Skypeよりイイ?Web会議ソフトZoomの使い方まとめてみました

「次回の面談はオフィスに来られます?それともZoomにします?」

と尋ねるのがあたり前になってきました。

ちなみに僕がZoomを知ったのは2015年の1月ごろ、ある協会の理事長さんから
「黒川くん、このソフトすごくいいんだよ!もうSkypeには戻れない。」
と教えていただきました。

会社のミーティングはもちろん、僕のようなコンサルティング業では場所を選ばずオンラインでコンサルができ、早速なくてはならないツールになっています。

コーチングやカウンセリングをされている方はセッション、セミナーや講座をされていらっしゃる方はオンラインセミナーやオンライン講座に使えるので、導入するだけであなたの業務を何倍にも効率化することができます。

そんな次世代のWeb会議システム「Zoom」の導入から使い倒し方まで
まるっと解説していきたいと思います!

1.Zoomとは?

まずそもそも「Zoom」って何?という方

Zoomはアメリカの会社Zoom Video Communications Incが開発したWeb会議システム。

ざっくり言うとパソコンやスマホを使ってテレビ電話的にオンライン会議ができるアプリです。

 

 

2.Zoomを使うメリット

  • パソコンはWindows、Mac、Linux、ChromebooksとOSの種類を問わず、スマホやタブレットもiOS、Androidと種類を問わず使えます。
  • 設定が簡単!
  • ホスト側が登録していればクライアント側は登録不要、使ったことがないクライアントさんもインストールするだけで使えます。
  • SkypeみたいにIDを教え合わなくても送られたミーティングのURLをクリックするだけで一発で起動します。
  • 録画(録音)が標準装備、レコーディングボタンをポチッと押すだけでミーティングの記録が可能。
  • 通信量が非常に少なく安定した通話品質(Skypeの約10分の1の通信量)。

などなど

 

 

3.Zoomの準備

それではZoomを使用するにあたって準備していきましょう!

 

3-1.Zoomのインストール

インストールしていない場合は最初にZoomミーティングを開始または参加されるときに、ウェブブラウザのクライアントが自動的にダウンロードされます。

ここから手動でダウンロードすることもできますので
手動でダウンロードしたい場合は以下のURLから
ダウンロードセンターに行ってダウンロードしてください。

https://zoom.us/download

自動的にお使いのOSに合ったクライアントがダウンロードされます。

iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playに飛びます。

 

3-2.Zoomにサインアップ(登録)

誰か別の方がホストとして招待してくれて自分がクライアントとして
ミーティングに参加する場合は登録は不要です。

自分がホストしてZoomでミーティングを立ち上げる場合は
ログインが必要になるので以下のURLからサインアップして
アカウントを作成して下さい。(サインアップは無料です。)

→ https://zoom.us/signup

 

こちらのZoomアカウントの作成方法の動画も参考にして下さい。

 

3-3.Zoomの設定

基本的なミーティングをするには初期設定のままで十分ですが、後述しますが録画したファイルの保存場所を変更したい場合やZoomでファイルの送受信する場合など設定が必要になります。

設定はZoomも起動したパネル内の設定だけでなく一般タブ内の「拡張機能を有効化する」をクリックしてZoomのサイト内にあるマイ設定というところで設定します。

 

4.Zoomの使い方

では実際に使っていきましょう!

4-1.招待を送るには?

まずZoomを起動して「ビデオありで開始」または「ビデオなしで開始」を
クリックします。

 

次に画面左下の「招待」をクリックすると招待パネルが開きますので
左下の「URLのコピー」をクリックします。

そうすると「招待URLがクリップボードにコピーされました。」
というメッセージが出るのでZoomでミーティングしたい相手の
メールやメッセージに貼り付けて通知します。

この場合「https://zoom.us/j/775215214」といったURLが貼り付けられます。

他にも招待方法がありますがこれが一番シンプルで使いやすいです。

 

4-2.オンラインミーティングに参加するには?

さて上記の招待を受けたクライアント側がZoomミーティングに参加するには
基本受け取ったURLをクリックするだけでZoomがインストールされていれば
自動的にZoomが起動してミーティングに参加することができます。

もしZoomがインストールされていなければ、Zoomのダウンロードページに
飛ばされますのでダウンロード&インストールしてから
再度招待リンクをクリックしてください。

事前に当ページのURLを教えてインストールしてもらっておくといいですね。

 

5.スマホアプリ版Zoomの使い方       

5-1.ホストになる場合

1.まずZoomアプリを起動します。(写真はiPhone7)

スマホ版Zoomアプリ

 

2.ユーザー登録してあればサインインします。(登録してない方はサインアップからユーザー登録してください)

Zoom_アプリ_サインイン

 

3.登録したメールアドレスとパスワードでサインインします。(SNS等でもログインできます。)

Zoom_ログイン

 

4.ミーティングの開始をタップします。

Zoom_ミーティング開始

 

5.更にミーティングの開始をタップ。この時ビデオオンが緑色になっていると同時にインカメラが起動します。スッピンな場合とうで顔出ししたくない場合はここをオフにすれば音声のみで開始できます。

その下の個人ミーティングID(PMI)の使用をオンにすると、アカウントに割当てられた固有のミーティングIDで起動します。

このIDは毎回変わらないので会社の定例会や、特定のグループの定期的なミーティングなどに使うと便利ですが、不特定多数の方とのミーティングの場合はIDを知ってる方は入れちゃうので使わないほうがいいです。

Zoom_ミーティングの開始

 

