メールマーケティングとは?活用するメリットや成功事例について解説

デジタルマーケティングの手法のなかでも、広く活用されているのが「メールマーケティング」です。
メールマーケティングとは、一体どのようなものなのでしょうか。

ここでは、メールマーケティングの概要や活用するメリット、また成功事例について解説します。

 

メールマーケティング

1. そもそもメールマーケティングとは?

メールマーケティングとはどのようなものか、概要や種類について解説します。

1-1 メールマーケティングとは

定めた目的を達成するために、ユーザーに対して戦略的にメールコンテンツを配信することを指します。
まず最終目標を定め、その目標を達成するためにはユーザーにどう動いてもらえばいいのか、戦略を考えます。

そして、その活動へと促すためのメールを配信するという仕組みです。

1-2 メールマーケティングの種類

メールマーケティングの主な種類には、以下のものが挙げられます。
1つ目「ステップメール」です。

前もって準備したストーリー性のあるいくつかのメールを、定めた予定に沿ってユーザーに自動送信するというものです。なお、送るメールはユーザーの興味の深さや行動に応じて変えるという特徴があります。

2つ目「ターゲティングメール」です。
別名セグメントメールとも呼ばれ、見込み客にとって必要度の高いメールコンテンツを配信します。

3つ目「休眠発掘メール」です。
一定期間購入などの動きがみられないユーザーに対して、活動を促すためのメールを送るものを指します。

2. メールマーケティングの手法とメルマガとの違い

メールマーケティングと似たものに「メルマガ」というものがあります。
メールマーケティングの手法とはどのようなものなのか、またメルマガとはどう違うのか、きちんと知っておくことが肝心です。

2-1 メールマーケティングの手法

メールはもともと1対1のやり取りを目的としたツールでした。
しかし、メールを送る相手を複数人に増やすことで、効率的にユーザーにアプローチできるのが、メールマーケティングの手法です。

ユーザーごとのメールの開封頻度などを確認し、タイミングを図ったマーケティングを実施することで、ユーザーの購買意欲を高められます。

2-2 メルマガとの違い

メルマガとは、ユーザーに対して「一斉にメール配信」する手法を指します。
ただ、メルマガの場合、そのユーザーにとって必要のない情報まで配信することになり、タイトルだけ見てメールを捨ててしまったり、開封してもらうのが難しかったりすることがあります。

その結果、メルマガの効果を疑問視する人が増え、販促手段として用いられるケースが減少傾向にあるのです。

一方、メールマーケティングは「個々のユーザーに合わせたメールを配信する」というのが、メルマガとの大きな違いです。

一方的に情報を届けるのではなく、ユーザーにとって必要な情報を厳選してメールで届けることで、効果的にマーケティングを行えます。

ただ「情報を読んでもらう」のではなく、ユーザーの行動を促すために進化したのが「メールマーケティング」なのです。

ユーザーに合わせたメールを配信

3. メールマーケティングのメリット・デメリット

実際にメールマーケティングを活用しようと考えたときに、気になるのがメリット・デメリットについてです。
メールマーケティングのメリット・デメリットには、以下のものが挙げられます。

3-1 メリット

まず、メリットとして挙げられるのは「低コストで導入できる」という点です。
メールマーケティングはかかる費用が少なく、低コストで始められるというメリットがあります。

また、メールはコミュニケーションツールとして広く浸透しており、操作に慣れている人も多く、導入のハードルが低いのが魅力です。

さらに、「高い費用対効果が期待できる」のもメリットといえます。
メールマーケティングは、ユーザーにメールの配信を許可してもらっていることが前提として行われるものです。
コンバージョンが見込める層へのマーケティングであること、また低コストで導入できるなどの理由から、高い費用対効果が期待できます。

それに加えて、「工夫次第で相乗効果を狙える」のもポイントです。
配信するメールに、ほかの運営メディアなどへのリンクを盛り込んでおけば、相乗効果を狙えます。工夫次第でさまざまな使い方ができるのが魅力です。

3-2 デメリット

さまざまなメリットがある一方、「手間がかかる」のがデメリットとして挙げられます。
メールマーケティングは長期的な運用になるため、そのぶん手間がかかってしまうのです。

