人気ユーチューバーになるには?必要なもの・機材・収入・将来性を徹底解説!

コロナ禍で益々動画配信サービスの需要が高まってきていますよね。
動画配信の中でもYouTubeの人気はさらに加速しています。
ユーチューバーへの注目も高くなっていますが、実際ユーチューバーってどうやってなるの?収入はどれくらいなの?と分からないことも多いはず。

今回はユーチューバーの仕事内容と魅力、ユーチューバーの一日、ユーチューバーのなり方から、実際に仕事をするのに必要なスキルや機材までご紹介します。

魅力だけではなく、人気のユーチューバーになるにはどんなところが大変なのかといった部分もまとめていますので、本気でユーチューバーを目指している方には一度読んでもらえればと思います。

1. ユーチューバーの仕事内容

youtuber仕事内容


ユーチューバーはYouTubeに動画をアップして、視聴者がその動画を見ることにより発生する広告収入によって収入を得ています。
視聴者を増やし、動画の再生回数を増やすことによって、収益をアップさせることができます。

正式には発表されていませんが、動画の再生による収益は1再生あたり0.01円程度と言われています。そのため生活できるだけの収入を得るためには、多くの人に見てもらえる動画を制作して、動画をアップするたびに見てもらえるようなファンを作っていく必要があるでしょう。

2. ユーチューバーの魅力とは?

ユーチューバーの魅力はずばり、スマホ1台ですぐに始められて高収入が狙えるという点でしょう。

また、ユーチューバーになるために、資格など特別必要なものはありません。
機材などもあればよりよい動画を撮影することが出来ますが、絶対必要なものではありません。

反対にたくさんの人が見たくなる動画が撮れれば、機材などは必要ないということも魅力だといえます。

3. ユーチューバーのなり方

youtuberへのなり方

ユーチューバーになる方法としては、4つのステップがあります。

3-1. 魅力ある動画の制作

まずはたくさんの人に見てもらえるような魅力のある動画を制作することです。

趣味で動画をアップするのであれば、好きな動画をアップするだけで良いのですが、本気でユーチューバーとして収益を出せる動画を制作するためには、それだけでは難しいでしょう。

まずは、動画を見る人がどういったことに興味があるのか、流行や最新の情報を取り入れる情報収集をしてみましょう。

また、YouTubeの禁止事項にあてはまる動画でないか、法律に反する動画でないかチェックした後、動画をアップするように注意が必要です。

3-2. 動画の編集

2つ目のステップは、制作した動画をさらに魅力ある動画にする為、編集作業を行うことです。

人気のYouTuberがアップしているような一段階上の動画を制作するには、撮影機材をそろえることと、動画撮影後の編集をしっかり行うことが重要です。
まずはどちらか片方から初めてみて、最終的にはどちらも力をいれて、視聴者数を増やすことが望ましいでしょう。

特に節約料理などをアップするといった料理系のユーチューバーになるには、キッチンにカメラを固定できるような機材を準備して、より分かりやすく綺麗に撮影する工夫があると美味しさの伝わる動画を撮ることができます。

手軽に撮れるスマホで撮影した場合には、パソコンや編集アプリなどにお金をかけてみることも一つでしょう。
テキストで分かりやすくしたり、効果音や音楽を追加することで、より自分らしい動画に仕上げることができます。

3-3. ファンの獲得

3つ目のステップは、動画をアップするたびに見てもらえるようなファンをつくることです。

ランキングにのるような人気のユーチューバーであっても、一回の動画で高収入を得ることはできません。何度も撮影し、時間をかけて編集して、動画をアップして、少しずつ視聴者数を増やす地道な努力が必要となります。

3-4. 収益方法の拡大

4つ目のステップは、広告の依頼などを受ける、タレント収入を得る、YouTubeに関するコンサルティングをするなど動画再生による収益以外の収益方法を増やすことです。

先ほどもご紹介した通り、動画の再生による収益は1再生あたり0.03円程度ととても低いので、他の収益方法をミックスして、収入を増やす場合が多いといえます。
例えば、ヒカキンさんのように、ユーチューバーとして人気がでて、顔も知られているような場合には、テレビなどに出てタレントとして収入を得ている場合もあります。

4. 広告収入の仕組み

 

広告収入の仕組み

ユーチューバーとして広告収入を得る為には、まず「YouTubeパートナープログラム」に登録します。「YouTubeパートナープログラム」は、広告収入など動画をアップすることによって収益化できるプログラムです。

YouTubeパートナープログラムに加入することにより

・広告収入
・チャンネルメンバーシップ
・グッズ販売

などの収益方法が得られるのですが、それぞれチャンネル登録者数などの条件が設定されているので、自分のチャンネル登録者数などからどのくらい収益化できそうか確認してみると良いでしょう。

5. ユーチューバーの1日

ユーチューバーの1日

自由に好きなことをしているイメージのあるユーチューバーですが、本気で収入を得ようとする場合にはそうはいかないようです。ハードスケジュールで動くユーチューバーも多いようです。

