企業がテレワーク・リモートワークを行う8つのメリット

こんばんは!FunTre株式会社代表の谷田部です。
「すごく簡単なことを変えるだけで人生に差がつく時間の使い方」を毎週公開しています。

感染症対策のために世の中では多くの企業がテレワーク、リモートワークを取り入れていっていると思います。

私たちの会社では、2015年ぐらいからもうテレワークを積極的に取り入れてきました。

本社においてはコロナウイルスが拡大する2年ほど前にはもうすでに7割ぐらいがテレワークになっていて、拡大が始まった後はすぐに完全にテレワークとなりました。
今本社にはほとんど人は来ていません。

今回は長年テレワークを行ってきた私達の会社だからこそ分かる、テレワーク、リモートワークの8つのメリットについてお話していきたいと思います。

1. 優秀な人材を雇える

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリットの1つ目「優秀な人材を雇える」ということです。

テレワーク、リモートワークを行うことによって、「会社には行けないんだけど」もしくは「会社がある場所からすごく遠く離れたところに住んでいるんだけど、働きたいです!」っていう優秀な人材を採用することができます。

私の会社の社員は70人ぐらいですので、いわゆる中小企業って言われている規模です。

大企業のようにたくさんの入社希望があるわけではない、そういった会社が多いと思います。
一方で中小企業でもやっぱり一人一人の人材に割り当てられる責任ってけっこう重いので、やはり「人材は選りすぐりの優秀な人を選びたい」という気持ちも強いです。まぁ当然ですけど。

私たちの会社ではテレワーク、リモートワークを推進することによって、とっても優秀な方々が会社に応募してくれるようになりました。

その結果、今優秀な人たちが働いてくれていると思ってます。
どうしても家で働かなくてはいけない方とか、地方に住んでいて自分の能力を発揮しきれていない方とか、そういった優秀な方々だけど「テレワーク、リモートワークじゃないと働けない」という方々が働いてくれています。

ですので、こういう優秀な人材を雇うという意味でも、会社がテレワーク、リモートワークをするっていうのはすごい大きなメリットがあるかなと思います。

2. 移動時間がない

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット8つのメリットの2つ目「移動時間がない」ということです。

これ当たり前なんですけど、テレワーク、リモートワークって移動時間がありません。
家でそのまま仕事をする人もいると思いますし、家の近くのコワーキングスペースで働くっていう人もいると思います。

基本的にはこれまで移動時間にかけていた時間をそのまま仕事の時間とすることができるので、やっぱり仕事の効率上がりますし、社員にとっても私生活が豊かになっていく、充実していくっていうことがあると思います。

これはお互いにとってとっても大きなメリットかなと思います。

3. 仕事に集中できる

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは8つのメリットの3つ目「仕事に集中できる」ということです。

私の会社では、テレワーク、リモートワークのほうが集中して仕事ができる、という声が上がりました。

確かに、会社に来てオフィスにいて、常に隣に同僚とか上司とか部下がいる中でコミュニケーションしながらやっていくとこれはね、良いことももちろんあるんですよ。

いいことはもちろんあるんだけど、話しかけられたりして、仕事を中断させざるを得ない状況にあるって事も起きますよね。

その点テレワークで自分、1人で話しかけれない状態で黙々と仕事だけする、ということができるので、そういう意味では集中力とか効率が増すことも大いにあると思います。

とくに私たちの会社では、デザイナーやエンジニア、ライターなどいわゆる、クリエイティブを作る技術職の社員とっては「オフィスより圧倒的にテレワークの方が仕事が出来る」っていう意見が多かったです。

会社創業のときからこういった職種の人はテレワークをしている人が多いですね。

4. オフィスは最低限で済む

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリットの4つ目「オフィスの規模は最低限で済む」ということです。

私は六本木ヒルズにオフィスがある企業に勤めていました。
とても大きなビルの一面のフロアで仕事をするってのがちょっと誇らしかったですね。

ただ、そのオフィスにはとてつもないお金がかかっているわけです。
そのぶんの固定費を節約して事業投資とか社員への給料に還元した方がいいのかなって最近は思います。

今、私の会社では従業員数の割には小さいオフィスを借りています。
今はほとんど私しか会社には来ないようになっているので光熱費も少ないです。

もちろん社長としてはオフィスにみんなが集まって、一緒に仕事をしてワイワイ盛り上がるという、そういったことも楽しかったなと思うんですけど、小さな最低限のオフィスで固定費を減らした形で、安定した経営ができるというのもテレワーク、リモートワークの1つのメリットかなと思っています。

5. 繋がりが強くなる

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット8つのメリットの5つ目「繋がりが強くなる」ということです。

一見、テレワークとかリモートワークをしていると社員同士が直接会わないので、社員同士の繋がりが弱くなってしまうんじゃないか?っていう印象があると思います。

私もそういった印象がありました。
だけど、逆に社内の繋がりが強くなるっていうケースもあるなって最近は感じています。

オフィスがあるとオフィスで会わない人とは逆にほとんどコミュニケーションってなくなってしまいます。
そういった人との繋がりってどうしてもオフィスがあったとしても弱くなってしまいます。

