Webマーケティングに向いている人の6つの特徴とは?おすすめスクールも紹介

自分がWebマーケティングに向いているのか知りたい
Webマーティングって何から始めれば良いの?

これからWebマーケティングを始める方の中には、上記のような疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

Webマーケティングの仕事はデータや数値の分析、継続的な改善活動、トレンドを押さえた企画立案など、業務内容が幅広く時代にあわせてさまざまなスキルを付ける必要があります。そのため、人によっては向き不向きが分かれやすい職業の一つといわれています。

本記事では、Webマーケティングに向いている人の特徴と向いていない人の特徴、Webマーケティングの始め方について詳しく解説します。Webマーケティングのおすすめスクールも紹介しているので、参考にしてください。

1. Webマーケティングに向いている人の6つの特徴

Webマーケティングに向いている人

Webマーケティングに向いている人の特徴は、以下の6つです。

  • 好奇心旺盛な人
  • データや数値の分析が好きな人
  • 粘り強く継続できる人
  • 心理学が好きな人
  • 失敗を恐れない人
  • IT・Webサービスが好きな人

以下では、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

1-1. 好奇心旺盛な人

新しいスキルを身に付ける、流行やトレンドをキャッチするのが好きな好奇心旺盛な人が向いています。

Webマーケティング業界は、GoogleやYahoo、TwitterやInstagramなど扱う媒体が幅広いためそれぞれの媒体にあった知識やスキルが必要です。

そのため、情報感度が高く積極的に知識やスキルを付けていきたいという姿勢が大切になります。

また、時代とともに変化する市場で集客するには、トライアンドエラーを繰り返す必要があります。トライアンドエラーを繰り返す中で、流行やトレンドをキャッチし新しい視点で改善策を見つけることが重要です。そのため、新しい情報に触れるのが好きで変化を恐れない人が向いているでしょう。

本や新聞を読む習慣があったり、普段からさまざまな知識を吸収していたりする人は、Webマーケティングに向いているかもしれません。

1-2. データや数値の計算・分析が好きな人

Webマーケティングではさまざまなデータや数値を扱うため、計算や分析が好きな人が向いています

Webマーケターは、マーケティング活動の結果を振り返り、改善していく『PDCAサイクル』を使って業務を行います。

そのため、上手くいっていない部分を改善するために、ユーザーのクリック率やサイトからの離脱率など多くのデータを分析し、次の行動に移す計画を立てることが必要です。

実際の業務では、以下のようなデータや数値を扱います。

  • 離脱率:サイトから離れるユーザーが多いのか、少ないのか図る指標
  • CTR(クリック率):表示された広告に対してどのくらいクリックされたかを測る指標
  • CTC(クリックに対するコンバージョン率):広告のクリックに対して購入や問い合わせなど成果となるアクションがあった割合
  • CPA(顧客獲得単価):1件のコンバージョンに対する広告費(コスト)の割合

上記以外にも取り扱うデータや数値は他にもあります。費用対効果高く利益を拡大させていくためには、コストや売上などさまざまなデータや数値を扱うことが苦にならない人が向いているでしょう。

ただし数学が苦手な人や、文系出身の人でも全然問題ありません。高度な計算や解析というよりも、数値化されたユーザーの行動から施策改善の仮説を立てるのがWebマーケティング業務のイメージに近いです。

むしろユーザーの心理や行動傾向を推測するのは、文系寄りの思考回路であるといえるでしょう。数学の得意不得意よりも、数字への抵抗感が重要な尺度になります。

1-3. 粘り強く継続できる人

Webマーケティングでは結果を出すために、PDCAサイクルを続けていく必要があるため粘り強く継続できる人が向いています。

Webマーケティングは日々膨大なデータや数値を分析し、改善活動を実施していきます。一見華やかに見えるWeb業界ですが、常に正解がない中で模索する必要があるため、実際の作業は細かく泥臭いものが多いです。

そのため結果を上げることに貪欲で、地道な作業に没頭できる人がよいでしょう。

1-4. 心理学が好きな人

ユーザーの行動心理や購入までのプロセスを読み解く必要があるため、心理学が好きな人もWebマーケティングに向いています

ユーザー心理の分析結果は、次の改善活動の計画に反映させるための材料の1つです。

たとえば「ユーザーがどのような人か」「ユーザーがどのような悩みを抱えているか」「なぜ商品を購入しようと思ったか」などを分析できれば、ユーザーのニーズにあったWeb広告の内容を考えることにも繋がります。

そのため、人の気持ちや行動を想像でき、仮説を立てながら行動計画に落とし込める人が向いているでしょう。

1-5. 失敗を恐れない人

Webマーケティングは「結果を出すために行動すること」が基本であるため、失敗を恐れない人が向いています

Webマーケティングの業務は、基本的にトライアンドエラーを繰り返していきます。業務をする中で、時には思うように結果が出ない場合もありますが、失敗の原因を見つけ解決策を計画、実行することが重要です。