チャンネル登録者数が1千万人を超える超人気ユーチューバーのHIKAKINさんは、昼頃起きて撮影を開始し、編集が終わる頃には夜8時になっているそうです。
数分の動画を数時間かけて編集していることも多いそうです。

動画はほとんど毎日アップされており、テレビ出演や本の出版までしているので、かなり多忙な生活を送っていることが分かります。

NHKの番組に出演していたこちらも人気ユーチューバーのシルクロードさんも、睡眠時間が2時間といったことも多く、1つの動画編集に2日間かかることもあるとお話しされています。

色々なスタンスのユーチューバーがいるとは思いますが、楽して簡単に稼げる世界ではない、ということが分かると思います。

YouTuberにも働き方改革を! 6年間休みなく走り続けてきたHIKAKINの本音(参照 2020-09-18)

フィッシャーズ・シルクロード「平均睡眠時間は2時間」も消えない熱意 NHKで“YouTuberのリアル”語る(参照 2020-09-18)

6. ユーチューバーに必要なスキル

ユーチューバーに必要なスキル

ユーチューバーになる為に、必ず必要となる資格といったスキルは必要ありません。
しかし、人気のユーチューバーとなって生活できるだけの収入を得る為に必要なスキルは、ずばりYouTubeクリエイターとしてのクリエイティブ力だといえます。

具体的には、以下のようなスキルが必要となるでしょう。

・企画力

視聴者が次の動画がアップされるのを待ち遠しくなる

・継続力

毎日動画をアップし続ける力

・技術力

魅力ある動画を制作する撮影スキルや編集スキル

7. ユーチューバーに必要な機材

スマホ一台でも始められますが、綺麗に見せる為には機材を揃えることも必要です。
あると便利な機材をいくつかご紹介します。

7-1. カメラ

1. 一眼レフカメラ

最近はインスタ映えを狙って、女子で持っている人も多い一眼レフカメラ。
レンズを微調整できるので、撮りたい食べ物や景色をより高画質に撮ることができます。また被写体以外を自然にぼかすといった効果もあります。

一眼レフカメラ

2.ビデオカメラ

手にしっかりフィットしているビデオカメラは、スマホよりもブレを少なくして撮影することが可能です。
バッテリーの持ちもいいので長時間の撮影の場合も安心して使うことができます。

ビデオカメラ

3.アクションカメラ

最近ではTVでもアクションカメラを付けて、撮影している姿が良く見られますが、YouTubeでもおすすめのカメラです。
両手を使わずに撮影することが出来て、川で飛び込む時やバンジージャンプといった顔の表情などを撮る時に便利です。

また、アクションカメラを目線近くにセットすると、実際に体験している目線で撮影することが可能です。

7-2. パソコン(編集ソフト)

動画編集の際に必要なのが、パソコンと編集ソフトです。

長時間編集時間を行うことも多いので、サクサク動くハイスペックで操作しやすいパソコンを準備しておくと良いでしょう。

編集ソフトは有料のものと無料のものがあります。
初めから有料の多機能の編集ソフトを使う必要はありません。まずは無料の編集ソフトを使い、使っているうちに欲しい機能などが分かってきたら有料の編集ソフトを検討してみましょう。

パソコン

7-3. 照明

今は編集ソフトで肌質を良く見せたり、明るく見せることは出来ますが、照明を使うとより自然に明るさや綺麗さを取り入れることが出来ます。最近では、明るさだけでなく、色味を変えることができる照明もあるので、撮りたい被写体に合わせて照明を選んでみると良いでしょう。

7-4. マイク

スマホやカメラにもマイクは付いていますが、小さな音までしっかり拾ってくれるので、マイクが一つあると安心です。ワイヤレスやコンパクトなものもあるので、一度探してみると良いでしょう。

マイクで話すyoutuber

7-5. 三脚

カメラとセットで準備したいのが三脚です。ブレなく撮影することが出来て、1人で撮影する場合にも活躍してくれます。

youtuberの使う三脚

8. ユーチューバーの年収

ユーチューバーの収入は、広告収入をメインとしている場合には1再生あたり0.01円程度と大変収益率としては低いので、単純に計算しても20万円稼ぐとして200万回の再生回数が必要となる厳しい世界です。

先ほどご紹介したHIKAKINさんは年収10億円越えとも言われていますが、サラリーマンの年収を稼ぐユーチューバーも実際はほんの一握りの人でしょう。それだけクリエイターとしてのスキルが必要な職業ともいえます。

ユーチューバーの年収

9. ユーチューバーの働き方

ユーチューバーとしての働き方には2種類あって、事務所に所属しながら活動をしているパターンと、個人で活動しているパターンがあります。

個人で活動しているユーチューバーが圧倒的に多いのですが、事務所に所属すると商品紹介などの企業案件の営業活動を代わりにやってくれたり、法律関係などが難しい事務処理を代行してもらえます。その分、動画制作に集中することが出来て、収益が上がるといったメリットがあります。

