Webマーケティング業界が未経験でも就職に有利な7つのポイント!

今はビジネスにWebは欠かせないものとして一般的に認識されていますが、Webの仕事にどんな職種があるのかはあまり深く理解されていない方も多いのではないでしょうか?

いまでもWebサイト作りは分業で制作されていることを知らない人もいます。

今回は、そんなWebの仕事の中でも「ヒットの仕掛け人」とも言える、「WEBマーケティング」のお仕事を紹介します。

一見、難しい仕事のように思えて、意外と入り口は広く、誰にでもチャンスがあります。
この記事では、未経験や転職を考える方のヒントとなるポイントをお伝えします。

marketing未経験

1. Webマーケティングの主な仕事内容

Webマーケティングとは、Webに特化してマーケティング力を駆使し、世の中に、企業の商品またはサービスなどを伝えていく仕事になります。

また、Webマーケティングを仕事としている人を「Webマーケッター」とも呼んでいます。

冒頭でもお伝えしたように、いまのビジネスにWebは欠かせないものであり、Webなしに成功させることも難しいとされています。

例えば、自社のWebサイトを作ったり、新商品をWeb上で紹介します。
これは、今や当たり前でどの企業でも戦略として行なっていることです。
つまりライバルと同じことをやっているだけでは、人の目に触れるチャンスも知ってもらうこともできないのです。

そこで登場するのが、Webマーケティングです。

Webサイトへの流入経路、離脱率などを分析して、市場調査から、流行やターゲットの動向を確認しながら、Webで効果的な広告やWebサイトの運営方法を考えていきます。

つまり、Webマーケティングの仕事とは、企業側の伝えたいことをアピールするのではなく、ターゲット(消費者)が求めているものに訴求していくことができる仕事なのです。

具体的にWebマーケティングで行う仕事内容はこちらです。

・Webコンテンツの制作・・・自社サイト、ランディングページなどの制作
・SEO対策・・・Webサイト、動画の検索ランキング上位にする
・SNSの運用・・・投稿や広告を戦略的に利用する
・データ分析・・・Googleアナリティクスを活用して数値から戦略を考える
・広告運用・・・あらゆる広告を効果的に運用する

Webマーケティングは、こうした仕事を通して知名度を上げたり、商品やサービスを売るだけではなく、企業と消費者の距離を縮めていくことも重要な仕事となります。

marketing

2. 未経験からWebマーケティングの仕事に就く方法

Webでの仕事が認識されない理由の一つに、「どうしたら仕事にできるのか、手段が分からない」ということが挙げられます。

ここでは、未経験でもWebマーケティングを仕事にできる方法をご紹介します。

まず、結論としては未経験者でもWebマーケティングを仕事にできます。エンジニアやWeb関係の仕事の経験も問いません。多くの場合、就職してから専門的な知識を学び実践に入っていきます。

Webマーケティングを仕事にするための専門書や講座などもありますが、就職する方が知識も経験も桁違いに豊富なので、業界に飛び込んでしまうことも方法としてはアリです。

それでも不安が残るという方に、抑えておきたいポイントを2つご紹介します。

marketing

2-1. 活かせる経験と知識がある

活かせる経験と知識というのは、Webに関することではありません。業種や職種を問わず、これまでの職歴(バイトも含む)が求められます。

Webマーケティングの仕事には、リサーチ力が必要となります。様々な業界を知っていたり、動向が分かるのであれば、Webマーケティングの仕事に活かせるのです。

2-2. スキルと資格

新卒や第二新卒という方には、バイトの職歴はあっても社会での経験が浅いため、採用されることは無理だと思われがちです。

しかし、職歴だけでなく、スキルと資格を武器に未経験からも採用されるチャンスはあります。

特に語学力が高いことはポイントになります。
Webマーケティングの仕事では、英語の表記で使用するツールなどが多くあります。

また、仕事は世界を相手にすることもあり、海外のクライアントとコミュニケーションが取れるのは、頼りになります。

そして、Webマーケティングの仕事に資格は必要ありませんが、「Webマーケティングに関する知識がある」として判断される資格があります。

・マーケティング・ビジネス実務検定
・ネットマーケティング検定
・Web解析士

資格にチャレンジするという部分でもアピールポイントになります。

2-3.本を読む

本を読む


未経験で知識のないまま仕事に就くチャンスはありますが、何も知らないことが怖いという
人は、webマーケティングの本を読んでみてください。

業界のこと以外に、仕事の内容や成果を出せるポイントについて、詳しく紹介されています。

また、本を読むことで面接に有利になったり、仕事を始めた時に先輩の話すことを理解しやすくなるというメリットがあります。

3. Webマーケティングに向いている人

Webマーケティングの仕事は、専門的で多くのことを求められます。
5つのポイントから、どんな人が向いているかが分かります。

スキルを活かして転職

3-1. データ分析

華やかな仕事に見えるWebマーケティングですが、実際には、地道な作業が多くあります。

例えば、戦略が上手くいっているのか、GoogleアナリティクスなどでWebサイトへの流入経路や離脱率、広告のクリック率などのデータを確認します。
これらを分析して、改善点や見つけ、さらなる戦略や対応を考えていきます。