そのため一つの失敗で諦めるのではなく、失敗の結果は何だったのか、何をすれば結果が出せるかなど、常に結果に対して前向きに向き合っていける人が向いているでしょう。

1-6. IT・Webサービスが好きな人

ITやWebに関するトレンドも押さえておく必要があるため、普段からITやWebサービスに興味がある人も向いています

Webマーケティングでは、常にITやWebサービスに関わるため、前向きな姿勢は重要です。また、普段からITやWebサービスに関わっていると「どのようなユーザーが利用しているか」「人気コンテンツの特徴」「最近のWeb広告の手法」など、業務に役立つ視点を得られます。

興味を持って前向きに情報収集する人と、仕事のためにただ情報収集する人とでは、結果の出方が変わってくる可能性があります。そのため、IT・Webサービスが好きでポジティブに業務に取り組める人が向いているでしょう。

2. Webマーケティングに向いていない人の特徴

webマーケティングに向いていない人

一方で、Webマーケティングに向いていない人の特徴は以下の4つです。

  • 数字やデータの扱いが苦手な人
  • 安定志向な人
  • 常に完璧を求めすぎる人
  • ルーチンワークを好む人

以下では、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

2-1. 数字やデータの扱いが苦手な人

Webマーケターは、数字やデータを分析しながらPDCAサイクルを回すため、数字やデータの扱いが苦手な人は向いていない可能性があります。

業務では、ユーザーの離脱率やクリック率、コンバージョン率など、日々膨大なデータと数字の管理が必要です。また、管理するデータや数字の意味を理解しなければなりません。

そのため、計算が苦手、膨大なデータや数値の取り扱いが苦手な人には、きつい職業である可能性が高いです。

2-2. 安定志向な人

Web業界は人材の流動化や、時代の移り変わりが激しい業界のため、安定志向の人には向いていない可能性があります

実際にWebマーケティング企業は、ベンチャー企業やスタートアップ企業がほとんどです。また、業務委託のように正社員で人材を雇わないケースも多いです。そのため「大手で働きたい」「安定して働き続けられる企業が良い」と考える人には、向いていないかもしれません。

一方で、新しいスキルを身につけながら、トレンドに合わせたマーケティング活動ができれば、会社員よりもお金を稼ぐことができる場合もあります。

2-3. 常に完璧を求めすぎる人

Webマーケティングでは「結果を出すために行動し続けること」が大切なため、常に完璧を求めすぎる人には向いていない可能性があります。

業務ではトライアンドエラーを繰り返す必要があるため、完璧を求めすぎるあまり、準備段階に時間をかけると結果が出るのが遅くなってしまう場合があります。

そのため、良い案が思い付けば失敗を気にせずすぐに実行するような、フットワークの軽さも必要な要素の一つです。

2-4. ルーチンワークを好む人

Webマーケティングは、PDCAサイクルを繰り返していく仕事のためルーチンワークを好む人には向いていない可能性があります。

また、Web業界は、さまざまな媒体があり日々技術が進化している変化の多い業界です。そのため、媒体に合ったマーケティング方法や進化した技術の習得など、現場では変化に柔軟に対応できる人材が求められています。

ルーチンワークを好む人や、変化に対応するのが苦手な人には、きつい仕事となる可能性があります。

3. Webマーケティングは経験を通して向き不向きが理解できる

前章まで、Webマーケティングに向いている人と向いていない人の特徴を紹介しましたが、あくまでも参考程度にとどめておくと良いかもしれません。

実際にWebマーケティングに向いていない特徴を持つ人でも、優秀なWebマーケターとして活躍している人もいます。一方で、向いている特徴を持つ人でも業務を経験することで、想像とは違ったなどの理由で、別の道を歩む人もいます。

そのため、Webマーティングの業務を経験した上で、自分自身で向き不向きを判断するのがおすすめです。

4. Webマーケティングを始める2つの方法

webマーケティングスクール

ここでは、未経験からWebマーケティングを始める人向けに、Webマーケティングを始める2つの方法を紹介します。

  • Web系の企業に就職・転職する
  • Webマーケティングスクールに通う

以下では、始める方法について一つずつ詳しく解説していきます。

4-1. Web系の企業に就職・転職する

1つ目は、Web系の企業に転職・就職する方法です。

ITやWeb業界は人材不足のため、未経験で採用してもらえるケースもあります。

また、企業でのWebマーケティング業務はBtoBやBtoCなど幅広い経験が積めるのがメリットです。ただし、すぐにWebマーケティングの業務を担当できるかは、入社した企業により異なるため理解しておきましょう。