反対にデメリットとしては、広告収入の一部を事務所に支払わないといけないので、その分収益が減ったり、事務所の方針で動画に制限がある場合もあるので、自由に自分が好きな動画をアップしたい場合には事務所に所属しない方が良い場合もあるでしょう。

スカウトと応募で事務所に入ることが多いですが、どちらにしてもある程度の収益を出しているユーチューバーでないと、事務所に所属することは難しいので、まずは動画で視聴者を増やして実績を作ることが必要でしょう。

10. ユーチューバーの大変なところ

ユーチューバーの大変なところ

ユーチューバーの大変なところは大きく分けて2つあります。一つずつご紹介していきます。

10-1. 毎日動画をアップする企画力

一つは毎日動画をアップする企画力の部分です。動画の内容から撮影方法、編集方法まで全て1人でしている人がほとんどです。それをほぼ毎日継続しないといけないので、その企画力はかなりのレベルが必要だといえます。視聴者を惹きつけ続ける魅力ある企画を出し続けなければいけないということです。

10-2. 技術と時間が必要となる編集作業

もう一つは、編集作業です。短い動画であっても、テロップをつけたり、音楽を入れたりといった編集作業をしている場合がほとんどです。撮影後に動画を確認したら、上手く撮れておらず、何度も撮り直しをするといったことも含めるとかなりの時間を要することになります。

11. 人気ユーチューバーランキング (チャンネル登録者数別)

チャンネル登録者ランキングを見てみると、

1位 キッズライン♡Kids Line 1200万人(動画本数:4787本)
2位 はじめしゃちょー     893万人(動画本数:2212本)
3位 HikakinTV        867万人(動画本数:2777本)
4位 せんももあいしー     842万人(動画本数:2754本)
(せんももあいしーCh Sen, Momo, Ai & Shii)
5位 Fischer’s-フィッシャーズ 646万人(動画本数:2199本)

という結果になっています。(2020年9月時点)

2位と3位のはじめしゃちょーとHIKAKINさんはどちらも2000本以上の動画をアップし75億回もの再生回数を得ています。努力と継続力が必要であることがよく分かる結果になっているといえます。

ユーチュラ(参照 2020-09-18)

12. 芸能人のユーチューバー

芸能人のユーチューバーランキングを見ると

1位 中田敦彦        291万人
2位 江頭2:50         275万人
3位 カジサック       246万人
4位 メンタリストDaiGo   217万人
5位 本田翼         208万人

という結果になっています。

芸能人ユーチューバーもたくさん出ています。ステイホーム期間に話題になった小島よしおさんは、子供向けの学習動画で「とても分かりやすい」と話題になっていました。
早稲田大学出身で高学歴の小島さんが、自分の強みを出していました。

オリエンタルラジオの中田敦彦さんは、江頭2:50さん越えのチャンネル登録者数291万人で芸能人ユーチューバーランキング1位になりました。

お笑い芸人だけでなく、女優さんでは本田翼さんがチャンネル登録者数208万人と驚くほど高い登録者数で、人気の芸能人ユーチューバーであることがわかります。
趣味のゲームでチャンネル登録者数を伸ばしたということで、好きなことで継続しやすいテーマに焦点をあてているところも成功の秘訣かもしれません。

進撃の“芸能人ユーチューバー”勝ち組ランキング! 1億円超えも?(参照 2020-09-18)

13. ユーチューバーの将来性

ユーチューバーの将来性

コロナ禍の中で、人々の生活が変化し、ますますオンラインでのマーケティングのニーズも高まっている中で、「動画」の重要性も高まっているといえるでしょう。

動画から得られる広告収入だけでなく、そうしたマーケティングの視点から、企業からの依頼を得られるような動画を制作していくことが出来れば、将来的にも安定した収入を得られる可能性は高くなると思います。

また、日々変化する世界なので、最新トレンドや市場動向をしっかりとキャッチしていくことも必要です。SNSでの話題などをしっかり取り入れながら、視聴者を離さない動画を制作し続けることが一番の近道だと思います。

14. まとめ

ユーチューバーには、必要な資格もなく、年齢も性別も関係ありません
魅力ある動画を発信し続けることが出来れば多くの人に見てもらえる可能性があります。

しかし、努力は必要で、魅力ある動画を制作するための企画力と毎日のように動画をアップし続ける継続力、そして撮影や編集のスキルを磨く必要があります。

あなたの才能を信じて、努力を続ければ、数億円を稼ぐ人気のユーチューバーになれる可能性もあるかもしれません。
まずは行動してみることが大切です。一度多くの人に見てもらえる動画はどういうものか、情報収集をしてから、動画を制作してみてはいかがでしょうか。

無料プレゼント!

Youtubeマニュアル

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事