また、そのマーケティングを行うための人員を確保しておく必要があることも、頭に入れておきましょう。

4. メールマーケティングを行うときの具体的な流れ

実際にメールマーケティングを行うときの一般的な流れは、以下の通りです。基本的に、4つのステップに分けて実施されます。

4-1 ステップ【1】目標設定

まずはメールマーケティングを行うことで、達成したい目標を決めます。
最終目標と、その目標を達成するためにはどのようなことが必要になるのかを決めるのがポイントです。

たとえば、「メールを介して商品への問い合わせを月に20件獲得する」という目標を定めた場合、メール開封率・クリック率・コンバージョン率などを具体的に設定する必要があります。

また、ペルソナの設定を行うのも重要です。企業が提供する商品・サービスに最も合致するユーザー像を考えましょう。
設定は年齢・性別・行動パターンなど、細かく決めておくのがポイントです。

4-2 ステップ【2】配信するユーザーリストの準備

目標設定が済んだら、次にメールを配信するユーザーリストの準備を行います。
メールマーケティングは情報を配信するユーザーがいてこそ成り立つものです。定めた目標を達成するにはどのくらいの人数のユーザーにメールを配信すればいいのか、しっかりと計算しましょう。

また、配信したメールを開封していたり、クリックしていたりするユーザーはリスト化し、積極的にアプローチを行うのも重要です。

4-3 ステップ【3】メールの作成・配信

設定したペルソナをもとに、ユーザーにとって必要な情報を盛り込んだメールを作成します。
このときに、配信する相手・文章量・送るタイミングなどを決めておくのが肝心です。

また、実際にメールを配信する際は、ツールを活用すると便利です。
メールマーケティングでは、大量のメールを配信・管理することになります。

メール配信専用のツールを活用することで、マーケティングにかかる時間や手間を大幅に短縮できます。

5. ステップ【4】効果の測定と改善点の洗い出し

メールは配信したら、それで終わりというわけではありません。
配信したメールの開封率やクリック率などを確認する必要があります。

また、ユーザーにメールの受信を拒否されていないかなど、分析を行うのも重要です。分析した結果から改善点を洗い出すことで、今後のマーケティングに生かせます。

6. メールマーケティングの活用・成功事例

メールマーケティングの活用・成功事例にはどのようなものがあるのでしょうか。
実際の活用・成功事例について確認していきましょう。

6-1 活用・成功事例【1】コンピューターの修理などを行っている企業

1つ目は、保守サービスが終了しているコンピューターの修理などを行っている企業の事例です。
主に、新規顧客開拓や休眠顧客の掘り起こしに関する悩みを抱えていました。

これらの悩みを解決するために、行ったのがメールマーケティングによる商談の創出です。
具体的には、自社のノウハウを記載したメールを休眠顧客に向けて配信し、反応がみられた顧客に対してフォローを行うというものです。

メールに自社サイトへのリンクを盛り込み、効果的に商談を生むことに成功しています。

6-2 活用・成功事例【2】英文校正ツールを提供している企業

2つ目は、主に英文校正ツールを提供している企業の事例です。

行ったのは、配信するメールにユーザーからの客観的な評価を掲載し、企業イメージを高めるというマーケティングです。ユーザーの生の声を盛り込むことで、価値のある企業という印象付けに成功しています。

また、期間限定サービスの情報を盛り込み、活動を促すきっかけを与えるなど、ユーザーにとって魅力が感じられるマーケティング戦略になっています。

7. メリット・デメリットを把握してメールマーケティングを上手に活用しよう!

メールマーケティングは低コストで導入しやすい、身近な施策の一つといえます。
メリット・デメリットを頭に入れて上手に活用することで、ユーザーの活動を促し、高い費用対効果を見込めます。

具体的な手順や活用・成功事例を参考にして、スムーズにメールマーケティングを導入しましょう。

最新のInstagramマーケティングマニュアルを無料プレゼント!

今時代はインスタへ!フォロワーを1万人増やし、無料で集客できる方法をプレゼントしています。
今すぐ手に入れて、あなたのInstagramマーケティングに役立ててください。

最新Instagramマーケティング
最新Instagramマーケティング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事