就職や転職で、Webマーケティングを始めたい人は、ITやWeb系に特化したエージェントに相談するのがおすすめです。

4-2. Webマーケティングスクールに通う

2つ目は、Webマーケティングスクールに通う方法です

Webマーケティングに関する基礎的な内容から、実践的な内容まで、業務において必要な知識やスキルを習得できます。

受講料はかかりますが、Webマーケティングスクールで知識やスキルを習得できれば、Web系企業への転職・就職が有利になるでしょう。さらに、副業やフリーランスとしても活躍の幅を広げることにも繋がります。

Webマーケティングスクールに通いたい人は、まずスクールの無料相談会に参加し話を聞いてみるとよいでしょう。

5. Webマーケティングしたい人におすすめのスクール4選

ここでは、Webマーケティングスクールに通ってWebマーケティングを始める方向けに、おすすめのスクールを4つ紹介します。

  • MARC(MARKETING COLLEGE)
  • Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー)
  • マケキャンbyDMM
  • デジプロ

スクールの特徴を一つずつ解説していきます。

5-1. 【専門学校】MARC(MARKETING COLLEGE)

marc

MARC

MARCは、日本初のマーケティングに特化したオンライン専門学校です。

コースは媒体に応じて8種類に分かれており、受講者の志向に合わせて選ぶことができます。痒いところにまで手が届くコース編成だといえます。

現在期間限定で30〜40%の割引キャンペーンを行っているので、気になる方は早めにチェックしておきましょう。

すでにビジネスをやっているが、なかなか結果に繋がらない経営者・個人事業主におすすめのスクールです。

5-2. 【実務経験を積める】Wannabeアカデミー(ワナビーアカデミー)

wannabe academy

Wannabeアカデミー

Wannabeアカデミーは「実務特化型カリキュラム」が採用され、実践的な経験が積めるスクールです。具体的には、SNSの運用を行ったり、Wannabeアカデミーが提携しているクライアントの業務に携われたり、スクール卒業時点で履歴書に「実務経験あり」と記載できる状態を目指しています。

学習期間は3ヶ月ですが、Wannabeアカデミーが提携しているクライアントの業務に携わることで、+4ヶ月間のサポートを無料で受けられます。さらに、学習的なサポートと合わせて、卒業後の就職支援も受けることが可能です。

Wannabeアカデミーは、確実に実務経験を積み、就職・転職を有利に進めたい人におすすめです。

5-3. 【未経験でもじっくり安心】マケキャンbyDMM

マケキャンbyDMM

マケキャンbyDMMは「未経験からWebマーケターへの転職を確実なものにすること」を目標としているスクールです。そのため、マケキャンbyDMMでは万が一転職に成功できなかった場合、受講料を半分返金するという返金保証制度があります。実際に、スクール卒業生の転職成功率は98%と高い実績を誇っています。

マケキャンbyDMMでは、3ヶ月、現役Webマーケターによる講義を受講可能です。さらに、メンター制度があるためマンツーマンで悩みや疑問を相談できます。

マケキャンbyDMMは、未経験からじっくり学び確実に転職を成功させたい人におすすめです。

5-4. 【マンツーマンで講義】デジプロ

デジプロ

デジプロ

デジプロは、Webマーケティングスクールの受講者数がNo.1の人気スクールです。大手企業や優良企業と提携しており、卒業後は転職して企業のマーケター担当やフリーランスとして活躍することができます。

デジプロの学習期間は2ヶ月となっております。オンラインではマンツーマンで講義、教室では少人数で講義が受けられるため質問しやすく、理解を深められやすいのがメリットです。教室は東京、横浜、大宮、千葉、大阪、名古屋、広島、福岡に展開しています。

デジプロは、じっくり理解が深められるマンツーマン講義を希望する人におすすめです。

6. まとめ|Webマーケティングスクールで実践的なスキルを身につけよう

Webマーケティングは、時代や市場に合わせて常にインプットとアウトプットの両方が必要となる職業です。そのため、変化を好む人や好奇心が旺盛な人、結果を出すことに貪欲で地道に粘り続けられる人が向いています。ただし、向いている向いていないの特徴は一般的なものであるため、業務を通して自分自身で向き不向きを判断しましょう。

未経験の人がWebマーケティングを始める際は、Webマーケティングスクールでの学習がおすすめです。スクールでは、Webマーケティングに関する基礎的〜実践的な知識やスキルを付けることが可能です。

「実務経験が積めるスクール」「転職保証があるスクール」「講義がマンツーマンのスクール」など、スクールによって特徴が異なるため自分にあったものを選びましょう。まずは、スクールの無料相談に参加してみるのがおすすめです。

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル


【ファンを10000人つくる】YouTube2022年度版徹底攻略マニュアル無料プレゼント!

youtubeマニュアル


【無料プレゼント!】WEBの知識やスキルゼロでもLINE公式アカウントを使い集客する方法!

ラインマニュアル


【ゼロから始める、SEO対策徹底ガイド】無料プレゼント!

seoマニュアル


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事

youtube22年度版徹底攻略マニュアル
youtube2022年最新徹底攻略マニュアルプレゼント