また、こうした数値は時間をかけて分かることもあるので、じっくり向き合うことも必要となります。

コツコツと仕事ができたり、データ分析のような地道な作業が得意だという人は向いています。

marketing分析

3-2. アピール・交渉

Webマーケティングの仕事は、一日中パソコンの前でデータを見ているだけではありません。
顧客との打ち合わせにも立ち会います。

顧客の思いや考えを聞きながら、WebコンテンツやSNSの活用法などを提案していきます。

ここで大切なのが、顧客と交渉するということです。

Webコンテンツや広告の運用など、制作から運用、管理をしていくためにはお金がかかります。
簡単なことだと認識され、見積り金額を見てびっくりされるケースもあります。

より良いものにしたい、結果を出したいとなれば、顧客から予算を多く引き出すことが必要です。

Webコンテンツや広告を制作、運用の必要性をアピールしながら、予算について交渉できる能力があると、より向いています。

marketing会議

3-3. 市場・競合・自社

通常のマーケティングと同様に、市場調査・競合との差別化など、自社のコンテンツが流行やターゲットの動向に適しているのかは重要になります。

こちらについても、データ分析とも似ていますが、実際にユーザーの声を集めたり、市場や競合の動向も知りたいところです。

情報に敏感で収集力があること、さらに先が読めること、これらも得意としてあれば活かすことができます。
marketing

3-4. コミュニケーション

Webマーケティングの仕事は、依頼内容の規模が大きくなるほどに、一人では対応できなくなります。やりがいもあり、成果が出れば実績にもなります。

こうした仕事をするためには、Webデザイン、コーディング、ライティング、エンジニアなど、それぞれを専門とする人材を確保しておく必要があります。

働く環境や報酬なども大切ですが、やはり人間関係は良好でありたいと考えます。

どの業界よりも、リモートワークができる業種であることから、直接会うことは少なくともオンラインでの打ち合わせなど、コミュニケーションが取れる機会を多く作りましょう。

プロジェクトが成功すれば、例えオンライン上であっても仲間とともに喜び合うことができます。

作業は孤立していても、仲間と共に力を合わせて仕事をするというコミュニケーション能力は必要です。

WEBミーティング

3-5. 発信

SNSなどで発信をしている人もいるので、抵抗はありませんが、Webマーケティングでは、仕事で得た知識と経験を活用して、アフィリエイトなど副業をしている人が多くいます。

自身で発信することで、普段の仕事とは違った面から見ることもできますし、チャレンジすることもできます。

発信することで自信にもなりますから、プライベートではない、ビジネスでの発信を行っていみるのもいいです。

4. Webマーケティング業界への転職方法

Webマーケティング業界への転職は、未経験と同様に窓口は広く、チャンスがあります。

全く違う業種からでも、経験を買われて転職することができるので、興味がある方はチャレンジして欲しいところです。

仕事を探す手段としては、転職サイトやエージェントを使うなど、インターネットで探して応募することが近道です。
転職する時に、詳しく調べてほしいポイントがあるので、参考にしてください。

転職

4-1. 失敗しない企業選びのポイント

Webマーケティングの会社は、数多く存在します。
そんな中から、失敗しない企業を選ぶポイントは、運用できる規模が大きい会社です。

Webでの成功には、時間と労力はもちろんですが、費用がかかります。
予算を出すのは顧客ですが、それを引き出し、コンテンツや広告の運用ができる会社なのかがポイントです。

商品やサービスなどにもよりますが、一つの案件の予算として300万円以上で運用できることを目安としてください。

低予算でのWebマーケティングでは、規模が小さいというだけでなくゴール(商品購入など)に着地させることができないまま打ち切りということになりかねません。

将来的に、Webマーケティングの実績を積んで、キャリアアップや独立を考えているのなら、運用力のある会社を選んでください。

marketing

4-2. Webマーケティング業界への志望動機

転職や新卒でも気になるのは、志望動機の書き方です。自己アピールにもなる志望動機には、的を得た内容を書きたいところです。

ポイントとしては3つあります。

・過去の経験と結びつける
・Web情報に詳しいこと
・期待感を高める

転職の場合、これまでの職歴は大きな武器になります。
前職がマーケティングに関わっていたり、広告や広報の仕事であれば、会社側にもアピールになります。

全く違う業務でも、データや数字に強かったり、営業力で鍛えたコミュニケーション力は適した人材だと評価が高くなります。

business

4-3. 働き方のスタイル

Webマーケティングは、働き方のスタイルが選べる仕事です。
コロナ禍にあって、在宅やリモートワークが増えつつありますが、在宅でももちろんWebマーケティングは可能です。