6.ミーティングが開始しました。(こちらはビデオオフの画面です。)

参加者を招待する場合は右下の参加者をタップします。

Zoom_音声オフ

 

7.左下の招待をタップします。

 

8.好きな方法で招待します。

ちなみに僕はURLのコピーをしてFacebookのメッセンジャーやメールで送ることが多いです。

 

5-2.クライアントの場合

アプリをインストールしておけば、送られたURLをクリックすればZoomアプリが起動して始まります。

 

6.無料版と有料版の違い

ちなみにZoomは無料のパーソナルミーティング用の基本と、有料版のプロビジネス企業といったバージョンがありますが、無料版でも1対1でオンラインミーティングをする上での機能的な制限はありません。

ただ3人以上(3台以上の機器)のグループミーティングで使用する場合は最大40分終了してしまいます。

3人以上で長時間のミーティングを想定している場合はプロにアップグレードするといいですね。

ちなみにプロの使用料は月額$14.99です。

 

またビジネス、企業というバージョンもありますが、こちらは1ホストあたり月額$19.99でプラスのサービスが追加されますが、それぞれ10ホスト、100ホストと最低必要ホスト数が設定されよっぽど大きい事業でないとそれほど使ないかと思われるので割愛させていただきます。

 

詳細を知りたい方はこちらを御覧ください。

https://zoom.us/pricing

 

7.Zoomの便利な機能

ここまででひとまずテレビ電話的に顔を見ながら話せるようになりました。

更にZoomを使い倒すために便利な機能を紹介していきたいと思います。

 

7-1.画面共有

特に使うのがこの画面共有だと思いますし、僕自身もよく使ってます。

自分のパソコン内のパワーポイントやPDFなどのプレゼン資料などをお見せしたり、システムの操作画面やWeb画面を共有してツールの使い方なんかをレクチャーするのに使います。

デスクトップの共有

画面共有するにはまずZoomの画面下部の中央にある「画面の共有」をクリックします。

通常今見ている画面と同じものを共有したい場合「デスクトップ」を選び右下の「画面を共有」ボタンで共有が開始されます。(上記画像はサブモニターをつけているのでデスクトップ1と2がありますが通常はデスクトップはひとつだけです)

 

サブディスプレイの共有

パソコンに別のモニターやプロジェクターを繋いでデュアルディスプレイにしている場合でサブディスプレイを共有したい場合は「デスクトップ2」を選び右下の「画面を共有」ボタンで共有してください。

 

ホワイトボードの共有

デスクトップの右のホワイトボードを共有すると正にホワイトボード、マウスでドラッグすることで手書きで描いたり、そこに文字を打ち込めます。

ここはホストだけでなくクライアントも書き込むことができますのでブレストしたい時などにも使えます。

 

他にもケーブルで繋いだiPadやiPhoneの画面を共有したり、今開いているブラウザのみやファイルのみの共有も可能です。

 

7-2.レコーディング機能内蔵

個人的にはSkypeとの1番の違いはここにあるんじゃないかと思うのですがZoomには録画機能が標準でついています。

ホストが録画するなら画面右下の方の「レコーディング」ボタンをクリックするだけで録画が開始されます。

ミーティング終了時にmp4の動画とm4aの音声でパソコン内に自動的に書き出しされます。

有料版の場合クラウド上に保存することもできます。

 

クライアントが録画するにはホストの許可が必要になります。

ホストは画面下の画面共有の隣の「参加者の管理」から許可したいクライアントのレコーディングの許可をしてあげて下さい。

 

8.ちょっとおもしろい機能

8-1.ブレイクアウトルーム

このブレイクアウトルームというのは何かというと、例えば大勢でミーティングをしていてグループに分けて意見をシェアしてもらいたい場面などに使います。

僕は時々Zoom飲み会なるものを開催する時があるのですが、人数が多くて収集がつかない時にグループ分けしたりします。

弊社では全国に、いや全国を超えてイギリスやオーストラリアにも在宅秘書さんがいるのですが、その秘書さんたち20人くらいでZoom飲み会したことがあり、その時も最初全体で自己紹介した後は4人づつのグループに分けてやりましたがなかなか好評でしたよ!

ちなみにこのブレイクアウトルームは初期設定ではオフになってますのでZoomのWeb上のマイ設定から設定して下さい。

ブレイクアウトルームをクリックすると何部屋に分けるか聞かれるので好きな数に分けて下さい。

グループ分けはホストが指定することもできますが、Zoomにおまかせでシャッフルすることもできます。

更には途中で入れ替えもできますし、ホストは各部屋に自由に出入りできます。

 

8-2.背景の変更

これは合成写真のように背景に好きな画像を差し込むことができます。

肌や髪、服の色をなるべく違う色を背景に、できれば緑色を背景にするとキレイに差し替えできます。

意外と適当な色でもそこそこ上手く行きますので遊んでみて下さい。(これは背景が白だったので顔の光が当たって白くなっている部分や白いシャツまで背景になっていますが…)

 

こちらは設定の「ビデオの背景」から設定できます。

 

9.まとめ

今回はZoomの導入から基本的な使い方についてご説明させていただきました。

会社であれば本社支社間のオンライン会議はもちろん社員間、在宅でお仕事を頼んでいる方とのミーティング、クライアントとの打ち合わせなどに使えます。

また、コーチ、コンサル、カウンセラー、セラピストなどのお仕事をされている方の遠隔セッションなどにもオススメです!

また今後もいろいろとネタを追加していきたいと思いますのでまたご訪問下さい。

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事