だけど、そもそもオフィスがなければ社員同士のコミュニケーションってチャットとかオンラインのミーティングがメインになります。

なのでリアルなオフィスだとあんまり話しかけにくかったっていう人とか、勤務地が遠い人同士でも割と気軽にチャットでコミュニケーションが取りやすいので、まんべんなく、いろんな人が一緒に仕事できるっていう体制が取れます。

またやっぱりちょっとした15分30分くらいの本当に短い簡潔なミーティングを開くことができます。
ミーティングのメンバーの時間もオンラインで繋げるだけなので、合わせやすいです。

忘年会や会社のイベントも工夫しながらやると、普段はそういうイベントには参加できませんっていう人も、短い時間だったらっていう風に参加してくれることもあります。

そういう意味では新しい文化に慣れてくれば意外とテレワーク、リモートワークでも社員同士の繋がりを強くすることができるなと思っています。

逆にオフィスにいるときよりも強くなったっていう側面もあると思うので、これはメリットかなと思います。

6. 実力で評価される

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは8つのメリットの6つ目「実力で評価される」ということです。

テレワーク、リモートワークでの社員の評価って難しいです。

これは、いろいろな方法があると思いますし、これからもどんどん方法が増えてくると思うんですけど、やはり、オフィスで仕事をしているときよりもテレワーク、リモートワークのほうが結果にフォーカスしやすくなりました。

結果で判断とは

・どのような結果を出してきたか?
・どのような制作物を作ってきたか?
・どのようなスピードでやったか?

ということが、けっこう明確に比較できるようになります。

そうすると必然的にそういった結果の部分で評価していくっていうことが多くなるかなと思います。
実力で評価されるっていうメリットはあるなと思います。

もちろんこれに付随するデメリットもあると思うので、すべてが良いってわけではないと思います。

ただ自分の能力、実力をそのまま忖度なしで評価してもらえるって、そういうのが好きな人は絶対メリットが大きいと思います。

7. 働き方が自由になる

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは8つのメリットの7つ目「働き方が自由になる」ということです。

これはなんといっても働き方が自由というのは大きなメリットだなぁと思います。

例えば、実家の親がちょっと調子が悪くなったので、すぐに帰って家族の面倒を見ながら仕事をする。
今日は家族と旅行に来ていて旅行先から自分だけミーティングに参加しています、っていう人もいます。

テレワーク、リモートワークで働き方が自由になるのは間違いないです。

もちろん、セキュリティ面とか様々なハードルが存在することは確かなんですけど、働き方が自由になればより楽しく社員は仕事をしてくれるようになりますし、優秀な人材を雇うっていうことにも繋がることができると思います。

これは企業にとっては大きなメリットかと思います。

8. 家族と過ごす時間が増える

企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット

それでは8つのメリットの最後の8つ目「家族と過ごす時間が増える」ということです。

これは実は大きなメリットだと思います。実際に移動時間が片道1、2時間かかりますっていう社員は、どうしても朝早く出て夜遅く帰宅することになっちゃうんですね。

そうすると子供の保育園のお迎えなんて絶対に自分じゃ行けないっていうパパもいると思います。

ただし、テレワークになってからは家で家族と過ごす時間がかなり増えて、子供の送り迎え自分でやってますっていう人もいます。

仕事を一生懸命やって家に帰れないって人でも、何のために仕事をしてるのかって聞かれたときに、家族のために仕事頑張ってるんですっていう人がほとんどだと思います。

ただこれ悲しいことに、仕事を頑張れば頑張るほど家族と過ごす時間が減っていってしまうというのは残念ですよね。

だけどテレワーク、リモートワークって、家族との時間を増やしながら仕事も120%頑張れるっていう、大きなメリットも出来ると思います。

これは本当にいいなと思っています。

9. 今後もテレワークの流れは加速していく!

いかがでしたでしょうか?今回は企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリットについてご紹介させていただきました。

もちろんテレワーク、リモートワークにはデメリットも存在します。
たくさん越えて行かなくちゃいけないハードルがあると思います、

その点については、また他の記事でも触れていければなと思っています。

ただやっぱりデメリットはあるにしても、本日、お伝えしたような有り余るメリットがあるので、やっぱり今後もこのテレワーク、リモートワークの流れっていうのは加速していくかなと私は思っています。

それでは今日もおさらいしていきたいと思います

「企業がテレワーク、リモートワークを行うべき8つのメリット」

1.優秀な人材を雇える
2.移動時間がない
3.仕事に集中できる
4.オフィスは最低限で済む
5.繋がりが強くなる
6.実力で評価される
7.働き方が自由になる
8.家族と過ごす時間が増える

ぜひ参考にしてみてください。
それでは今日はこの辺で失礼します!

動画でもご覧いただけます。

こちらの記事も人気です!

30代で勉強すべき6つの知識

インスタグラム 最新ビジネス活用 ガイドブック無料プレゼント!

インスタグラムマニュアル


【ファンを10000人つくる】YouTube2021年度版徹底攻略マニュアル無料プレゼント!

youtube2021年度版徹底攻略マニュアル

 

 

【無料プレゼント!】WEBの知識やスキルゼロでもLINE公式アカウントを使い集客する方法!

LINEマニュアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事