さらには、地方に在住であっても、東京や大阪のWebマーケティング会社に就職することもできます。会社の規模にもよりますが、名古屋や福岡など地方の主要都市に支社を置いている会社も多いので、住まいで諦める必要はありません。

また、正社員としての雇用だけでなく、バイトや派遣でも需要があるので、生活に適したスタイルで仕事を探すことができます。

marketing会社の選び方

4-4. 転職エージェントを利用する

企業選びに不安がある人や、転職に失敗したくないという人には、「転職エージェント」の利用をオススメします。

転職エージェントとは、転職の求人を紹介してくれるだけでなく、書類や面接のサポートをしてくれるサービスを言います。

例えば、30代でWebマーケティングに転職を希望する場合、ここまでの実績や経験をきちんと評価されたいですし、失敗もしたくありませんよね

そう思う人こそ、転職エージェントという転職のプロの力を借りて転職先を見つければ、納得のいく転職をすることができます。

転職する

5. Webマーケティングの仕事のやりがい

どんな仕事でも、やりがいがあるとモチベーションも高くなり、良い結果をだすことができます。
Webマーケティングでは、仕事のやりがいが感じやすい仕事でもあります。

5-1. 結果分かりやすく成果が得られる

Webマーケティングの仕事は、戦略が上手くいくと数字に現れ、世の中から反響があるので、結果が分かりやすいです。
思い通りの成果が得られることで、顧客にも喜ばれるので、達成感もあります。

身につけたスキルや知識は、自分の財産でもあります。
知名度の高い企業やプロジェクトでは、社会貢献にも繋がるので、さらにモチベーションが高くなります。

marketin

5-2. キャリアパス

経験年数を重ね高いスキルを身に付け、結果を残すことでWebマーケッターとして、地位を確立することができます。

企業であれば、役職やプロジェクトの責任者として、現場とは違う立場でWebマーケティングに携わることができます。

また、将来的に独立を考えるのであれば、独立までのプランを考え目標を一つずつクリアしていくこともできます。

将来のビジョン

5-3. 仕事の厳しさ

Webマーケティングの仕事内容は、非常に幅広く地道に続ける業務が多くあります。
未経験や転職でもできる仕事ですが、仕事を始めてからの厳しさがあるのが正直なところです。

Webの世界は展開が早く、競合も多くいます。
そんな中で、焦ることなく結果を残し続けるのは難しくもあります。

厳しさがあるからこそ、結果が出た時の達成感が味わえるのです。

達成感

6. 人気のWebマーケッターになれるポイント

人気のWebマーケッターになり実績が評価されることで、仕事を依頼したい、力を貸して欲しいと、企業やユーザーから依頼が舞い込むようになります。

誰にでもなれるチャンスはありますが、そのために必要なスキルを身に付ける必要があります。

・コンテンツマーケティング
・SEO
・SNSの運用
・Web広告
・顧客管理

Webマーケッターは、Webマーケティングにおいて全体を統括する立場でもあり、戦略の責任者であります。
これらを網羅することで分業の担当者に的確な指示を出すことができます。

人間として信頼できることはもちろんですが、この繋がりがあることが人気Webマーケッターになる近道です。

point

7. Webマーケティング業界の最近の動向

Webマーケティングに関しては、多くの企業で専門の部署を立ち上げる取り組みが始まっています。
また、Webマーケティング関連の会社も最近では増加傾向にあります。

先進国の中で、日本はWebやITの分野では遅れていると言われます。
政府も力を入れている事業であるので、今後の発展が期待できる業界だといえます。

さらに競合が増えることで、互いに競うようになるため、Webマーケティングの戦略や手法についても質が高いものになります。
高いスキルを身に付けることができるので、キャリアパスできる業界です。

キャリアパス

7-1. Webマーケティングの将来性

発展が望める業界ですが、多少の不安はあります。
ターゲットの心に響くものを求められるWebマーケティングでは、人間が関わることは必須ではありますが、AIに任せることもできる仕事でもあります。

ITの技術の進歩は早いので、常に情報には敏感でいたいところです。

いくらAIが進化しても、Webマーケティングは人間の力も必要なスキルであると思いますので、積極的に学び、常に将来を見据えて取り組みたいですね。

point

8.まとめ

Webマーケティングを未経験から始めるためのポイントについてまとめてみました。

仕事内容は、地道で幅広く専門性の高いものですが、誰にでもチャンスがある仕事ですからチャレンジしやすいですね。

これまで別の業種や職種に就いていた方でも、Webマーケティング業界に興味があり、重要性を感じることができたら転職するのも良いでしょう。

仕事で結果を残したいという人は、一度チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

無料プレゼント!

Youtubeマニュアル

 

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル

【無料プレゼント!】WEBの知識やスキルゼロでもLINE公式アカウントを使い集客する方法!

LINEマニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事