ですね!

Web媒体と誌面では、言葉じりなど多少異なりますが、本質は同じです。

タイトルタグにバリエーションをもたせたい時に、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

6. まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後に、この記事でお伝えした内容をこちらにまとめます。
タイトルタグを作成する時に、最後のチェック項目として活用いただけたらと思います。

 

<基本編>
・狙いたいキーワード+具体的な単語を入れる
・ユーザーが得られることを明確にタイトルタグに入れる
・伝わる文脈になっているか?

<応用編>
・タイトルタグはできるだけ短くまとめる
・同じキーワードは複数回使用しない
・記号を使用して目立たせる
・数字を使用する
・上位サイトを検索してタイトルタグを研究する

<さらに応用編>
・感情にうったえかける方法
・ノウハウ系
・地名を絞る

 

いくらSEO対策といっても、最終的にクリックボタンを押すのは人。

ユーザーにとって、「本当に必要な情報は何だろうか?」「本当に欲しているものは何か?」を徹底的に考えることが、クリック率を上げるための、一番の近道なのだと思います。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事